\Gotoキャンペーンの利用方法とは?【楽天トラベル】/

【房総半島】おすすめドライブコース!必ず行きたい人気観光スポット紹介

日本旅行記

千葉県南部に位置する房総半島は太平洋と東京湾に面した半島です。

豊かな自然環境が魅力で海の幸や山の幸など新鮮な食材も豊富。「鋸山」や「野島崎灯台」、「養老渓谷」、「鴨川シーワールド」など見どころも多いです。

関東近郊からでも「東京湾アクアライン」を利用すれば1~2時間ほどで来ることができ、日帰り旅行も楽しめます。

今回は、その房総半島を巡るおすすめのドライブコースと必ず行きたい観光スポットを内房方面と外房方面に分けてご紹介します。

✅GoToトラベルキャンペーンでお得に国内旅行!


国内旅行は最大35%OFFになるGoToトラベルキャンペーンを有効に活用しましょう!

対象となる旅行の条件は、GoToトラベル事業の支援対象の旅行であることです。日帰り旅行でも、条件付きのセットプランで適用されるのでチェックしてみてください!!!

▼Go To Travelキャンペーンを利用できる主な旅行会社は以下です。

房総半島を巡るおすすめのドライブコース

房総半島を巡るおすすめのドライブコースは、富津市の南側、館山自動車道の終点付近からスタートします。

神奈川方面からは、東京湾アクアラインや三浦半島からの金谷フェリーが利用できます。

房総半島を巡るおすすめのドライブコースは下記です。

✅ 房総半島を巡るおすすめのドライブコース

走行距離は150㎞ほどで、およそ四時間ほどの道のりです。

見どころがとても多いので、2日に分けての観光をお勧めします。

房総半島のドライブでは、館山や千倉付近で宿泊すると良いでしょう。

▼南房総の旅館・ホテル検索はこちらから

では、ここからは、房総半島のドライブでオススメしたい観光スポットを、内房側と外房側に分けて解説していきます。

【関連記事】房総半島のオススメの旅館・ホテル

南房総|海水浴場・別荘地・マリンリゾート
✔ 南房総のオススメ温泉旅館・ホテル

鴨川|鴨川温泉郷で知られるリゾート地
✔ 鴨川のオススメ温泉旅館・ホテル

勝浦|千葉県第2位の漁獲量の勝浦漁港と勝浦朝市
✔ 勝浦のオススメ温泉旅館・ホテル

✅GoToトラベルキャンペーン適用のお得な旅行会社

楽天トラベル|最大2種類のクーポンと併用可能でさらにお得!!
楽天トラベルのGoToトラベル対象商品をチェック!

HIS|日本最大手の旅行会社!
▶HISのGoToトラベル対象商品をチェック!

エアトリ|航空券・レンタカー・ホテルをまとめて予約!
▶エアトリのGoToトラベル対象商品をチェック!

【房総半島おすすめドライブコース】内房方面

房総半島の内房方面でお勧めしたい観光スポットとドライブコースは下記です。

✅ 房総半島内房方面の観光スポット

  • 【古墳時代の横穴墓】数馬区岩谷観音堂やぐら群
  • 【ツーリングで人気!】燈籠坂大師の切通しトンネル
  • 【地獄のぞきと巨大な大仏】鋸山 / 日本寺
  • 【かつての小学校を改装】道の駅「保田小学校」
  • 【最優秀賞の道の駅】とみうら 枇杷倶楽部
  • 【崖観音で有名】大福寺
  • 【房総半島を一望】潮音台展望台 / 那古寺
  • 【謎の多い】赤山地下壕跡
  • 【AKB48がMV撮影】洲埼灯台

✅ 房総半島内房方面のドライブコース

距離にして60㎞、およそ2時間の道のりです。

房総半島でも見どころの多いエリアなので、じっくりと時間をかけて楽しみたいですね。

では、房総半島内房方面のそれぞれの観光スポットを解説していきます。

【房総半島・内房】数馬区岩谷観音堂やぐら群

「岩谷観音堂やぐら群」は、古墳時代の横穴墓を再利用して奈良時代の高僧、行基が一夜にして作ったという言い伝えが残る、重層的に作られたやぐら群です。

岩山に幾つもの石洞が彫られ、その洞壁に数多くの仏像が浮き彫りにされています。

全部で14の洞窟で構成され、普段は第2窟〜第6窟まで見学できます。

数馬区岩谷観音堂
所在地: 〒299-1606 千葉県富津市数馬
見学自由
詳細➡公式資料

【房総半島・内房】燈籠坂大師の切通しトンネル

高さ約10メートル、長さ100メートルもある「燈籠坂大師の切通しトンネル」は、東善寺への飛地境内地で、燈籠坂大師堂へと続く参道となっています。

手掘りの切り通しトンネルは城山の尾根の関係で上り下りが急であったため、明治から大正と思われる頃に掘られたとされています。

その後、昭和初期に地元住民により、鋸山の石切の技法を用いて切下げ工事を行い、現在の形になったそう。

最近ではドライブツーリングで人気の写真スポットで、このトンネルの前に車やバイクを並べて撮影しています。

【燈籠坂大師の切通しトンネル】
所在地: 〒299-1622 千葉県富津市 萩生8−2
見学自由

【房総半島・内房】地獄のぞきと巨大な大仏「鋸山 / 日本寺」

鋸山は江戸時代からの石材採掘場。正式名称は乾坤山(けんこんざん)です。山は凝灰岩から成り、良質石材の産地として、盛んに採石が行われました。

鋸山山頂には広さ約33万平方メートルに及ぶ日本寺の境内が広がります。日本寺大仏や千五百羅漢、百尺観音など見どころは多いです。

また、展望台「地獄のぞき」からの絶景も素晴らしいです。所要時間3時間ほどのハイキングを楽しみましょう。

【鋸山ロープウェイ営業時間】
9:00 ~ 17:00(冬季は16:00まで)

【鋸山ロープウェイ料金】
大人(12才以上):片道500円 / 往復950円
小児(6才以上): 片道250円 / 往復450円
公式HP▶ http://www.mt-nokogiri.co.jp/pc/p010000.php

【日本寺拝観時間】
午前8:00 ~ 午後17:00
※17:00を過ぎると山道は暗くなります。
【拝観料】
大人:700円 / 小人:400円
公式HP▶ http://www.nihonji.jp/keidai/

【房総半島・内房】かつての小学校を改装「道の駅・保田小学校」

創立126年の歴史を持ち、2014年3月一杯で廃校になった旧・保田小学校を利用して造られた道の駅。

地元直売所やレストラン、ギャラリーなどのほかに教室を使った宿泊施設も整備された珍しい道の駅です。

房州アジフライ定食や千葉産のピーナッツを使ったクリームサンドが人気です。

【道の駅 保田小学校 営業時間】
毎日:9:00~18:00
公式HP▶ https://hotasho.jp/

【房総半島・内房】最優秀賞の道の駅「とみうら 枇杷倶楽部」

駅が開設された当時、富浦町はビワの生産が日本一であったことから命名された道の駅とみうら枇杷倶楽部。

1993年に開業し、2000年には全国道の駅グランプリで最優秀賞を受賞。2002年度には年間60万人の利用者を集める観光人気スポットになりました。

枇杷カレーや枇杷ソフトクリームなど富浦名産のびわを使ったスイーツや商品が数多く販売されています。

【道の駅とみうら枇杷倶楽部 営業時間】
9:15~18:00
公式HP▶ http://www.biwakurabu.jp/

【房総半島・内房】崖観音で有名「大福寺」

大福寺は真言宗智山派の寺院。境内の切り立った山の中腹にある崖観音が有名で、磨崖仏として十一面観世音菩薩が刻まれています。

館山湾を一望できる絶景スポットととして観光客に人気があります。

【大福寺拝観時間】
8:00~17:00 年中無休
公式HP▶ http://www.gakekannon.jp/

【房総半島を一望】潮音台展望台 / 那古寺

房総半島や天気が良ければ富士山が眺望できる展望スポット。登山道を進むのでそれなりの準備が必要です。717年創建の那古寺と合わせて訪れましょう。

【那古寺拝観時間】
8:00~17:00 年中無休
公式HP▶ https://www.nagoji.com/
所在地:〒294-0055 千葉県館山市那古671

【房総半島・内房】謎多き戦争遺跡「赤山地下壕跡」

赤山地下壕は、合計した長さが約1.6kmと、全国的にみても大きな壕で、館山市を代表する戦争遺跡のひとつです。

建設時期ははっきりとしていませんが、そのつくりから見て、終戦がさし迫った1944(昭和19)年より後に建設されたのではないかと考えられています。

【赤山地下壕跡入壕料】
一般200円・小中高校生100円

【開壕時間】
午前9時30分~午後4時(受付は3時30まで)
<休壕日>
毎月第三火曜日
公式HP▶ 赤山地下壕跡の見学

【房総半島・内房】AKB48がMV撮影「洲埼灯台」

洲埼灯台は、房総半島南部で最も西の場所にある灯台で国の登録有形文化財です。三浦半島最南端の東端にある剱埼灯台と共に東京湾へ出入りする船舶の目印で結んだ線が東京湾の境界となります。

AKB48のMVが撮影されたことでも有名な灯台です。

【洲埼灯台】
見学自由
所在地: 〒294-0316 千葉県館山市洲崎1043

▼南房総エリアの最安値旅館・ホテル検索はこちらから

【房総半島おすすめドライブコース】外房方面

続いて、房総半島の外房方面でお勧めしたい観光スポットとドライブコースは下記です。

✅ 房総半島外房方面の観光スポット

  • 【無料でサンドボード】砂山(館山砂丘)
  • 【横たわる世界最大の涅槃仏】常楽山 萬徳寺
  • 【千葉県最南端】野島埼灯台
  • 【大きな生け簀と海鮮丼】道の駅「ちくら潮風王国」
  • 【千葉の人気水族館】鴨川シーワールド
  • 【SNSで話題】濃溝の滝
  • 【千葉観光定番スポット】養老渓谷 / 粟又の滝

✅ 房総半島外房方面のドライブコース

房総半島の外房方面では、最南端の「野島埼灯台」を目指し、鴨川や勝浦へ向かう海沿いのドライブを楽しみましょう。

房総半島の内陸にある「養老渓谷」や「大山千枚田」も有名です。

ちなみに、ドラマ「ビーチボーイズ」の舞台になったのも南房総です。千倉にある民宿ダイヤモンドヘッドを模したカフェやドラマロケ地、ゆかりの地巡りもオススメスポットです。

宿泊は、外房の鴨川や勝浦もオススメです。東京方面からでも気軽に行けるリゾート地で、太平洋のオーシャンビューが望めるホテルが立ち並んでいます。

▼鴨川・勝浦の最安値旅館・ホテル検索はこちらから

では、房総半島外房方面のそれぞれの観光スポットを解説していきます。

無料でサンドボード「砂山(館山砂丘)」

館山砂丘は浜から吹き上げられた砂が山の斜面に堆積してできた砂山です。そりやサンドボードが楽しめる観光スポット。管理はされていないので自由に利用できます。道具は持参しましょう。

横たわる世界最大の涅槃仏「常楽山 萬徳寺」

常楽山萬徳寺の巨大な釈迦涅槃(ねはん)仏は発願から22年の歳月を経て昭和57年(1982年)に建立したもの。

お釈迦さまの最期の姿を表したもので青銅の涅槃仏としては世界最大です。

【拝観時間】
9:00~17:00 (冬季は16:00まで)
【拝観料】
大人 500円 / 高校・大学・専門生 400円
小・中学生 100円 / 65歳以上 400円

公式HP▶ http://tateyamacity.com/archives/2729

【房総半島・外房】千葉県最南端「野島埼灯台」

野島埼灯台は房総半島の最南端の岬に立つ、八角形の美しい洋式灯台です。日本の灯台50選に選定され、国の登録有形文化財に登録されています。

【参観時間】
3月~9月
土日等 8:30~17:00
平 日 9:00~16:30

8/10~8/19
8:30~16:30

10月~2月
土日等 8:30~16:00
平 日 9:00~16:00

【灯台内部参観寄付金】
大人(中学生以上) 300円

公式HP▶ https://www.tokokai.org/tourlight/tourlight04/

【房総半島・外房】大きな生け簀と海鮮丼「道の駅・ちくら潮風王国」

ちくら潮風王国は房総のバスツアーなどでよく利用される人気の道の駅。見どころは館内の大きな生け簀と新鮮な海鮮丼が楽しめるレストラン。カフェやお土産なども充実しています。

【営業時間】
平日10:00〜16:00、土日祝9:00〜17:00
公式HP▶ https://shiokaze-oukoku.jp/

【房総半島・外房】千葉の人気水族館「鴨川シーワールド」

鴨川シーワールドは、シャチやベルーガ、イルカ、アシカのパフォーマンスや800種11,000点の川や海の動物たちに出会える水族館です。

半日から1日滞在して楽しみたい千葉を代表する観光スポットです。

【 1DAYチケット 】
大人(高校生以上):3,000円
小人(小学生・中学生):1,800円
幼児(4歳以上):1,200円
60歳以上:2,400円

【SNSで話題】濃溝の滝

濃溝の滝(のうみぞのたき) は、350年ほど前に水田耕作のために造られた亀岩の洞窟からの光が「ハート型」に見えることからSNSで注目を集め、一躍有名になりました。

この現象は春と秋の早朝に見られる貴重な光景です。通常は清水渓流広場の1周約800mの木道から季節ごとの風景が楽しめます。 見学自由。

【千葉観光定番スポット】養老渓谷 / 粟又の滝

養老渓谷は養老川の浸食によって形成された渓谷で整備された2kmの遊歩道や房総一を誇る名瀑布である粟又の滝が見どころ。紅葉の名所としても有名です。

【養老渓谷】
見学自由
所在地:〒298-0200 千葉県夷隅郡大多喜町

✅参考図書

行き当たりばったりは不安だけど、ガイドブックを買うほどかな~と思ったりしますよね。でも事前に時間を掛けて読んでおくと、楽しさ2倍旅行仲間から尊敬されること間違いなしです。

「るるぶ」や「まっぷる」などが無料で読める方法があるので下記記事をご覧ください。

【関係記事】kindle unlimitedでお得に旅行ガイドブックを購読!

【房総半島おすすめドライブコース】観光に必要な日数は?

ここまでは、房総半島をめぐるオススメのドライブコースについて解説してきました。

房総半島は、見どころがとても多く、また、ビーチリゾートととしてものんびり楽しめる場所です。

関東近郊からでも2時間ほどで訪れることが出来るので、1泊2日もしくは、2泊3日でのんびりと滞在することをお勧めします。

1泊目を南房総で、2泊目を鴨川・勝浦で過ごしても良いですね。

また、さらに北上して九十九里や銚子を訪れて、千葉県一周にも挑戦してみても楽しいです。

今回は以上です。房総半島の観光の参考になれば幸いです。

【関連記事】房総半島のオススメの旅館・ホテル

南房総|海水浴場・別荘地・マリンリゾート
✔ 南房総のオススメ温泉旅館・ホテル

鴨川|鴨川温泉郷で知られるリゾート地
✔ 鴨川のオススメ温泉旅館・ホテル

勝浦|千葉県第2位の漁獲量の勝浦漁港と勝浦朝市
✔ 勝浦のオススメ温泉旅館・ホテル

✅国内でレンタカーを借りるなら

楽天トラベルレンタカー|国内最大の宿泊施設の提携数
※宿泊施設とレンタカーの組み合わせでかなりお得に借りられます。

じゃらんレンタカー|エリア限定の割引クーポンあり
※大手会社のレンタカーを大幅な割引率で利用できます。

エアトリレンタカー|国内約350社のレンタカー会社を一括検索
※航空券+宿泊料金+レンタカーをまとめて予約できます。

【関連記事】関東近郊のドライブコース