【Gotoトラベル】航空券・新幹線+ホテルが最安値の予約サイト解説

【2020】こんぴら温泉郷で泊まりたい!オススメの温泉旅館6選

日本旅行

香川県の「金刀比羅宮」に行ったら宿泊したいのが「こんぴら温泉郷」です。

こんぴら温泉郷は金刀比羅宮参道周辺の温泉街で、創業から400年以上の老舗宿から近年リニューアルオープンした旅館までが軒を連ねています。

「金刀比羅宮」へ参拝に訪れた際は、是非宿泊してことひらの温泉と瀬戸内の新鮮な魚介が楽しんでください。

今回はその「こんぴら温泉郷」で泊まりたいオススメの温泉旅館についてご紹介します。

GoToトラベルキャンペーンでお得に国内旅行!

国内旅行は最大50%OFFになるGoToトラベルキャンペーンを有効に活用しましょう!

✅キャンペーンを利用できる主な旅行会社
楽天トラベル
JTB
HIS
Yahoo!トラベル
じゃらん

エアトリ
日本旅行

詳しくは、「各旅行予約サイトの特徴とサイトごとのメリット」でも解説しています。

【2020】こんぴら温泉郷で泊まりたい!オススメの温泉旅館

こんぴら温泉郷は、「金刀比羅宮」前の参道の1㎞圏内にある温泉街です。JRや「ことでん琴平線」でもアクセスできます。

高松空港をご利用の方は、こんぴら温泉郷までバスが運行しているので便利です。

ダイナミックパッケージがお得な予約サイトは?

ダイナミックパッケージ(航空券・新幹線+ホテル)なら移動費も「GoToトラベルキャンペーン」の割引が適用されます。

取り扱いのある下記サイトからお得に予約しましょう。

ダイナミックパッケージがお得に予約できるサイト
「航空券+ホテル」が最安値のサイト▶エアトリHIS
「新幹線+ホテル」が最安値のサイト▶「日本旅行

さらに、HISはレンタカーも含まれるのでとってもお得です!

レンタカーもGotoトラベルでお得に予約!

日本旅行」で予約をすれば「レンタカーと宿泊」の合計金額がGo To トラベルキャンペーンの35%補助の対象になります!

レンタカー割引対象商品は、国内宿泊(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山へのご旅行)です。
➡詳しくは日本旅行公式サイトをご覧ください。

エアトリでは、レンタカーを含めたお得なキャンペーンを実施中➡エアトリ公式サイト

その他、地域共通クーポンを利用してお得にレンタカーを予約することもできます。
詳しくは楽天トラベル公式サイト

観光の見どころは、江戸時代に「一生に一度はお参りしたい」といわれた「金刀比羅宮」です。「金刀比羅宮」は現在でも年間400万人以上の参拝者が訪れます。

では、ここからはそのこんぴら温泉郷でオススメの旅館を解説していきます。まずは、下記一覧を参考にしてみてください。

✅こんぴら温泉郷のオススメ宿泊施設一覧

宿泊施設料金 / 人素泊まり詳細
琴参閣12,000円~5,500円~じゃらんアワード2019売れた宿
中四国エリア1位
≫リンク
琴平花壇12,000円~8,600円~1627年創業の老舗の温泉旅館≫リンク
紅梅亭14,000円~ーー2種類の泉質と15種類の温泉≫リンク
桜の抄8,500円~ーー金刀比羅宮の参道22段目に位置≫リンク
つるや旅館5,415円~3,850円~創業180年の老舗旅館≫リンク
貸切湯の宿ことね8,000円~6,346円~6つの貸切温泉風呂が24時間無料
楽天トラベルブロンズアワード
3年連続受賞
リンク

最安値は創業180年の老舗旅館の「つるや旅館」です。由緒ある旅館は1627年創業の「琴平花壇」。ネット予約で評価が高い旅館が「琴参閣」と「貸切湯の宿ことね」です。

【ことひら温泉】琴参閣

「琴参閣」は、こんぴらさん表参道まで徒歩5分に位置する旅館です。

全225室の客室は和室、洋室、和洋室や露天風呂付特別室等、さまざまなニーズに対応可能。

瀬戸内の海の幸、讃岐の里の幸、旬の素材にこだわった会席料理も堪能できます。

こんぴら温泉郷の中でも口コミ評価が非常に高い旅館です。
じゃらんアワード2019売れた宿、中四国エリア1位。

最安値 12,000円/人
素泊まり 5,500円/人

▶琴参閣の口コミ評価と・お客さまの声

↓琴参閣の料金プランは様々な割引プランが用意されているので下記サイトから確認してみてください。

【こんぴら温泉郷の旅館】琴平花壇

琴平花壇は、1627年創業の老舗の温泉旅館です。

森鴎外、北原白秋、与謝野晶子、井伏鱒二など日本文学の歴史に名を残す作家や、皇族の方々の琴平ご訪問時にお立ち寄りになる宿としても有名です。

琴平花壇は、2008年に大規模なリニューアルが実施され、それにより和の繊細な室礼に洋の機能性が融合した現代的な施設・デザインへと変貌しました。

展望浴場は、讃岐平野や阿讃山脈、飯野山を遠望しながら、こんぴらの温泉に癒され、料理は瀬戸内の海の幸が心ゆくまで堪能できます。

最安値 12,000円/人
素泊まり 8,600円/人

▶琴平花壇の口コミ評価と・お客さまの声

↓琴平花壇は以下のサイトから予約できます。各サイト、通常プランのほかにおトクな特典付きプランも用意されているのでぜひチェックしてみてください。

湯元こんぴら温泉華の湯 紅梅亭

湯元こんぴら温泉 華の湯「紅梅亭」は、2種類の泉質と15種類のお風呂が楽しめる温泉旅館です。

お部屋は、和室、和洋室はもちろん、ワンランク上の露天風呂付客室を用意。大きな窓からは讃岐富士を見渡すこともでき、開放感に溢れた和の空間です。

料理は、第26回全国技能グランプリ受賞の調理長が腕を振るった会席を堪能できます。

最安値 14,000円/人

▶「紅梅亭」の口コミ評価と・お客さまの声

↓「紅梅亭」は以下のサイトから予約できるのでぜひチェックしてみてください。

【こんぴら温泉】琴平グランドホテル桜の抄

こんぴら温泉 琴平グランドホテル桜の抄は、金刀比羅宮の参道22段目に位置する旅行者にとても人気の温泉旅館です。

客室は、和モダンの落ち着いた空間で琴平ならではの景観が楽しめます。

また、こんぴらさんを望む露天風呂や大浴場では安らぎのひと時を。多彩な浴場が疲れを癒してくれます。

口コミ評価のとても高い温泉旅館です。

最安値 8,500円/人

▶琴平グランドホテル桜の抄の口コミ評価と・お客さまの声

↓「琴平グランドホテル桜の抄」は以下のサイトから予約できるのでぜひチェックしてみてください。

【こんぴら温泉】つるや旅館

つるや旅館は、こんぴらさん表参道入口に位置する創業180年の老舗旅館です。

歌舞伎調の雰囲気漂うと本館と、2015年にリニューアルしたモダン基調の新館があり、半露天風呂付のお部屋や、和室や洋室、和洋室のお部屋を用意しています。

料理は全国から選りすぐった食材や瀬戸内海の旬の魚介や讃岐の食材を活かし、料理長が和の伝統にこだわって創り出す奥深い味わいを堪能できます。

金毘羅参拝のあとや、日常の疲れを解き放ってくれるこんぴら温泉で疲れを癒してください。

こんぴらさん周辺で最安値、リーズナブルな価格も魅力です。

最安値 5,415円/人
素泊まり 3,850円/人

▶「つるや旅館」の口コミ評価と・お客さまの声

↓「つるや旅館」は以下のサイトから予約できるのでぜひチェックしてみてください。

【こんぴら温泉】貸切湯の宿ことね

こんぴら温泉貸切湯の宿ことねは、貸切温泉風呂が自由に楽しめる家族風呂の旅館です。

宿泊客は6つの全ての貸切温泉風呂が24時間無料で利用でき、心ゆくまで館内での湯めぐりが楽しめます。

食事はリニューアルしたレストランフロアにて、瀬戸内産の魚介類や野菜を使ったオリジナル会席料理を堪能できます。

こんぴらさんの階段口まで徒歩3分。楽天トラベルブロンズアワードを3年連続受賞している評価の高い温泉宿です。

最安値 8,000円/人
素泊まり 6,346円/人

▶貸切湯の宿「ことね」の口コミ評価と・お客さまの声

↓貸切湯の宿「ことね」は以下のサイトから予約できるのでぜひチェックしてみてください。

【こんぴら温泉郷のオススメ温泉旅館】まとめ

現在もたくさんの参拝者が訪れる「こんぴらさん」。

参拝の際は、是非こんぴら温泉郷の旅館に宿泊して香川観光を楽しんでください。

オススメの旅行プランは、初日にこんぴらさんへ参拝へ行き、2日目以降は香川の「観音寺」や日本百名城の「丸亀城」へドライブです。

また、徳島方面の「祖谷渓」や「剣山」、「鳴門海峡のうずしお」などを巡ってみるのもおすすめです。

見どころが多いエリアなので数日観光も楽しめます。下記モデルコースも参考にしてみてください。

今回は以上です。充実したこんぴらさん旅行にされば幸いです。

レンタカーもGotoトラベルでお得に予約!

日本旅行」で予約をすれば「レンタカーと宿泊」の合計金額がGo To トラベルキャンペーンの35%補助の対象になります!

レンタカー割引対象商品は、国内宿泊(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山へのご旅行)です。
➡詳しくは日本旅行公式サイトをご覧ください。

エアトリでは、レンタカーを含めたお得なキャンペーンを実施中➡エアトリ公式サイト

その他、地域共通クーポンを利用してお得にレンタカーを予約することもできます。
詳しくは楽天トラベル公式サイト





この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
【インスタグラム】にて絶景写真を公開中!フォローはこちらから▼
よっち

海外生活8年間・世界41ヶ国周遊・日本縦断などの経験をもとに旅行の楽しみ方をシェアするブログです。
海外はオーストラリアとドイツで仕事をしながら英語を習得。現地ではカメラマンとしても活動していました。
現在は日本で生活し、国内旅行を楽しんでいます。
Instagramでは世界を旅した絶景写真を投稿しています。

日本旅行
オレンジ日誌