\Gotoキャンペーンの利用方法とは?【楽天トラベル】/

英語の独学に最適なオススメの学習本は?初心者や社会人など目的別に解説!

英語勉強法

英語学習本を買うために本屋さんへ行ってみたものの種類が多すぎてどれを選んでよいのかわからないですよね。自分も数多くの参考書を読んできましたが、本の内容によって時間を無駄にしてしまう可能性があるように思います。

そこで今回は海外で8年間生活してきた経験から初心者や社会人など目的別に英語の独学に最適なオススメの学習本についてご紹介します。

英語の独学に最適なオススメの学習本は?初心者や社会人など目的別に解説!

本屋さんには数多くの英語学習本が発売されていますが、やはり基礎・バイブルとなるべき本は昔から変わらないように思います。

映画界では時代が変わっても黒澤明の「七人の侍」がバイブル的作品であるのと同様に、英語学習本でも新しく発売された「これを読めば完璧~!」とか「これ1冊で~!」とかキャッチーなタイトルの新刊よりも何年も前に出版され、改訂に改訂を重ねた英語学習本を選ぶべきです。

料金が少々お高めな本も多いですが、中途半端な本をいくつも買うより最終的に安くおさまるはず。ではここから目的別にオススメしたい独学に最適な英語学習本を紹介していきます▼

【英語を独学で学ぶ】初心者向け学習本「中学生英語」

中学生英語は英語学習の基礎に当たる部分なので独学で学ぶにはしっかり理解しておきたいですね。

旺文社の「中学総合的研究」はこれだけで中学三年分の英語の基礎が理解できる一冊。辞書のように分厚いこの本に基礎文法が簡潔にまとまっているので、躓いた中学生英語の疑問はほぼ解決するはずです。

文字間隔に余裕があり、色使いも適度で見やすい。分詞構文や仮定法など高校レベルの初歩まで掲載されています。口コミ評価も非常に高い参考書です。

「マーフィーのケンブリッジ英文法(初級編)」は、世界的ベストセラー Grammar in UseシリーズBasicの日本語版です。このシリーズは海外の英語の先生が文法のバイブル書として使用するほどネイティブスピーカーから認められている英語学習本です。

初級編はTOEICでいう500点以下を対象としており、見開き1ページごとに文法ポイントの解説と練習問題が収録されています。

先ほどのマーフィーのケンブリッジ英文法初級編の英語版です。英語で読むために少し難易度が上がりますが、英語で英語を理解するには適した一冊です。

【独学でレベルアップ!】TOEIC500点以上の中~上級者向け英語学習本

「英語を一通り勉強はしたけどもう忘れてしまった」とか、これから海外留学を控えている方向けの英語学習本です。

「総合英語Forest」は高校の英語授業で使用した学校も多いと思います。この一冊で高校・中級クラスの英語文法を理解できる優秀な英語学習本です。

高校生の当時は理解できてませんでしたが、さまざまな参考書を経て、やはりこの本が素晴らしかったことに気づきました。教科書に選ばれる本は厳しい審査を通過しているのでさすがです。

もし捨てていなかったら買う必要もないですよね。知人で使わない方から譲ってもらっても良いと思います。

こちらも先ほど紹介した「マーフィーのケンブリッジ英文法」の中級編(英語版)です。この本は先生方のバイブルであることはもちろん、海外留学生で利用している方が圧倒的に多かった英語学習本です。

海外留学の基礎英語、TOEIC、IELTSを目指す方には特にオススメしたい一冊です。自分が海外にいたときにこの本を購入して独学で勉強しました。

すべて英文で解説されていますが、中級クラスの英語力があれば理解できます。そして見開き1ページごとに文法ポイントの解説と練習問題があるので実践的に学習できます。

先ほどの中級編に日本語版です。中級クラスになると英語を英語で学習した方が理解が深まるので英語版の購入をオススメします。

続いてこちらは「マーフィーのケンブリッジ英文法」の上級編です。いまだかつて留学生でこの本を使って勉強している方を見たことはないですが、ネイティブも利用する文法書なのでこの内容を理解できれば英語レベルテストで高得点を取れることは間違いないでしょう。

【社会人の独学にも最適】英会話を習得に向けた英語学習本

社会人がビジネスシーンで活用できる英語を学ぶのに最適な英語学習本が「英会話フレーズ」です。実用的な英文に触れることで文章の構成の仕方や単語を入れ替えて応用が効くようになります。

「英語の日常フレーズ6000」は収録語数が多いわりに安価で購入できる一冊です。基礎的な単語で構成され、音声CD付き。好きなページへ飛ばし読みしてお気に入りフレーズを探しましょう。

「ネイティブ英会話フレーズ集3400」は14万部突破のフレーズ集のバージョンアップ版。生活、仕事、旅行など場面別にあらゆるシーンで使える基本のフレーズを収録しています。音声ダウンロード付き。

日本人のごくありふれた会話が盛り込まれた実用的な英会話フレーズ集です。

単語・語彙力向上に向けた英語学習本

単語はTOEIC、IELTS、英会話など目的に応じてそのジャンルを分析した単語集を選びましょう。

どのジャンルにも適応するオススメの単語集は高校受験でおなじみの「ターゲット」です。中学高校で覚える頻出単語が学べるほか、見開きページの見やすさと例文によって記憶に定着させる工夫が施されています。

隙間時間にも勉強しやすい一冊です。

英文の中で単語を学習できる『速読英単語』シリーズの「入門編」です。読みやすい英文を難易度順に掲載しているので段階的にレベルアップすることが可能です。

基礎的な単語を復習できるので英単語を思い出す練習にオススメの一冊です。

読みながら熟語・構文を覚える『速読英単語』の熟語版です。文章・文脈の中で覚えるのが効率的であり、同意・反意表現も多数掲載されていることから、熟語・構文を関連付けて覚えられるように工夫が施されています。

大学入試用の実用書ですが、重要な熟語・構文が覚えられるオススメの英語学習本です。

【独学にはマンガ本も有効】英語版の漫画で日常会話を習得

日本の漫画本は英語の勉強に非常に効果的な教材の一つです。楽しく読み進められることから参考書を開くより長続きしそうですよね。漫画のセリフから日常的な会話パターンを理解でき、単語や文法も併せて学習できます。

少年系の漫画はセリフがシンプルであり、バトル・スポーツ系になると描画が増えて読みやすいです。一方、ファンタジー系の作品は非日常的な会話が多いので避けたほうが良いかもしれません。

オススメは世界的に人気なドラゴンボールやスラムダンクなどが比較的購入しやすいです。ですが、それよりも自分が読みたい漫画を優先して選びましょう。

購入しやすい英語版の漫画はこちらの記事にまとめています。

【独学に最適な英語学習本】まとめ

ここまでお勧めの英語学習本を紹介してきました。最初に述べましたが、やはり中途半端な英語教材を買うよりはコンテンツが整った歴史ある教科書の購入をオススメします。特にマーフィーはネイティブスピーカーや現地の英語の先生もお勧めしていた信頼のおける英語学習本です。

英語教材選びの参考にしてみてください。

【関連記事】英語学習本