yochiを支援する 初めに読みたい12記事

オーストラリア、ブリスベンを自転車で走る!!

オーストラリアの自転車事情

オーストラリアではロードバイク、クロスバイクがとても人気があります。

 

多くの方は車のいない朝に走っていることが多く、何人かの団体で走っているのも見られます。

自転車専用の道路もあるので、結構なスピードでガンガン進んでいきます。

ブリスベンからゴールドコーストへと走る大会が10月に行われるそうです。100kmくらい走るのかな。→サイト

ママチャリのような自転車はあまり流通していません。一応、ありますが日本のものよりがっちりした感じのもの。かご付きってのもあんまりないんですよね。なぜなんだろう。

ブリスベンシティには貸し出しの自転車があり、今では昔より浸透してきました。登録をすれば安く手軽に借りれるみたい。→Brisbane city cycle hire

貸し出しポイントがいくつかあり、違うポイントへ乗り捨てることが出来るのがいいですよね。

ですがこれも数年前まではシステムが結構めんどくさくてなかなか自分も使うことができませんでした。

自転車ルール

自転車に乗る際は、必ずヘルメット着用。
 
自転車前後に反射板とライトをつけなければいけない。
 
一応車両扱いですので、自動車レーンを走れます。歩道も走れますが歩行者が優先。
あまりにスピードが出せない場合は、自分も歩道を使います。
 
ざっくりと書きましたが『クイーンズランド 自転車 ルール』で検索すると細かく解説してくれているかたがいるので参照してみてください。
 

ガムツリーでクロスバイクを購入

私の持ってる自転車はおそらくクロスバイクに当たると思います。
当時全然分かっていなかった。。。
 
これは3年ほど前にガムツリー(一般人向けの売買サイト)で$30で購入し、タイヤの空気がすぐ抜けるのであまり使っていませんでした。いつか修理しようと思っていて三年経ちました。。。
 
しかも当時、安いのを買うために毎日自転車を検索していました。これの持ち主は全然使っていなかったみたい。受け渡しも本人不在で、家にいた別の人が変わりにお金を受け取るって言う。。。適当な感じ。
 
しかし、車を持っていたので、近い場所でも車を使っていました。。
 
そんなわけでようやく掘り起こしたこの自転車。
時間ができたので使ってみようと言うことに。
 
タイヤの空気は抜けていたのでパンク修理キットを買って、説明書を見ながら開けてみました。が、特に目立って空気が抜けているところはありませんでした。
 
ですので空気を満タンにしてシティに出発!!
 
オーストラリアはアップダウンがとても激しいです!
ギア付きですが結構しんどい!!
 
でも気持ちいい!!風を切っている感じがたまらない!!
 
車道を走るので怖い!!きょろきょろしながらスピードもそこそこ出して。。。みなさん自信がない人は歩道でもいいんですよ!!
 
シティで使うと便利。いつもは歩きまくっていましたが、あっという間に目的地到着。時間短縮出来ますね!!
 
シティから家まで往復15キロ位。坂道含め、結構大変でした。
 
一日使って戻ってみてもタイヤは正常でした。
 
チューブが古いせいで徐々に空気が抜けるっていうのはあるみたい。
 
でもまだ使えるみたいだからそのまま行こうと思います。
 
ガソリンスタンドでも空気が入れられるので便利。
もちろん自転車屋さんでも空気入れを貸してくれます。
 
ガムツリーは結構便利ですよ。粘り強く見ていると掘り出し物ってのはたまにあります。ちょっと壊れているくらいなら自分でも直せるのでジャンク品を試すのもあり。(You tubeとかに最近はやり方を丁寧に説明してくれています。)

コメント