【Gotoトラベル】航空券・新幹線+ホテルが最安値の予約サイト解説

【紀伊半島観光】一周ドライブモデルコースとオススメスポット

日本旅行

紀伊半島は、本州中央部から南側の太平洋に突き出る、日本最大の半島です。

半島の範囲に明確な境界線は存在しませんが、主に中央構造線以南の三重県・奈良県・和歌山県の3県が紀伊半島と呼ばれています。

奈良や京都に住む人々は、古代より紀の川(吉野川)から南の紀伊山地全体を、神々がこもり、仏が宿る聖域と考えてきました。

紀伊半島の見どころは、紀伊山地の三つの霊場です。日本人の精神的・文化的な発展と交流に極めて重要な役割を果たしてきました。

現在は、「紀伊山地の霊場と参詣道」に含まれる霊場と参詣道が、一つの世界遺産となっており、数多くの国宝や重要文化財が残されています。

今回は、そんな紀伊半島をドライブで一周するモデルコースについて解説していきます。

GoToトラベルキャンペーンでお得に国内旅行!

国内旅行は最大50%OFFになるGoToトラベルキャンペーンを有効に活用しましょう!

✅キャンペーンを利用できる主な旅行会社
楽天トラベル
JTB
HIS
Yahoo!トラベル
じゃらん

エアトリ
日本旅行

詳しくは、「各旅行予約サイトの特徴とサイトごとのメリット」でも解説しています。

【紀伊半島観光】一周ドライブモデルコース

和nagomiわかやま 南紀熊野ジオパーク「大地からの贈り物・紀伊半島という奇跡」

先ほど述べたように紀伊半島の範囲に明確な境界線は存在しませんが、和歌山市から伊勢神宮を通り、紀伊山地の三つの霊場を巡って一周するドライブコースが紀伊半島の見どころを網羅できます。

では、紀伊半島を一周するドライブモデルコースを解説していきます。

紀伊半島を一周するドライブモデルコースは下記です。

✅紀伊半島を一周するドライブモデルコース

紀伊半島を一周するドライブコースは、およそ600㎞、12時間の道のりです。

上記モデルコースでは伊勢神宮からスタートし、時計回りに「熊野古道」「白浜温泉」と通り、和歌山市内、高野山、吉野山を巡っていきます。

観光の見どころは、世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」です。特に、紀伊山地の三つの霊場は押さえておきたいですね。

そのほか、大阪・京都・奈良を含めた紀伊半島一周ドライブコースは下記のようになります。

✅大阪・京都・奈良を含めた紀伊半島一周ドライブコース

大阪・京都・奈良を含めた紀伊半島一周ドライブコースは、高速道路を活用しているので、先ほどのドライブコースと移動時間があまり変わっていないと思います。

見どころがあまりに多いので、長期でのドライブ旅行が可能な方におすすめです。

また、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」を巡りたい方は、和歌山から高野山・吉野山へ向かい奈良へ北上するドライブコースが良いでしょう。

では、ここからは紀伊半島一周ドライブコースで巡りたい観光スポットについて詳しく解説していきます。

ダイナミックパッケージがお得な予約サイトは?

ダイナミックパッケージ(航空券・新幹線+ホテル)なら移動費も「GoToトラベルキャンペーン」の割引が適用されます。

取り扱いのある下記サイトからお得に予約しましょう。

ダイナミックパッケージがお得に予約できるサイト

LCC・格安航空券+ホテル」が予約できるサイト▶エアトリ
➡飛行機は格安航空券が圧倒的に安い

航空券+ホテル+レンタカー」が予約できるサイト▶HIS
まとめてGo to割引が適用されるのはHISだけです!

「新幹線+ホテル」が最安値のサイト▶「日本旅行
➡「新幹線込み1泊2日10,000円以内」の旅行が楽しめます!

\「新幹線+ホテル」で1人10,000円以内の旅行も楽しめます!/

紀伊半島一周ドライブで巡りたい観光スポット

紀伊半島の一周ドライブでは、長時間の移動が強いられますが、ところどころに点在する観光スポットを巡りながら充実した旅行を楽しみましょう。

また、紀伊半島一周の道中には高速道路がほとんどありません。2か所の「紀勢自動車道」があるのみで、その区間は無料で利用することができるので活用してください。

では、紀伊半島一周ドライブで巡りたい観光スポットを解説していきます。

紀伊半島一周ドライブで巡りたい観光スポットは下記です。

✅紀伊半島一周ドライブで巡りたい観光スポット

  • 【三重】伊勢神宮
  • 【和歌山】熊野三山
  • 【和歌山】白浜温泉
  • 【和歌山】市内観光
  • 【和歌山】高野山
  • 【奈良】吉野山・金峯山寺

紀伊半島一周ドライブで巡りたい主な観光スポットは、伊勢神宮や世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の霊場と参詣道です。

紀伊半島沿いに点在する神社仏閣を巡りながらドライブをし、各地の歴史ある温泉地で疲れを癒しましょう。

では、伊半島一周ドライブで巡りたい観光スポットについて簡単に解説していきます。

【三重】伊勢神宮

【伊勢神宮】神宮を感じる FEEL JINGU「伊勢 ダイジェスト」4K ISE-JINGU

伊勢神宮は、皇大神宮「内宮」と、豊受大神宮「外宮」を中心とした125社のお宮とお社の総称のことで、正式には「神宮」といいます。

日本全国にたくさんある神社の中で、古来より特別な神社として敬われてきた神社です。

約2000年前、天照大御神の鎮座地を探して各地を巡っていた倭姫命が、天照大御神のお告げにより五十鈴川のほとりに内宮を建てたのが伊勢神宮の起源といわれています。

伊勢神宮は皇室の氏神である天照坐皇大御神を祀るため、歴史的に皇室・朝廷の権威との結びつきが強く、現代でも内閣総理大臣及び農林水産大臣が年始に参拝することが慣例となっています。

所要時間は、外宮はせんぐう館の見学を除けば30分~50分程度、内宮は80分程度です。そのほか、外宮参道やおはらい町・おかげ横丁の散策や別宮参拝も含めると半日~1日必要です。

【和歌山】熊野三山

歴史ある熊野三山

熊野三山は、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社の3つの神社の総称です。日本全国に約3千社ある熊野神社の総本社で、2004年7月に、ユネスコの世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産として登録されました。

熊野三山は、それぞれ20~40kmの距離を隔てて位置しており、「熊野古道・中辺路」によって、お互いに結ばれています。

熊野の地名が最初に現れるのは『日本書紀』の神代記です。古代から神秘な霊地で、修験道の修行の地とされていました。

霊場であると同時に紀伊山地を挟んだ吉野とともに皇室の祖先神話ゆかりの地でもあったことから、熊野三山の信仰が高まり、皇室や貴族をはじめ、武士や庶民階級にまで熊野詣が流行、その様子は蟻の熊野詣といわれるほどでした。

紀伊半島一周ドライブでは、熊野三山の観光に1日費やしましょう。宿泊は紀伊勝浦の温泉がオススメです。

✅紀伊勝浦のホテルの料金確認・予約する!

【和歌山】白浜温泉

和歌山県南紀白浜プロモーション動画 Wakayama prefecture Nanki Shirahama promotional video

白浜温泉は、かつては熱海温泉、別府温泉と並んで「日本三大温泉」と言われ名湯です。

日本三古湯のひとつにも数えられ、白良浜を中心に海岸沿いに温泉施設、宿泊施設が広がるリゾート地となっています。

観光の見どころは、マグロの解体ショーが毎日開催される西日本最大級の海鮮市場「とれとれ市場」や約620mに渡って真っ白な砂浜が続く「白良浜」、打ち寄せる荒波に浸食されてできた「千畳敷」などがあり、温泉と共にのんびりと1日滞在が楽しめます。

海と温泉の南国リゾートで癒しの時間を過ごしましょう。

【和歌山】市内観光

すごす。くらす。和歌山市。(30秒版)

和歌山市内の観光スポットは、和歌山のシンボルである「和歌山城」や由緒ある「日前神宮・國懸神宮」、明治時代から第二次世界大戦時まで、旧日本軍の要塞施設となっていた「友ヶ島」があります。

和歌山市に宿泊して半日から1日観光を楽しみましょう。

和歌山県の観光スポットについては、和歌山観光2泊3日ドライブモデルコースで詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。

和歌山市内の宿泊施設は下記サイトをご覧ください。

✅和歌山市内のホテルの料金確認・予約する!

【和歌山】高野山

生きている天空の聖地 高野山

「高野山」は、和歌山県の紀伊山地の一部で、およそ1,200年前に弘法大師「空海」が高野山を切り開いて、日本に広めた真言密教発祥の地です。

明治以前は高野山全体を総本山金剛峯寺といい、「一山境内地」とされていました。山内は「奥之院」と「壇上伽藍」を二大聖地とし、今も人々の信仰を集めています。

高野山の観光所要時間の目安は3時間、ゆっくり観光して5時間ほどです。

半日以上の観光時間が必要なので、旅行の計画によっては高野山周辺での宿泊を検討した方が良いですね。

高野山での宿泊を検討されている方は、「宿坊」をお勧めします。

高野山では、52もの寺院が「宿坊」として宿泊客を受け入れており、寺院によっては「修行体験」をすることができます。

高野山の「宿坊」については下記サイトから検索できます。

✅高野山のホテルの料金確認・予約する!

【奈良】吉野山・金峯山寺

大峯奥駈道 金峯山寺

吉野山は、吉野川(紀の川)南岸から大峰山脈へと南北に続く約8キロメートルに及ぶ尾根続きの山稜の総称で、大峰山を経て熊野三山へ続く山岳霊場・修行道大峯奥駈道の北端にあたります。

吉野・大峯は古代から山岳信仰の聖地であり、平安時代以降は霊場として多くの参詣人を集めてきました。

その吉野山に位置する金峯山寺(きんぷせんじ)は、金峯山修験本宗(修験道)の本山です。7世紀に活動した伝説的な山林修行者・役小角が開創したと伝えられています。

本尊は3体の蔵王権現。いずれも高さ7mの巨像で、国内最大級の厨子に納められた秘仏です。

吉野山は参拝だけなら1時間ほど。公園散策を含めると2~3時間必要です。

奈良県の観光スポットについては、奈良観光ドライブモデルコースで詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。

【紀伊半島観光】一周ドライブモデルコースまとめ

今回は、紀伊半島を一周するドライブモデルコースについて解説してきました。

紀伊半島の観光には各観光地で1日づつ滞在し、1週間ほどの旅行日程を組むことをお勧めします。最短でも4泊5日あると良いですね。

紀伊半島にある観光地はパワースポットばかりですので、時間をかけてじっくりと観光しましょう。

紀伊半島ドライブの参考になれば幸いです。

レンタカーもGotoトラベルでお得に予約!

日本旅行」で予約をすれば「レンタカーと宿泊」の合計金額がGo To トラベルキャンペーンの35%補助の対象になります!

レンタカー割引対象商品は、国内宿泊(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山へのご旅行)です。
➡詳しくは日本旅行公式サイトをご覧ください。

エアトリでは、レンタカーを含めたお得なキャンペーンを実施中➡エアトリ公式サイト

その他、地域共通クーポンを利用してお得にレンタカーを予約することもできます。
詳しくは楽天トラベル公式サイト





この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
【インスタグラム】にて絶景写真を公開中!フォローはこちらから▼
よっち

海外生活8年間・世界41ヶ国周遊・日本縦断などの経験をもとに旅行の楽しみ方をシェアするブログです。
海外はオーストラリアとドイツで仕事をしながら英語を習得。現地ではカメラマンとしても活動していました。
現在は日本で生活し、国内旅行を楽しんでいます。
Instagramでは世界を旅したときの絶景写真を投稿しています。

日本旅行
オレンジ日誌