>>世界の絶景写真集(Instagram)はこちら【随時更新中】<<

【オススメ!】ゴールドコーストの海に近いリゾート風のバックパッカーズホステル

オーストラリア生活録

オーストラリアのゴールドコーストは一年で暖かい期間が長く、リゾート地としても知られています。
その中心地はサーファーズパラダイスと呼ばれる繁華街です。
そこに飲食店が並び、多くの観光客が集まります。

短期旅行でゴーストコーストに来られる方々で安宿を利用される方も多いと思います。
今回は失敗しない安宿選びのために、ゴーストコーストで自分が泊まった宿をご紹介します。

【オススメ!】ゴールドコーストの海に近いリゾート風のバックパッカーズホステル

今回は『サーファーズパラダイス バックパッカーズリゾート』という宿に泊まりました。
サーファーズパラダイスからは少し離れていますが、歩いて行ける距離にあります。

予約サイトの評価も良かったので泊まってみました。

受け付けにいたオーナーさんは気さくないい人です。
予約せずに直接行きましたが、空室があったので宿泊できました。

ホステルへの行き方

サーファーズパラダイスの繁華街までは20分ほどの道のりです。
駐車場は4台ほど利用できます。

宿泊料金

ほかのバッパーより少し高い$26でした。
8人のドミトリーに泊まります。

8人部屋ドミトリー

入ってみるとなんやらアジア人が多く、マレーシア人4人、日本人2人、とドイツ人が1人泊まっていました。アジア人多いと同族意識が働いて安心します。

ベッドは結構綺麗でした。部屋も清潔です。

ちょっとした流し場もありました。歯磨き用にみんな使っていました。

充電ポートがこの流しの近くに二カ所。
逆側の壁に一カ所しかなかったのでみんなでシェアして使いました。

部屋の中にシャワーとトイレが付いていますが、混み合っていれば下の階にもシャワーとトイレがあるので便利です。

キッチン、共有スペース

冷蔵庫は小さいですが、キッチンは広めでした。

ほかのバッパーより人数が少ないからかすっきりした印象で小綺麗なイメージ。
三日ほど滞在しましたが、みんなあまりご飯を作っていない感じがしました。外食かな?

食器はデポジットを払って貸し出してくれます。キッチンは朝7時から夜9時まで。
キッチンの隣に小さなバーがありますが、あまり活発に動いていない様子。

ど真ん中にはバスケット、バレーのコート、BBQの施設があり、キッチン側にテーブルが並んでいます。

ボールは受付に言えば貸してくれます。

Wifiはキッチン付近でのみ使えます。ですので外のテーブルでみんな使っていました。

その他、シアタールーム、小さなプールもあります。

お腹いっぱい食べれる朝食

感動したのは朝食です。

トースト、シリアル、牛乳がキッチンにおいてあって、ほとんど食べ放題でした。

自分はトースト4枚にシリアルをいただきました。朝からしっかり食べられてありがたい!

清潔で落ち着いている宿

繁華街から離れているせいかパーティーピーポーが集まる宿ではないようです。
みんな静かでした。家族で来ている人もいて、そういう方達にも適しているかと思いました。

サーファーズから少し離れていますが、ここからカジノやブロードビーチ、バーリーヘッズなどのアクセスも良いので利用する価値はあると思います。

海自体は近いですし、外の共有スペースは気持ちいいのでちょっとしたリゾート感を味わえるかもしれません。

一番良かったのが無料で洗濯機が使えました!
洗剤は有料でしたが、非常にありがたいサービス。
干す場所も広くて、たまった汚れ物が清算出来ました。

ゴーストコースト観光される際の宿選びの参考にしてみてください。

Twitter, Instagramにて海外情報や絶景写真、ブログ更新情報を投稿しています。

当ブログを気に入っていただけた方はSNSフォローしていただけると嬉しいです(*^^)v
Twitter(@yochiyochi401) Instagram(yochi.orange

世界40ヶ国を旅して8年間海外生活をしていました。
主にオーストラリアに7年生活し、ドイツで半年仕事したり、その他ヨーロッパ・アメリカ・ニュージーランドを旅人したり。
自分が海外や日本で体験してきたこれまでの経験や情報、体験談をシェアしていくブログ。
海外生活8年間の記録を綴っています。

お気軽にSNSフォローをお願いします!【お役立ち情報や更新情報をお届け!】
オーストラリア生活録
お役に立ったらシェアをお願いします
お気軽にSNSフォローをお願いします!【お役立ち情報や更新情報をお届け!】
オレンジ日誌

コメント