【憧れの海外生活に嫌気?】日常生活に積み重なるストレス!【長期滞在者が語る】

オーストラリア生活録

一見、華やかに見える海外生活ですが、その中にも苦労すること、ストレスを感じることはたくさんあります。

短期滞在であれば日本に帰るまで我慢をすれば解決する問題もありますが、長期滞在者や永住者にとってはそうはいきません。

海外にいるうちはずっと付き合って行かないといけない問題かも。

今回は海外生活を8年間してきた経験から長期滞在者の目線で感じる「海外生活においてのストレス」をご紹介します。

海外生活に嫌気が⁉日常生活に積み重なるストレスはどんな時?【長期滞在者が語る】

手軽に食べたい!日本食が恋しくなったとき!

現地の食事が自分の舌に合わないととてもストレスになります。
アジア料理なら適応できますが、西洋料理は慣れません。ハンバーガーばっかり食べていたりします。
あとフィッシュ&チップスとか。

現地で生活をしていると日本人は現地の食材と日本の調味料を使って料理をします。海外でもほとんどの日本の調味料やインスタント食品は手に入ります。

基本的には問題はないのですが、それでも仕事をしていたら料理を作るって結構大変ですよね。

便利さを知っているからいけないのですが、スーパーのお惣菜やコンビニ弁当の素晴らしさを身に染みて感じます。手軽に日本食が手に入る日本。

東南アジア諸国であれば物価は安いのですが、英語圏やヨーロッパ諸国はたいていが日本より物価が高いです。

まず海外は魚の値段が高いです。刺身の文化は日本特有なので鮮度も落ちます。

現地の日本料理屋さんも値段が高いです。ラーメン屋さんも1500円ほどの値段設定でクオリティの低いこともしばしば。

「この値段出してこのクオリティなら自分で作る!」ということになって日本料理屋さんへの外食も減っていきます。

言語問題!英語を使ってコミュニケーションを取ることに疲れたとき!

英語って難しいです。いつまでたっても勉強が必要。

ある程度勉強すれば話すことはできますが、ストレスなく話せるようになるのは英語が大好きな人かバイリンガルクラスでなければ厳しいと思います。

英語は話すだけでものすごく集中力を使います。内容によっては数時間、話をしたらぐったりすることも。

表現の難しさ・文化の違い・自分の語彙力不足などの理由で言いたいことが伝わらないときもしばしば。

笑うポイントがわからないことも多いです。みんな笑っているのにわからない疎外感。

ネイティブの会話は難しい!標準語とは違った表現も!

ほかにもネイティブ同士の会話が聞き取れないこともよくあります。スピードが速いとか単語が難しい、もしくは崩れているなどの理由で。
英語にも訛りがあるので確実にすべてを理解するようになるのは相当な努力は必要です。

関西弁だけでも単語の違いはたくさんあります。なんとなく我々は理解できていますが、それを勉強したことはないですよね?

数年滞在しただけではストレスなく話せるようにはなりません。さらなるレベルアップが必要です。

でもある程度、話せるようになると「仕事で必要!」などの絶対的に追い込まれるような状況がない限り、 それ以上は求めなくなるので英語力は伸びないです。

限られた日本人コミュニティ!友人がみんな帰国してしまったとき!

長いこと海外生活いると気のおける友人はほとんどが日本人になってきます。
はじめの頃は語学学校などで同じ英語レベルの海外の友人がいたかもしれませんが、数年経つと皆、母国へ帰国していきます。

ある程度、英語スキルを持つと無理に海外の友人を作ろうともしなくなります。日本人同士の方がなんやかんやで話が合いますし共通の話題も多い。

ですが海外に長期滞在している日本人は極端に少なく、ビザの関係で帰国するため短期滞在であることが多いです。そしてその入れ替わりは激しい。

せっかくできた気のおける友人も早い時は数ヶ月で帰国します。
そうなるとまた友人作りする、そしてまたいなくなるの繰り返し。

といってもそうそうに気のおける友人にも出会えないことも多いです。

友人と遊んでストレスを発散できなくなりだんだんと孤独感に苛まれます。

これが40代以上のコミュニティになるとほとんどが永住者であることが多く、現地で正社員で働いていたり旦那さんが現地の人だったりします。

その中に混じれる方ならそれもいいですが、年齢差があると難しいかもしれませんね。

どこにいてもストレスは感じる!気持ち次第で海外生活は楽しめる!

今回は長期滞在者の視点で感じるストレスをご紹介しました。
もちろんこのほかにもストレスを感じることはあります。

「外国人差別を受けた時」
「依頼した仕事が遅い時(日本ほどしっかり仕事をしない)」
「ビザの問題」などなど

どこにいてもストレスはありますが、人間には適応能力があるので海外の不便さにも慣れてきます。

友人がいなくても生きていきますし日本食を食べなくても生きていける。
極論ですが、その状況にいれば大抵のことはなんとかなるものです。

日本にいても似たようなストレスはあるので同じことだと思います。

すべては気持ちとやる気次第!楽しんで生きようとする気持ち次第です。

頑張れば英語は理解できますし、食事は作ればいい。
仲のいい友人や恋人がいるだけで生活は楽しくなります。

嫌なら一時帰国もできますしね。ストレスは溜め込まずにうまく発散して楽しい海外生活にしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました