【Gotoトラベル】航空券・新幹線+ホテルが最安値の予約サイト解説

【2020】尾道で泊まりたい!オススメの旅館・ホテル

日本旅行

広島県南東部に位置する尾道市は年間680万人以上の観光客が訪れる人気観光スポットです。戦火を免れた尾道地区は西の小京都と呼ばれるほど多くの大小の寺が今もなお点在しており、中でも「千光寺」は尾道で定番の観光地。

そのほか自然に関するレジャー施設も豊富で南側には「しまなみ海道サイクリングロード」や日本遺産に認定された「芸予諸島村上海賊」など見どころは多いです。今回はその尾道で泊まりたいオススメのホテル・旅館についてご紹介します。

GoToトラベルキャンペーンでお得に国内旅行!

国内旅行は最大50%OFFになるGoToトラベルキャンペーンを有効に活用しましょう!

✅キャンペーンを利用できる主な旅行会社
楽天トラベル
JTB
HIS
Yahoo!トラベル
じゃらん

エアトリ
日本旅行

詳しくは、「各旅行予約サイトの特徴とサイトごとのメリット」でも解説しています。

尾道で泊まりたい!オススメの旅館・ホテル

【尾道】千光寺山荘

JR尾道駅の裏手に千光寺山の山頂付近に位置する「千光寺山荘」。尾道市街や瀬戸内海を一望できる場所に立地しており、全ての客室より尾道のすばらしい風景を楽しむことが出来ます。食事は旬の素材を活かした料理を堪能。千光寺公園まで徒歩1分と近いため、展望台、文学の小道、ロープウェイ乗り場、千光寺などの観光拠点としても便利です。

最安値¥ 11,000

↓尾道「千光寺山荘」は以下のサイトから予約できます。各サイト、通常プランのほかにおトクな特典付きプランも用意されているのでぜひチェックしてみてください。

天然温泉 尾道みなと館

瀬戸内の海と鳴滝山などの山々に囲まれ、自然豊かな土地にできた天然温泉施設「尾道みなと館」は古民家を利用した情緒と雰囲気あふれる建物、地域の健康食材をふんだんに使用した食事でゆったりと旅の疲れを癒せる宿です。

最安値¥ 17,273

↓「尾道みなと館」は以下のサイトから予約できるのでぜひチェックしてみてください。

尾道ロイヤルホテル

尾道駅から歩いて15分ほどに位置する「尾道ロイヤルホテル」。千光寺まで歩いて10分ほどと観光の拠点として立地の良いホテルです。客室は海側・尾道水道の景色か千光寺側の景色を選ぶことができ、どちらの眺望も素晴らしい。

最安値¥ 6,999

↓「尾道ロイヤルホテル」は以下のサイトから予約できるのでぜひチェックしてみてください。

グリーンヒルホテル尾道

尾道駅前にあるグリーンヒルホテル尾道は、広島の観光めぐりに最適なロケーションです。 全92室ある客室は、上品なインテリアが施されており、快適なご滞在となるよう配慮されています。窓の外には尾道水道の景色が広がり安らぎのひと時を過ごせます。

最安値¥ 9,999

↓「グリーンヒルホテル尾道」は以下のサイトから予約できるのでぜひチェックしてみてください。

尾道国際ホテル

尾道駅から歩いて20分ほどの距離にある「尾道国際ホテル」。全91室ある客室では、安らぎとくつろぎの空間をご提供。広島を優雅で快適に旅すには最適なホテルです。

最安値¥ 6,799

↓「尾道国際ホテル」は以下のサイトから予約できるのでぜひチェックしてみてください。

【尾道のオススメ旅館・ホテル】まとめ

尾道観光には「千光寺」のほかにもしまなみ海道へのドライブやサイクリングがオススメです。瀬戸内海の大自然と日本遺産に認定された村上水軍など見どころが多いです。尾道に1泊してしまなみ海道・四国側の今治にもう1泊する旅行日程も良さそうです。

他県から訪れる方は広島空港から尾道、しまなみ海道、今治と移動して愛媛県松山の道後温泉~松山空港の観光ルートも定番です。尾道観光の参考にしてみてください。

レンタカーもGotoトラベルでお得に予約!

日本旅行」で予約をすれば「レンタカーと宿泊」の合計金額がGo To トラベルキャンペーンの35%補助の対象になります!

レンタカー割引対象商品は、国内宿泊(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山へのご旅行)です。
➡詳しくは日本旅行公式サイトをご覧ください。

エアトリでは、レンタカーを含めたお得なキャンペーンを実施中➡エアトリ公式サイト

その他、地域共通クーポンを利用してお得にレンタカーを予約することもできます。
詳しくは楽天トラベル公式サイト





この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
【インスタグラム】にて絶景写真を公開中!フォローはこちらから▼
よっち

海外生活8年間・世界41ヶ国周遊・日本縦断などの経験をもとに旅行の楽しみ方をシェアするブログです。
海外はオーストラリアとドイツで仕事をしながら英語を習得。現地ではカメラマンとしても活動していました。
現在は日本で生活し、国内旅行を楽しんでいます。
Instagramでは世界を旅した絶景写真を投稿しています。

日本旅行
オレンジ日誌