yochiを支援する 初めに読みたい12記事

【サイクリストの聖地の石碑がある】しまなみ海道・大三島の道の駅に行ってみよう!

日本旅行記

サイクリストの聖地として知られる「しまなみ海道」の中心に位置する大三島。

三島神社や大山祇神社の総本社「大山祇神社」が鎮座し、かつては「御島」と記されたように神の島とされていました。

このしまなみ海道の島々を繋ぐ「橋」がかかり、大山祇神社方面とは別に東側にも観光客が来るようになりました。

道の駅「多々羅しまなみ公園」は生口島へ繋がる橋の麓にあり、旅行サイトである「トリップアドバイザー」から全国道の駅ランキング第30位に選ばれています。

今回は大三島に来たら絶対立ち寄りたいスポット、道の駅「多々羅しまなみ公園」の見どころをご紹介します。

簡単!最安値検索ができる海外レンタカー比較サイト

【サイクリストの聖地の石碑がある!】しまなみ海道・大三島の道の駅に行ってみよう

道の駅「多々羅しまなみ公園」は豊富な地元農産物やお土産の販売、幻の高級魚「マハタ」が食べられるレストランなどお店が充実しており、生口島へかかる多々羅大橋を望める景観スポットでもあります。

しまなみ海道の中間地点である大三島でサイクリストの方は1泊されることが多いみたいです。

道の駅「多々羅しまなみ公園」への行き方

大三島は生口島と多々羅大橋で繋がれた麓に道の駅があり、島のメインとなる「大山祇神社」は西側にあります。

この距離は車で10分ほど、距離にして7キロほどあり、緩やかな坂道になっています。

サイクリングのコースによっては大三島の 「大山祇神社」 方面まで行かずにこの道の駅に立ち寄るだけの方もいるかもしれません。

個人的には「大山祇神社」に行かないでしまなみ海道に来た意味あるのか!
と思っているほどメインに掲げていた場所ですので絶対に行って欲しいですが、自転車で来られた方にとっては往復14kmにアップダウン付きとなると行くかどうか悩むかもしれません。

自分は 「大山祇神社」 周辺を朝から観光し、伯方の塩工場、大山祇神社の参道も回って4時間ほど滞在しました。
予定ではあっさりと観光する予定でしたが、見どころが多く大満足でした!

愛媛・瀬戸内海土産はここで買える!品ぞろえが豊富なお土産屋さん

品ぞろえが豊富なお土産屋さんです。

ここは愛媛県なのでみかんに関するお土産が充実しています。

その他にもしまなみ海道や村上海賊、瀬戸内海で取れた海産物が販売されていました。

村上海賊はこの瀬戸内海をかつて仕切っていた水軍で今で言う海兵さんです。

通行料を取る代わりに海流の難しい瀬戸内海での水先案内人として江戸時代以前に活動していました。

しまなみ海道の「因島」と「大島」に村上海賊に関する博物館があるのでそちらにも立ち寄ってみてください。

塩シャーベットを別の道の駅で食べましたが、非常に微妙なお味でした、、、

塩アイスを食べるなら大三島の西側にある「伯方の塩工場」で塩ソフトクリームを食べてください!

今までで一番と言っていいほど美味しかったです!!

幻の高級魚「マハタ」が食べられるレストラン!

こちらの道の駅にあるレストランでも幻の高級魚「マハタ」を食べることができます。

聞き慣れないお魚ですが、漁獲量が少なく、ほとんど市場に出回らないクエと同じハタ科のお魚だそう。

マハタ丼(1950円)

自分は食べませんでしたが、身が引き締まった上質な白身だそうです。
気になる方はこちらで食べてみて下さい。

ちょっと変わった干物を発見!小ザメの干物

小ザメの干物が販売されていました。販売係りの方が商品について説明してくれます。

本物の「鮫肌」に触れることもできました。

充実のお土産と豊富な農産物!時期があえばみかんも買おう!

自分の行った時期は9月の頭でみかんのシーズンではなかったみたいです。
愛媛と言ったらみかんなのでぜひこの機会に買って帰りたかったのですが残念。

そのかわり「すだち」や「カボス」が売られていてみかんの代わりに購入していくお客さんが多く、お昼の時間帯にはすでに残り少なくなっていました。

その他にもみかんの皮を乾燥させて作ったお茶の葉や手作りジャムが販売されています。

地元農家で作ったオリジナルの商品です。

みかんの種類にもいろいろあるみたいですね。家系図がありました。

簡単!最安値検索ができる海外レンタカー比較サイト

壮大な島の眺め!多々良橋看板と写真撮影!

大三島の道の駅から見る多々羅大橋と奥に見えるレモンの産地「生口島」の景色です。しまなみ海道旅行中は晴天が続き、空の青さと海が綺麗でした!

サイクリストの聖地の石碑!石のアーチと記念撮影!

サイクリストにとって、ここでの記念撮影は欠かせませんね!
丸い穴には自分の荷物を置いたりヘルメットを置いたりして皆さん記念撮影をしていました。

旅人の憩いの場! 道の駅「多々羅しまなみ公園」で旅を快適に!

しまなみ海道の重要な島である「大三島」。
なじみのない島でしたのでずっと「おおさんしま」と現地に来るまで呼んでいましたが、「おおみしま」と読みますw

大三島の西側からはフェリーで「とびしま海道」方面に行くこともできますし、北側には「大久野島」へ行くフェリーも出ています。

大三島で一日使って遊んでみるのもよさそうですよ!

そして、この道の駅ではしまなみ海道の絶景を見ながら休憩できるのでうまく利用して旅を快適に進めてください!

簡単!最安値検索ができる海外レンタカー比較サイト

コメント