yochiを支援する 初めに読みたい12記事

ブリスベンシティから近い!おススメのキャンプ場を紹介!大自然が満喫できる場所!

オーストラリア生活録

オーストラリア第三の都市ブリスベンはクイーンズランド州に属しています。

上はケアンズ、下はゴールドコースト、その間にもいくつか名所の島があり、暖かい気候、豊かな自然がそろったこの地域はキャンプも盛んに行われています。

今回は、この近辺で出来るキャンプ場の紹介とキャンプ場の調べ方をご紹介します。

リアルなキャンプをしたい方におすすめ

おすすめするのはTyamolum Scout Campsite(タイアモラム・スカウト・キャンプサイト)   31 Bunya St, Mount Crosby QLD 4306

ブリスベンから西に40分、インドロピリーから20分ほどで到着します。

宿泊費は1人10ドルで電話で事前連絡が必要です。

この場所、州政府によって管理されている敷地だそうで、一般にも安く解放しているみたい。

到着したら管理人さんが10分ほどで来てくれて詳細を教えてくれます。

ここはほとんど整備されていないいわゆるブッシュ(日本語で言う雑木林)にあるスペースをキャンプ場としているようです。

基本的にクイーンズランド州はたき火を禁止しています。けど管理人さんはなんとなくやっていいような事を言っていました。看板には禁止とありますが、大きい火は危険だから禁止みたいな書き方。

まぁ厳しく禁止はしていなく小さい火で各自注意してください。というニュアンスで良いと思います。そこかしこにたき火の跡はありました。

飲み水やホットシャワー、トイレが供給されているので最低限で生活出来ます。結構レベルの高いキャンプになりそう。

シャワーは二人で使うと出が悪くなるので一人ずつ行くといいでしょう。

コンセントもあるので一応充電は出来ます。でも携帯などの最小限になるでしょう。この電源ポートから延長ケーブルをのばして、テントで長期滞在している強者もいました。

ここは子供達の学校の授業の一環で作られた州管理のキャンプ場のようでした。

管理人はいますが、常駐していないため、何か緊急のトラブルあったらトリプルゼロ 000 (emergency telephone numberオーストラリアの救急の番号)に連絡をしてください。とのことです。

我々が借りた場所

三人で借りましたが、屋根付きのテーブルがあるところを貸してくれました。

飲み水も近くて、火をおこすところも隣で非常に便利。

ブッシュウォークも出来る

翌日に時間があったので周辺散策をしました。結構一般の人も散歩がてらにこの辺を自由に出入りしています。近隣住宅は数件しかないので車で来ているのでしょう。

奥には小川がありますが、川の流れはほとんどありません。

キャンプ場として奥にも飲み水が供給されており、火起こしの跡がありました。

意外な穴場

ブリスベンには長いこと滞在していましたが、この場所は初めて知りました。

こんなに近いなら休みがあったらくれば良かったです。キャンプ場をお探しの方は是非!

夜には奥の方で蛍が出るとかでないとか。

ちなみにキャンプ場を探すアプリとしてwikicampsというのがあります。

オーストラリア版で有料ですが結構便利ですので参考までに紹介します。

コメント