yochiを支援する 初めに読みたい12記事

【まさかの入国拒否?】出国チケットもないと入れません【海外旅行の失敗&体験談】

オーストラリア生活録

オーストラリアからニュージーランドへ3週間ほど旅行へ行きました。

お隣さんの国なのでオーストラリアから片道3時間程度で行けます。
オーストラリアから気軽にいける距離なのに意外と行く機会がなかった国。ガッツリ旅行してこようと思います。

今回はオーストラリアチェックインカウンターであやうくニュージーランド行きの飛行機に乗りそこねかけたお話

簡単!最安値検索ができる海外レンタカー比較サイト

【まさかの入国拒否?】出国チケットもないと入れません【海外旅行の失敗&体験談】

何が起こるかわからない!空港へ早めに到着!

空港は毎回緊張します。

チェックインまで時間がかかって搭乗ギリギリになったり、持ち込み不可で没収されたり飛行機を逃すとチケット代がすべて無駄になってしまいますからね!!!

なので早めに空港に行くことが推奨されるわけですが、国際線はさらに緊張!思わぬトラブルも起こりかねないです。

今回は3週間ほどのニュージーランド旅行の予定
オーストラリアには戻らない予定で次に行く国はまだ決めていません

そしてニュージーランドの観光ルートもまだ決まっていません。

そういった状況だったのでまだニュージーランドの出国チケットを買っていませんでした
買ったのはニュージーランドに入国するチケットのみ。

チェックインができないトラブル!係員を呼ぶ!

今回はオーストラリアのメルボルンからの搭乗でした。

心配だったので早めの二時間半前にチェックインカウンターへ着き手続き開始。
チェックインはほとんど電子パネルですね。
自動の世の中。とても便利です。並ばなくて済みますから。

チケット登録番号、氏名を入力しますが、次のパスポートスキャンが全然反応しません、、、

パスポートスキャンでは身分証のページをスキャンして中のICチップを読み取って現在のステータスを認識します。

エラー が出たので係のお姉さんを呼びます。

別の機械で試してくれて作業が進みました。

次は今度は搭乗券出てこない。。。

もう一度、係員を呼べと出きたので再び。。。 すると「パスポートを調べてみるわ!」とデスクへ行き、、、

なんか嫌な予感がします。大事になるのではなかろうか、、、

ニュージーランド出国チケットが必要!片道では入れません!

「あなたのステータスではニュージーランドに行くのに帰りのチケットを取らないとダメだよ

って、、、マジですか、、、

自分は三週間ほどぶらりとしている間にニュージーランド内で次のチケットを取ろうとしていたのでまだ買っていませんでした。

『それ取らないと乗れないの?』
『乗れないよ』
『今とるの?』
『今取らないとダメだね。次はどこ行く予定?』

このとき、本当はニュージーランドからハワイに行くことを考えていました。
オークランドからの安い航空チケットをチェックしていました。

ですがここでは細かい説明が面倒だったので「日本」と答えておきました。

『日本に戻るよ!!とりあえずチケット取ります!!
 との流れで緊急でニュージーランド出国のチケットを取ることになりました。

急遽!出国チケットをその場で購入!

一応狙っていたハワイ行きのチケットがありましたので、それを取るしかない!!

 やばいやばい!

国際線ですからチェックイン締め切りの時間も早い、、、

焦る焦る。。。 

オーストラリアの空港のWIFIはありますが、不安定で遅い!!!
持っていたパソコンとスマホを駆使!
Wifiが不安定すぎて自分の携帯Simでパソコンへテザリングに切り替えます。

このときの作業している風景はピアノ3台を同時に弾いている小室哲哉のようでした。

超高速で処理をしていきます。。。

追い討ち!空港インターネットのトラブル!間に合うか!?

ハワイ行きのチケットのためにハワイアン航空の予約に進むも、あれ?バッグの預け入れの項目は??

普通はスーツケースの預け入れの料金とか出てくるはずなのに出てこないー!! 

スマホだからこの項目が出てこないのか?と思いパソコンを開く。

 やばいやばいー! 

あれ?なんで?パソコンでも出ない、、、
英語でFreeみたいなこと書いてあるけどそんなことある??

結論よくわからないけど、あとから付け足せるだろうとチケットを取る。

 が、、、

試練は続く!

カードもトラブル!クレジットカードは予備が必要!

カード支払い拒否! 銀行口座が拒否される、、、

オーストラリアの銀行での支払いですが今まで拒否されたことはない。。。

なんでこのタイミング???

誰かおれをイジメようとしてるのかな!?www

ネット口座で確認するも問題なくお金は入っている。
 スマホでも試すが拒否、、、 

仕方なく、もう1つの日本のクレジットカードを使う。

 取れたー!!

やったぜ!これならまだ間に合います!
早めにチェックインカウンター行っておいて良かったよ!

万事休す!アメリカにはeSTAビザが必要だった!

 係員に「チケットを取れた!」というと 

『どこ行き?』
『ハワイ』
『ハワイはEsta(アメリカのビザ)取らないとダメよ。持ってる?』
『持ってない。そうなんだ。。。今から取るよ』
『今からでは飛行機に間に合わないよ』
『。。。』 

知らんかった、、、

アメリカ入国にはEstaを取るのか、、、

すぐ取れはするが確かに申請書に書くのも時間かかるし、審査もあるからこのタイミングは無理である、、、 なんだったのこの時間、、、

最終手段は返却可能チケット!もしくは捨てチケット?

このピンチに対し、お姉さんが教えてくれたのは「 Refundable ticket 」を取りなさいってこと。

Refundable ticketとは無料でキャンセル出来るチケットのこと。「返却可能チケット」。格安ではない航空会社が販売しています。今回のジェットスターでは販売していないみたいでした。

それをとりあえず購入してニュージーランドに入ったらキャンセルするというあまりよろしくはない方法。

いわば 最終手段 です。

もしくは捨ててもいい航空チケットの選択肢もありますが、余裕もなく 「返却可能チケット」 購入を目指します。

残り時間15分!手続き開始からすでに2時間以上経過!

シンガポール行きを取りなさい
この言葉を最後に再びパソコンとスマホで作業開始。

また小室哲哉状態です、、、

もうこれにすがるしかない!
チェックイン終了時刻まで あと15分告げられパソコンを打つ手も震えてくる。

後ろには自分と同じような境遇のアジア人が。

おぉ、同志よ!

パソコンを開いて奮闘していました。
これはニュージーランド入国あるあるなんだろうか。

いつも格安航空券しか取ったことのない自分には勝手がよくわからない
しかもニュージーランドからシンガポール行きってどの航空会社?ってスカイスキャナー開いて進めたけどその項目が出てこない、、、

直接航空会社のHPに行こう!とするが乗り換えとかなんちゃらでややこしい!!
一回おりるだのなんだの。。。

やばいやばい、、、時間が過ぎていくー!

残り時間3分。。。追い込まれた末に、、、

あれ?
出るだけなら ニュージーランドからオーストラリアで良いんじゃない?

と閃きます!
それが 一番シンプルで低価格
被害最小限 に抑えられるかも。

係のお姉さんに聞いてみます。

『あなたオーストラリアで 有効なビザ 持ってるの?パスポートみせて』

おお、、、まだ関門があんのかい、、、
でも偶然にも有効ビザがまだ残っていました!

「オーストラリアでもいいよ!!」ってことでメルボルン行きを買うことに。

オーストラリアの航空会社なら カンタスやバージン がある。

おおよそ航空会社にも目星があるので早いはず!!
カンタスとバージンを同時に進めて行き、バージンがシンプルだったのでキャンセル出来るチケットを購入
追記;バージンはやめた方がいいです。ポイントでの返金対応でした。。。

通常の2倍くらいの値段でした。失敗したら逆に大損。

そんなことより取れたことを告げ、チェックイン完了

この時点で残り時間3分

バッグチェックインをしている間に「もういいからあなた行きなさい!!」って送り出してくれました。

サンキュー!!マジ感謝です!!

まだあんのかぃ、、、最後の関門が待っていた。。。

こっから猛ダッシュ!手荷物検査へ!

んん?あなたはこっちの検査とおりなさいって?
なんか全身スキャンされるとこへ通された。。。

『ポケットになんにもない?』
イヤホンがあったけど金属ではないしいいだろう。

『ないです』
ポッケ膨らんでるけど??
『ないです(嘘)』
じゃあ両手あげて

『俺、急いでますぅぅ!』両手をあげて惨めな僕。。。
「I`m in a hurry!!」ってこういうときに使うのねー!
このくだりを例文に使ってくれていいですからwww

結果、あなたポッケ見せなさい

イヤホン出す。

もっかいスキャン。

両手を上げる。

『マジでいそいでいるから通して!!』
『何時?』
あと三十分

「行きなさい!」←ようやく解放!!

全関門通過。でも。。。

時間のなさに気づいてくれたセキュリティは通してくれました
早くとおりたい一心でしたので自分も焦ってうそついていました。。。

よくないですね。。。

そこからの関門はすんなりクリアして搭乗ゲートへ到着!!

助かった!みんなありがとう!

俺と一緒に奮闘していたアジア人は俺よりゲート通るの遅かったのにギリ間に合いました。
良かったね!

でも自分本当はTax refundしたかったんです。

オーストラリアの出国二ヶ月以内に$300以上購入したものは税金かからないので返金されるんです。

自分は$500の商品を購入していたので$50くらい返ってくる予定だったのですが、、、
そのために少し早めに行ったのに違うトラブルに見舞われました。

でも間に合うことが優先ですから結果オーライで良かったです。

この方法は正規ではありません。入国もちょっと手こずる。。

一応最終手段でこの方法を教えてくれましたが 正規ではありません
ですので基本的にニュージーランドへ来る方は計画を立てて出国のチケットを取って入国してください。

自分はニュージーランド内の入国審査で結構怪しまれました。

ニュージーランドからハワイ行きとオーストラリア行きの二つを買ってしまい、パスポートに記録が残るので不振に思われたのでしょう。

ダミーのチケットとは説明しませんでしたが、観光だよ!と強調し、出国の意思を伝えたので大丈夫でした。

お金のことも聞かれました。
貯金額

おそらく不法に働こうとしている可能性があったのでしょう。

「貯金額を教えて、口座見せれる?」ってきかれてたので

『Sure!!』

って言ったら大丈夫でした。とびっきりの。
本当にみせても大丈夫だったので勢いよくいいました。うじうじすると怪しいので元気よく行きましょう

今回本当に知らずに困ったトラブルでした。

アメリカでも起こり得る!海外旅行あるあるだった!

この出国チケットトラブルはアメリカに入国する際もよく起こるトラブルでありました。

この後アメリカ入国した時は自分はこの経験があったので、出国チケットを先に購入しておきました。

でもアメリカで出会った日本の旅人さんに話を聞いてみると、同じようなトラブルがチェックインカウンター起こったそうです。

その方々は「捨てチケット」を購入したそう。

アメリカから1番安く行ける海外の国のチケットを購入して乗らないという方法です。

もちろん返金のされない、まさに「捨て」チケットなのですね。

アメリカではその条件も厳しく、お隣のカナダ、メキシコではそれが適用されません
南米くらいまで離れた国ではないと有効ではないため、最安値チケットというとそこそこ値段掛かります。

他の方の場合はもう先に予定していた次の国へのチケットを購入したそうです。
それもチェックインカウンターで同じような話をされて購入したそう。

世界一周旅行でアメリカにいかれる方はいつ出国するか分からない状況で入国するケースが多いのでこのトラブルは発生しやすいかと思われます。

オーストラリアに慣れてしまっていた自分には思いもよらないトラブルでした。

後々聞いてみると、オーストラリアはその辺ゆるいみたいです。
観光ビザでも最長3カ月間滞在できます。

この時に出国チケットをもっていなくても入国は可能。
でも確かに出国チケットを入国時に持っていなかったらいつまで滞在されるかわからないので不法滞在の温床になりかねないですよね。

なんにせよこのようなトラブルを常々避けたいもの。

必要なものは情報です。

ネットで調べたり友人から聞いたり旅行会社から聞いたり。無知から引き起こされるこのトラブル。こんなことが起こらないようにするため体験談をシェアさせていただきます。

簡単!最安値検索ができる海外レンタカー比較サイト

コメント