\Gotoキャンペーンの利用方法とは?【楽天トラベル】/

【留学生必見!】ブリスベンのオススメ図書館一覧!

オーストラリア旅行記

オーストラリアの図書館は勉強スペースやパソコン電源があり、本を借りる目的以外にも多くの人が利用しています。   小さなお子さんのための遊び場も図書館の中にあり、赤ちゃんとママさんのためのbaby classが実施されている場所もあります。

中には家庭教師のような個別指導を図書館でしていたりと用途はさまざま。なので日本のように図書館がとても静かというわけではないですが、留学生にとっては学校が終わった後の勉強場所として「図書館」はとても便利です。

語学学校生や大学生、ブリスベンで勉強をしている方々へ、今回は快適に勉強ができるオススメ図書館をご紹介します。

✅GoToトラベルキャンペーンでお得に国内旅行!


国内旅行は最大35%OFFになるGoToトラベルキャンペーンを有効に活用しましょう!

対象となる旅行の条件は、GoToトラベル事業の支援対象の旅行であることです。日帰り旅行でも、条件付きのセットプランで適用されるのでチェックしてみてください!!!

▼Go To Travelキャンペーンを利用できる主な旅行会社は以下です。

ブリスベンのオススメ図書館【シティ周辺】

基本的には図書館にはWifiが無料で使えて電源ポートもあるのでパソコン作業がしやすいです。

大きい図書館になると勉強スペース、デスクの数は多いですが、小さい町の小さな図書館は椅子がデスクの数も5~8席程度です。ショッピングモールに入っている図書館はたいてい大きく、設備が整っているので自分はよく利用していました。

クイーンズランド州立図書館

ブリスベンシティではダントツにこの「クイーンズランド州立図書館」がオススメです。席数豊富で電源も各所に配置されています。

空間も広々としていて、他人も気になりません。少しシティから川を挟んで1㎞ほど離れているのが難点かもしれません。

図書館1階は寝ている人や明らかに勉強目的でない人が多いので、二階三階を利用しましょう。 平日は夜8時まで(金曜除く)、土日も空いているので勉強に集中したい人にはオススメ。

シティで暮らす方はシェアハウス生活だと思うので、ここで遅くまで勉強してから家に帰ってシェアメイトと交流すると英語の勉強効率は良さそうです。

ブリスベン・スクエア図書館

ブリスベンシティの中心地にある立地は最高の大きな図書館。カジノの目の前にあるとても行きやすい場所にあります。

品揃え豊富で日本の小説、雑誌、最新の新聞も読むことが出来ます。いつも混みあっている図書館で机は取り合いのことが多いです。空席待ちをしているなら、隣のState library に行った方が時短になるかもしれません。

毎週水曜には図書館前の広場でファーマーズマーケットや不定期でフリマも開催されています。

関連図書



kindle unlimitedを活用して旅行ガイドブックを無料で購読!

kindle unlimitedは、「るるぶ」や「まっぷる」などの旅行ガイドブックが月額980円で一部読み放題です。ガイドブックを1冊買うよりも断然お得!

最初の30日間は無料でお試しできるので、旅行中だけ契約して旅行後に解約しても問題ありません。電子書籍はお持ちのスマホやタブレットで購読できます。

✔ガイドブックを買うより安い
✔30日以内の解約なら一切お金はかからない
✔いつでもキャンセル可能
✔旅行先に書籍を持ち運ぶ必要がない
✔読み放題対象書籍は200万冊以上

詳細は➡kindle unlimited公式サイト

\30日以内の解約ですべて無料!/

✔初回30日間無料
✔漫画・雑誌・ビジネス書など200万冊以上

【ブリスベン近郊】ショッピンセンター併設の図書館

ガーデン・シティ図書館

ガーデン・シティ図書館 (Garden city library)はショッピングモール内に併設されており、グリフィス大学が近いので学生も多いエリア。ブリスベン第二の中華街である「サニーバンク(Sunnybank)」も近いのでアジア系の移民もこの近辺で暮らしています。

デスクの数も多く、フードコートもあるので長時間の勉強に最適。シティからはバスが頻繁に運行しており、交通の便は良いです。

サニーバンクヒルズ図書館

サニーバンクヒルズ図書館もサニーバンクが近いのでアジア人が多く集まるエリアです。

ショッピングモール内の図書館は勉強スペースが広く取られているので、さほど混雑しておらずほとんどの場合に席を確保できます。

カリンデール図書館

カリンデール図書館 Carindale Library は設備は充実しており席数も多め。

シティから少し離れているのと渋滞が発生しやすいことからこの辺には学生は多くないかも。比較的ファミリーが住むエリアです。

その途中のGreenslopes, Coorparoo あたりには学生も多くシティにも行きやすいです。

トゥウォング図書館とインドロピリー図書館

インドロピリー図書館(Indooroopilly library)とトゥウォング図書館 (Toowong library)はシティ西側に位置し、電車でも行ける非常に交通の便のいいエリア。

オーストラリアでも有数のクイーンズランド大学がこの近辺にあるので学生が多く、ほかの地域と比べて人気があり、家賃も少し高めです。

どちらもショッピングモールの中にありますが、Toowong図書館は小さいです。快適に勉強するならIndooroopilly図書館の方がおススメです。

近くにはブリスベンの観光名所「マウントクーサ」という山があり、ブリスベンの夜景がきれいに見れる場所で有名です。

チャームサイド図書館

チャームサイド図書館 Chermside library は北側で唯一大きめのショッピングモール内にあります。

近年、新しく生まれ変わり設備の良いきれいな図書館になりました。

【ブリスベン周辺】小さ目のローカル図書館

  • ホーランド・パーク図書館 Holland Park library
  • フェアフィールド図書館 Fairfield library
  • クーパース・プレインズ図書館 Coopers plains library

この3か所はこれまでの図書館よりは小さめ。席数もそれほど多くありません。クーパース・プレインズ図書館以外はシティにも近いです。

ホーランドパークとクーパース・プレインズ図書館はテラス席があり、天気のいい日は気持ちよく勉強出来ます

その他、アナリー図書館とストーンズコーナー図書館も印をつけましたが、ここはさらに小さいです。席数も5席くらい。シティから南側は全体的に図書館が豊富です。

【オーストラリア】留学には図書館をうまく利用しよう

オーストラリアに英語留学をした際に図書館はとてもありがたい存在です。

  • 海外の雰囲気を味わいながら勉強ができる。
  • すべて無料で一日中滞在可能。席もしっかりしている。
  • Wifiが使い放題
  • 場所によっては土日も利用可能
  • 曜日によって19時ごろまで空いている。

などなど利点を挙げればこのように。そして図書館では多くの人とコミュニケーションをとる機会も生まれるので自分が留学中は積極的に外に出て勉強するようにしていました。

お金もかからないので学生さんにとっては強い味方です。お家を選ぶ際にもこのような点を踏まえて探してみるのもいいと思います。参考に使っていただければ幸いです。

【オーストラリア留学】関連記事