>>世界の絶景写真集(Instagram)はこちら【随時更新中】<<

今治城へのアクセスと入場料・観光の見どころ紹介!【所要時間と駐車場は?】

日本旅行記

今治市は人口が松山市に次ぐ愛媛県第2位の都市。四国地方では各県庁所在地に次ぐ第5位の規模です。

古くから瀬戸内海の海上交通の要所として重要な町でした。

平安時代以前は伊予国国府が置かれ、江戸時代は今治藩今治城の城下町として発展していきます。

愛媛県・四国地方を代表する工業都市のひとつでもあり、特に造船や今治タオルが有名です。

西瀬戸自動車道(しまなみ海道)によって広島県尾道市と結ばれています。

本土との交通はフェリーも利用されています。

今回は藤堂高虎によって築城された今治城を観光してきたのでその歴史と入場券、所要時間を含めてご紹介します。

今治城へのアクセスと入場料・観光の見どころ紹介!【所要時間と駐車場は?】

藤堂高虎は築城!今治城の歴史は国府城から!

唐子山山頂にあった国府城が今治の支配拠点でしたが、より能率的な都市経営を目指すため、1602年に藤堂高虎によって築城開始されました。

2年後の1604年に完成します。

海上交通の要所今治らしく、海から三重の堀へ直接船で入ることができるなど海を最大限に活用したお城で日本三大水城の一つに数えられています。

1609年に藤堂高虎が伊勢国津城に移封となり、同時に天守は丹波国亀山城に移築されたといわれています。

高虎から高吉→久松松平氏へ移り変わり、城は明治に解体へ

高虎自身は移封されましたが今治領2万石は飛び地として残り養子の高吉が居城

635年に高吉は伊賀国名張に移り、代わって伊勢国長島城より松平(久松)定房が入城
以後、明治維新まで今治藩・久松松平氏の居城となりました。

江戸260年間保たれた広大な城郭は、1869年に廃城され、ほとんどの建築物が破却されました。

明治時代に城の建物は解体されましたが、城中心部の石垣と内堀はほぼ完全に残っており、愛媛県史跡に指定されました。

愛媛・今治城へのアクセスと駐車場

今治駅から「せとうちバス」に乗り「今治営業所行き」で約7分「今治城前」下車しましょう。

歩いていくと25分程度です。

松山城からの行き方

松山城からは車で1時間程度の距離にあります。

このほかに電車でも行くことができます。

駐車場は今治城追手門側に設けられています。
1台1時間ごとに100円です。自転車は無料。

こちらの今治城公式HPにて詳細を確認してください。

無料観光案内を希望される方はこの駐車場に係りの方がいるのでお願いしてみましょう。

今治城の入場料と所要時間

開館時間:午前9時~午後5時
観覧料一般:520円 学生:260円

所要時間は天守閣に入らず城内だけであれば30分かからないと思います。

天守閣の展示をじっくり見ると1時間くらいはかかります。同じ入場券で「櫓」とその中の展示物を見ることができます。

それを含めると1時間半くらいです。

さくっと見たい方は1時間ほどを見積もっておけば充分です。

今治城・藤堂高虎の築城技術が素晴らしい!見どころを解説!

日本三大水城の一つ!三重の水堀で瀬戸内海の監視役!

ほかのお城に比べ、四角形を基本とする単純な造りの今治城。

瀬戸内海に面した内堀、中堀、外堀から成る三重の水堀で囲まれており、 直接船で入ることができる海を最大限に活用した城です。

高松城、中津城とともに日本三大水城の一つとして数えられています。

海上交通の要所の今治であるため、瀬戸内海を監視する役割があったといわれています。

内堀がすごい!驚異の高さ!

内堀は幅が50m-70mもあり、弓矢の射程距離外に設計され、石垣の高さは9-13mと驚異的な高さです。

石垣の周りの細長い平地は「犬走り」と呼ばれ地盤を強化しています。

枡形虎口と鉄御門で強固な守り!

石垣や土塁で囲まれた枡形の出入り口を枡形虎口と呼び、今治城で初めて造られて各地の城に普及していきました。

内側と外側に門を設け、周囲を長屋状の櫓で囲むことで堅固な守りを施しています。

外側の門として高麗門があり、内側の扉に鉄御門があり今治城の正門にあたります。

鉄御門は扉や柱に鉄板が貼られ、格式高いお城にしかない特別な城門です。

今治城の石垣の大理石

石垣のところどころに見られる白くつやのある石は大理石です。

城を造る際に海岸にある石を使ったことによるもの。

【写真スポット】藤堂高虎像と今治城

この景観はガイドブックなどでよく使われています。

夕方は逆光でした。午前中に訪れた方がきれいな写真が撮れそうです。

【今治城】現在は‘‘史実に基づかない‘‘? 模擬天守

今治城の再建天守は、当初の建築の実在についてはっきりと書かれた資料が少ないため、史実に基づかない模擬天守です。

藤堂高虎によってつくられた天守は亀山城に移築されたと伝えられ、亀山城天守の古写真や平面図が残されています。

これをもとに今治城天守の再建したとされています。

ですが、実際には亀山城天守が層塔型の構造で最上重の唐破風と入母屋破風のみであるのに対し、今治城再建天守は望楼型の構造で大入母屋破風を基部としており、張り出しや出窓など亀山城にはない意匠が施されています。

また、天守の位置も本丸の中央付近と推定されていますが、本丸塁線上の二重櫓(北隅櫓)跡に建てられています。

天守の入場料・最上階からの眺め

場内は撮影禁止。最上階のみ撮影可能。天守閣内では歴史的な展示物を見ることができます。

百名城スタンプは入り口で押すことが出来ます。

最上階からしまなみ海道の来島海峡大橋が見え、瀬戸内海を眺望することができます

瀬戸内海に浮かぶ大三島も見えます。今治城は天守閣の外に出られる非常に珍しいお城です。

この方向に二の丸御殿があったとされています。

現在は神社へと変わっていますがこの方面に本丸があったとされており、天守は真ん中に建てられていたといわれています。

今治城のおススメ写真スポット

天守閣も素晴らしいですが、天守閣の逆側にも立ち寄って見てください。(地図左上)

ここは山里櫓の外、堀沿いから撮った写真です。夕方の西日に照らされて天守がきれいでした。

堀の水に映った逆さの天守を交えた写真も美しいです。

パンフレットにその写真が載っていました。

瀬戸内海しまなみ海道が熱い!

瀬戸内海の南北をつなぐ「しまなみ海道」は村上海賊が日本遺産に認定されたことから注目が集まっています。

サイクリングの聖地としても有名です。

四国第5の都市今治としまなみ海道の観光ルートとして今治城もぜひ訪れてみてください。

四国の百名城をレンタカーで巡りました。3日間で行くモデルルートをまとめました。

Twitter, Instagramにて海外情報や絶景写真、ブログ更新情報を投稿しています。

当ブログを気に入っていただけた方はSNSフォローしていただけると嬉しいです(*^^)v
Twitter(@yochiyochi401) Instagram(yochi.orange

世界40ヶ国を旅して8年間海外生活をしていました。
主にオーストラリアに7年生活し、ドイツで半年仕事したり、その他ヨーロッパ・アメリカ・ニュージーランドを旅人したり。
自分が海外や日本で体験してきたこれまでの経験や情報、体験談をシェアしていくブログ。
海外生活8年間の記録を綴っています。

お気軽にSNSフォローをお願いします!【お役立ち情報や更新情報をお届け!】
日本旅行記
お役に立ったらシェアをお願いします
お気軽にSNSフォローをお願いします!【お役立ち情報や更新情報をお届け!】
オレンジ日誌

コメント