yochiを支援する 初めに読みたい12記事

海外生活を楽しむために必要なこと!生きる力をつけていこう!

冒険と計画

今やらなきゃいつやるの!今はずっと続かない!

薄れゆくスピード感。若いころとの時間感覚の違い

小学生のころ、休日にテレビを見ていて東京湾クルーズが特集されていて、父が

「これに行こう!」

と突然言い出して二人で出かけ、数時間後にはクルーズ船に乗れていたことに衝撃を受けたことがあります。

「さっきまでテレビで見ていたのに今もうこの場に来れているんだ!!!」

子供の時のテレビってなんか夢の世界というか現実離れした感覚というものがありましたよね。
今でもそうかもしれません。

「こんな世界あるんだ~」とか
「芸能人かっこいいな~」とか。

でも最近はネットの普及によりテレビの世界も個人の動画も大きな差は無くなってきました。

「テレビで見たあの場所に行きたい!!」

お金をもった大人ならこれを実現することは子供の時より簡単です。

けど思ったほど実現できていない気がしませんか??

行きたいところは昔より増えているのに、時間が、、、時間が、、、

学生時代は時間が有り余っていたのになーー!!
やっとけばよかったなー!!

って昔を自分に投げかけることもしばしば。

今からでも遅くはない!

なんやかんや言いつつも時間はどうにかすれば取れるはず!!

テレビを見ていて「きれいな景色だな~、いつか行ってみたいな~」って思っている方が
自分のブログを読んでくれて「すぐ行かなきゃ!!」って思ってもらいたい。

やりたいこと行きたいとこはさっさと実現させてしまいましょう!

気持ちが一周回ったら行かなくてもいいや!って熱が冷めてしまうことありませんか?

行けなくなってからでは遅いんです!

ここ数年、日本にはたびたび災害が起りました。
これから起こるであろう地震災害も数年以内に発生するであろうと言われています。

なるべく早く行きたいところには行っておきましょう!
これからの人生で何が起こるかわかりませんから!!

突然、自分の体が動かなくなるかもしれないですし、
自分だけではなく、身の回りの人の要因で行けなくなることも。

現地の治安も関係します

かつて自分がイスラエルに観光に行った後、紛争が起こってしばらく入国できないこともありました。

タイミングが違っていたら行きたかった死海にも行けなかった!

昔から憧れていたんです。教科書で名前に衝撃を受けた「死海」。

アメリカも昔に比べだいぶ治安は悪いそうです。
アメリカにいる日本人起業家もアメリカにはもう留学にいかせるな!って話もあるくらい。

考えすぎると怖くなる!勢いを大切にして!

「でもあれが不安で、これを用意して、、、」

いやいや考えすぎてはいけません。

思い立った後のスピードが大事。

とりあえずチケットを取ってしまいましょう。

そして必要なことはネットで検索しましょう!
たいていの情報は簡単に手に入る時代です!

けど悪いことだけ調べすぎて余計不安になってはいけません。
気持ちがネガティブな方向に行ってしまいます。

このブログがその必要な情報として役に立てば幸いです!

チケットも昔と比べて全然安い!

当時オーストラリアから日本に帰る際はジェットスター航空のセール時を狙い、
おおよそ5万円ほどで往復チケットを購入していました。

アメリカからスコットランドも25000円ほど。
ハワイからバンクーバーもそれくらいでした。

日本を基準に往復チケットを見ると高い可能性もありますが、他国間は安かったりします。

旅をするなら一気に行く!

というのは節約にもなるのです。

時間を超える感覚。ちょっと寝てたら違う世界

飛行機に乗る手続きもどんどん簡略化されてきて、ICチップやらウェブチェックインやらでチケットがあればすぐ飛行機に乗れます。

そして、2時間でも座っていれば東京から九州、北海道方面までいける時代。

さらには5時間もあれば東南アジア近郊まで、9時間もあれば欧州、オセアニア、ハワイなど。

乗り換えが多いと面倒です。けど直行便で行ける場所も増えてきています。

時代をうまく使おう!なんでもできるこの時代!

ドイツで旅行していた時、日本の観光ツアーで来られたご老人が言っていました。

「昔この町に来たことがあってね、当時は30万近くかかったんだ。大きな飛行機に乗ってね。今はいい時代になったよ

確かに!今になれると意外とわすれがち。

格安航空券とネットで予約、スマホの地図見て翻訳機能で会話するってことが可能な時代!

すげー!!

なんなら「明日から2連休だー」
「じゃあ東南アジアでも行ってみるかー!」ってことは余裕。

すげー!!

「行くかーってのが難しいんだよ!」って、、、

確かに。仕事してたらそれって休日ですもんね。。。

でも絶対楽しいよ。

楽しそうな匂いに敏感であれ!

経歴にも書きましたが、昔の自分はこの未来を全く予定していませんでした。

けどなんとなく面白そう!!ってにおいを感じた方向に進んで行っただけ。

よく言われることがありました。
「よく海外行けるよねー」
「よくこんな旅をしたよねー」

それはもう勢いです。

この面白そうなにおいを感じ取って、それに向かって進んでいく。

ボールを坂の上から転がしていく感覚です。止まらないー!っていう。

あとは流れに任せて進んだだけ

なんかそういうきっかけがあってそれに従って流れているだけ。

でももちろんすべて自分の意志で進み、そうなったということは心のどこかでそういう気持ちがあったから。
まあ運もよかったのだと思います。出会いには感謝

知りすぎてもいけない!

あとよく知らない方が飛び込めるよねってのはある。

変にいろんな知識を得てしまうと「恐怖心」が芽生えてしまって行動に移せないことが出てきます。

当時は20代前半。怖いものなんてありません。
現在30代前半。怖いもの、、、結構増えてきましたwww

あまり物事を考えすぎないこと。

自分がしてきたことは難しいことではありません。
このことをみんなには知ってもらい、これを楽しい、楽しそうと感じてもらいたいと思います。

細かいことはやってから考えよう!

実現するなら早い方がいい!イメージを具現化!

友達と話が盛り上がって

「今度ここ行こうよー!」「いいねー!」

ってなったら自分は速攻で企画を調べて具体化させます

あの時の話がうわべだけで終わるのを嫌うからです。

調べるのは簡単なこと。あとはやるかやらないか。それなら、、、

すぐやるでしょ!!

企画がボツになってもいいんです。

面白そうなにおいがして「いいねー!」って言ったんだから。

やることが大事!

人生は「流れ」に従うことも大事の教え

これはある人から学んだこと、

「この」ような流れで来ているのに自分の意志が強すぎて逆走してでも突き通そうとする人がいます。

「私はなにがなんでもこうしたいんです!!」みたいな。

これってやりたいことをやっているようでもうまくいきません
逆流に乗っているからもがいてもがいて進まない。

ゆら~ゆら~と流れてきた流れにうまく乗っかってゆら~とすすんで行くのです。
「川の流れのように」とはよく言ったものです。秋元さんは知っていたのですねwww

でもただぼ~っとしてユラユラしててはだめですよwww

いろーーーんなものに手を伸ばして吸収しながら進むのです。

いろんな経験や知識、考え方を自分自身に蓄えます。

そして自分の歩んできた道に壮大な歴史を造って行きましょう!

海外生活するには「生きる力」をつける

これはいろいろな日本人を海外で見てきて思うことです。

海外にいて楽しめる人となじめない人には違いがあります。

それは生きる力があるかどうか

その人の意識の問題ですが、危機感というか生きるか死ぬかの瀬戸際、
勝つか負けるかの瀬戸際をくぐってきたかどうか。

ジャパニーズ「譲り合い」をしない人というか。

図々しいとはちょっと違います。

あと、なんでも取り入れたり、受け入れたりできるような思考が柔軟な人です。

芯はあるけど、こだわりを捨てれる人というか。

感覚的なことなので言葉にするのが難しいです。

海外では生きる力を持っていなくては生きれません

補足すると、これは旅をすることとは別のスキルです。
1年くらいの短期滞在なら大丈夫かもですが、それ以上になるとこれは必要です。

第二言語の世界で生きていくわけですから当然といえば当然かな。

常に意識を持っていこう!

一度きりの人生楽しもう!

窪塚洋介主演の「漂流教室」というドラマの第1話、冒頭部で学校の授業のシーンがあり、

「今を生きろ」

が題材にされていてこのシーンが大好きでした。
(このドラマ、山下智久、山田孝之、妻夫木聡、水川あさみ、鈴木えみなど豪華メンバーが出演していました)
ぜひみてほしい。

これってよくいわれる言葉だけど、ときに忘れてしまう大事なこと。

そう、今この瞬間も過ぎ去ってしまって今ではないんです。

一度しかないんです。なんでやってやりましょう。

コメント