\旅行で使える英会話勉強法を公開/

【大三島】道の駅・多々羅しまなみ公園と周辺観光スポット紹介!

日本旅行記

「しまなみ海道」はサイクリストの聖地として人気があり、大三島はその中心に位置します。古くから三島神社や大山祇神社の総本社「大山祇神社」が鎮座し、かつては「御島」と記されたように神の島とされていました。

瀬戸内海の島々がしまなみ海道によって繋がれ、大山祇神社方面とは別に東側にも観光客が来るようになりました。

この道の駅「多々羅しまなみ公園」は大三島の橋の麓にあり、旅行サイトである「トリップアドバイザー」から全国道の駅ランキング第30位に選ばれています。

豊富な地元農産物やお土産の販売、幻の高級魚「マハタ」が食べられるレストランなどお店が充実しており、生口島へかかる多々羅大橋を望める景観スポットでもあります。

今回は大三島に来たら絶対立ち寄りたいスポット、道の駅「多々羅しまなみ公園」へのアクセス方法と見どころをご紹介します。

【大三島】道の駅・多々羅しまなみ公園と周辺観光スポット紹介!

道の駅「多々羅しまなみ公園」への行き方

大三島の見どころである「大山祇神社」は西側にあり、この距離は車で10分ほど、距離にして7キロほどあり、緩やかな坂道です。

しまなみ海道に来たら「大山祇神社」は絶対に外せないですね。伯方の塩工場や大山祇神社の参道も巡って半日観光が楽しめます。

観光ルートやランチスポットについてはこちらの記事にまとめました。

尾道、今治からこの道の駅はちょうど中間点にあり、車で30~40分ほどの距離です。しまなみ海道を縦断するサイクリストの方は大三島で一泊すると良いですね。

【愛媛・瀬戸内海観光土産】品ぞろえが豊富なお土産屋さん

道の駅では瀬戸内海や愛媛のお土産が揃っています。

その他にもしまなみ海道や村上海賊、瀬戸内海で取れた海産物が販売されていました。

村上海賊はこの瀬戸内海をかつて仕切っていた水軍で、通行料を取る代わりに海流の難しい瀬戸内海での水先案内人として江戸時代以前に活動していました。

しまなみ海道の「因島」と「大島」に村上海賊に関する博物館があるのでそちらにも立ち寄ってみてください。

塩シャーベットは販売されていますが、大三島の西側にある「伯方の塩工場」で食べる塩ソフトクリームが絶品です。

▼工場見学も無料で楽しめます。

幻の高級魚「マハタ」が食べられる人気レストラン

道の駅「多々羅しまなみ公園」のレストランでは幻の高級魚「マハタ」料理を食べることができます。

聞き慣れないお魚ですが、漁獲量が少なく、ほとんど市場に出回らないクエと同じハタ科のお魚です。

身が引き締まった上質な白身が魅力です。マハタ丼(1950円)

しまなみ海道で行きたいグルメスポットについてはこちらの記事もご覧ください。

【露店販売】小ザメの干物

小ザメの干物が販売されていました。販売係りの方が商品について説明してくれます。本物の「鮫肌」に触れることもできました。

【ご当地の農産物】時期が合えば愛媛みかんを買おう!

9月初頭はみかんのシーズンはなく販売はされていませんでした。

そのかわりに「すだち」や「カボス」が人気がありました。お昼の時間帯にはもう残り少ないです。

その他にもみかんの皮を乾燥させて作ったお茶の葉や手作りジャムが販売されています。

地元農家で作ったオリジナルの商品です。

みかんの種類にもいろいろあるみたいですね。家系図がありました。

【サイクリストの聖地】多々良大橋の絶景

大三島の道の駅から見る多々羅大橋と奥に見えるのがレモンの産地「生口島」です。

サイクリストの聖地の石碑!石のアーチと記念撮影!

サイクリストの聖地と刻まれた石のアーチ。丸い穴には自分の荷物を置いたりヘルメットを置いたりして皆さん記念撮影をしています。

絶景スポットの多いしまなみ海道。こちらの記事にまとめました。

道の駅周辺の温泉施設「多々羅温泉」

多々羅温泉は地下1,000mから湧き出るしまなみ海道唯一の天然温泉です。ラドンを多く含んだ天然の湯は疲労回復・健康増進に効果があり、サイクリストの休憩場として人気あります。➡行き方などの詳細はこちら

見どころが多いしまなみ海道!レンタカー移動がオススメ!

サイクリングが人気のしまなみ海道ですが、レンタカーを1日借りて巡ってみるのも楽しいです。観光名所やグルメスポットをドライブしましょう。

1日レンタルでも1万円しない値段で借りれるのでお手頃です。

レンタカー予約にはEasyRentCars.comがオススメ。しまなみ海道エリアの最安値が簡単に検索できます。同時に車両保険も加入しましょう。

新規登録・初回利用限定の¥5000割引クーポンをGET!

レンタカーもしくはバイクでしまなみ海道を巡る方へドライブモデルコースを作成してみました。
しまなみ海道の見どころを網羅しているので旅の参考にしてみてください。