【8年間の軌跡】どのような生活してた?書を捨て旅に出よう!

洋楽洋画なんて英語理解出来ないし面白くない

外人はみんな同じ顔に見える!(今でもそう、、、)

学生時代の英語の成績はとても悪い!(先生に目を付けられてたレベル、、、)

でも大学受験のとき必須だったので高3でようやく勉強したくらい!

そんな僕がどうして8年もの間、海外生活を送ることになったのでしょう。
キッカケは社会人時代のことです↓↓

自分が海外に行くキッカケと一度は海外に出るべき理由はこちら↓↓

ワーホリ?なんですかそれ?

社会人3年目の時に会社を辞めます。その後の予定は立てていません。
「ヨーロッパ旅行でもしてまた再就職するかー」なんて考えていました。

ヨーロッパの文化に興味があったので一度行ってみたかったのです。

すると偶然、同時期に同じ会社を辞めた先輩が誘ってくれます。

「バイクの免許あるなら北海道一周しに行こうぜ!!
「いいですねー!」

決まれば早い!笑

知り合いのディーラーさんにお願いして安い中古の250ccバイクをこのために購入

そして会社を辞めるとすぐに旅が始まりました!

行きはフェリーで、帰りは陸路で地元千葉まで帰ります。
日本の上半分を縦断です。

ゲストハウスでの出会い

帰途の最中に宿泊した仙台のとあるゲストハウスで日本人宿泊客が外国人とお話ししていました

「英語話せるんですねー!?」
「はい、オーストラリアにワーホリ行ってて」
「ワーホリ??」
「ワーキングホリデーです。働きながらお金稼げて、、、」
「そんなのあるんだ!!いいですねー!」

知らなかった、、、こんな制度があるなんて、、、

これなら英語勉強してからヨーロッパにいけるじゃないかー!

早速ワーホリについて調べ、留学エージェントを見つけて相談。

「ワーホリってみんなどこ行ってますかね?」
「オーストラリア・カナダが受け入れ多いですね」
「カナダ寒いですよね、オーストラリアだとどこが多いですかね?」
ブリスベンは学生が多いですよ」
「へー、じゃあそこにします(場所よく知らないけどwww)」➡手続き

どんな場所かも知らずにほとんど即決しています。

その2ヶ月後にはオーストラリアでの海外生活が始まりました。

最初はざっくり半年で帰国予定!

オーストラリアの滞在計画は2か月学校2か月仕事2か月ラウンド(オーストラリア周遊旅行)
という相当なめた計画でしたwww

半年後に友人の結婚式があったので日本に帰らないといけなかったのです。

けれど実際は、

3か月英語語学学校(エージェントにほとんどの人が3か月ですよと言われたため。「英語なめんじゃねぇ!」って感じですwww)

2か月半仕事(日本食の寿司レストランで半ば強引に雇っていただきましたwww今ではこんな短い期間では門前払いでしょう。その時のオーナーはオーストラリア生活において自分の師匠となります)

その後、当初のオーストラリア滞在半年予定がセカンドワーキングホリデービザ取得へと動き出す!(オーストラリアでは季節労働を3か月すると一年間ビザが延長されます)

つまり、半年のつもりが1年でも飽き足らず2年に延ばすという予定外の行動へ。

そう思えるほどいい国だったのですねー!

季節労働➡シドニー➡メルボルン➡ブリスベン

シドニーでは英語の資格「TOEIC」の学校に通います。

メルボルンでは10か月の滞在で農場勤務、中国人経営の日本食レストランでバイト、自分で立ち上げたシェアハウス経営を行います。

さらに自分の時間を作り、映像や写真を扱うカメラマンとして現地でキャリアを積んでいきます。

再びブリスベンに戻り、以前働いていた寿司レストランに頼み込んで短期間ですが働かせてもらいます(今では再び門前払いかもwwwありがたいことです)

2年間のオーストラリアでのワーキングホリデーを終え、次の目的地は、、、

次の目的地はドイツ!行きたかったヨーロッパ!

なんでドイツかって?当初日本での仕事を辞めた際に行きたかったヨーロッパ。

オーストラリアに行った目的もせっかくなら英語を勉強してからヨーロッパ行くことでした。

キッカケはシドニーのシェアハウスで仲良くなった日本人の友人がドイツでサッカーを挑戦しに行くことになったこと。
そして友人のもう一人がワーキングホリデービザで一緒に行くことにしたそう。

「それなら俺も!」

オーストラリアから日本に帰国して3か月後。
次はドイツへと旅立ちます。

ドイツへワーキングホリデービザで渡独。

ドイツに着いてからまず家探し!職探し!

「知らない勢い」とはすごいものですぐ決まりました。

到着3日後には住み込みのバイトゲット!

オーストラリアでの寿司屋でのバイト経験を活かし韓国人シェフの寿司屋で働くことになりました。
しかも部屋も提供してしくれる!

ドイツ・デュッセルドルフは日本人の町で有名です。なので日本食レストランがたくさん立ち並ぶ町。
ヨーロッパで活躍する日本人サッカー選手はこのデュッセルドルフで飲み会することも多いです。

言葉が話せなくても働ける?ドイツ編

  • 1、ドイツ語韓国語、少し英語を話すシェフ
  • 2、英語と日本語を話す自分
  • 3、ウエイトレスで働くドイツ語と日本語を話す日本人女性
  • 4、日本語と韓国語を話す韓国人のサポートシェフ

という何とも複雑のようで意外とうまくいったコミュニケーションドイツでも働くことができましたwww

シェフにはかわいがってもらい、毎食まかないもいただけたのでシェフと二人で毎晩ビールを飲みながら閉店後に夕食を共にしていました。

ヨーロッパ滞在の目的はカメラ活動!

その後、ドイツ語学学校に1か月通うも言語取得までの道のりの長さを感じ断念、、、
英語に似ているようで全然違うドイツ語。男性名詞女性名詞?言語学って大変です!

オーストラリアから続けてきたカメラマンとしての活動もドイツでの大きな目的でしたが、言語の壁、敵の多さに断念。。。

カメラの技術はオーストラリアよりもヨーロッパの方が断然高い!
日本人向けに展開しようと思いましたが、それもうまくいきませんでした。

それでも好きな写真を撮ろうとドイツ滞在中からヨーロッパ旅行に繰り出します。

次の目的地は?またオーストラリア!

ヨーロッパ・ドイツでの生活に見切りをつけ、日本に戻ろうかと考えていたころ、以前オーストラリア・ブリスベンで働いていた時に仲良くして頂いていた店長さんから連絡が入ります。

「ヨーロッパの暮らしどう?」
「いや~、やりつくした感あるのでこの辺で日本へ帰ろうかと~」
「じゃあ、行くとこ決まってないならうちに戻ってくる??ビザサポートできるよ
「本当ですか!?じゃあお願いします!」

ビザサポートは就労ビザ➡永住ビザをサポートしてくれるということ。

オーストラリアの住みやすさに魅力を感じていた自分にはうれしいお話でした。

働きながらカメラの仕事もして暮らしてみようかな~というのが当初の目的。
実際にはレストランの仕事が忙しすぎて両立は出来ませんでした。

やり残し?ヨーロッパ横断旅に出る!

オーストラリアへ行く前にヨーロッパ周遊しなくては!!
ヨーロッパなんてなかなか来れませんし、仕事が始まったら自由に休みも取れません。

ヨーロッパを時間の限り旅行することにします。
ドイツからイギリス方面へあがり、ハンガリーなどのある東欧を制覇し、イスラエル、ヨルダンまで観光するヨーロッパ横断を行いました。

この旅行、まったく予定は立てていません。行きたいところをつないでいっていつの間にやらという感じ。

ヨルダンで予定していたオーストラリアへ向かう日が来たので日本は寄らずにオーストラリア帰還しました!

再び英語の勉強!ビザ取得にはIELTSのスコアが必要!?

学生ビザでオーストラリアへと戻り、就労ビザ取得のために必要なIELTS(オーストラリア版TOEIC)の勉強と、オーストラリアで社員として働くために必要なノウハウを勉強していく日々が始まります。

そして1年後には無事就労ビザ取得、その1年後には永住ビザ申請にまでこぎつけました。

オーストラリアで突然の移民制限。永住が難しくなる!

オーストラリアはここ数年で大量流入した移民を規制し始めます。

ビザ取得への必要条件も見直され、「英語が話せる、必要最低限のコミュニケーションが取れる」ことが盛り込まれるようになります。

まあ当たり前といえば当たり前ですが、、、今まではそうでなかったということです。

さらに狙いを率直に言えば
「イギリス系の移民や英語をネイティブクラスで話せる人だけにする」ということ。
今は、中国やインドの移民が大量に流入してしまいましたから。。。

ビザ申請後、通常半年から1年で結果が出るところ、法改正もあったため、なかなか結果が出てきません。
オーストラリアでの2回目の生活が始まってから4年半大きな決断を下します。

日本帰国!日本で生活することを決める!

様々な理由がありますが、大きな要因の一つは昔ほど日本の生活を嫌わなくなったことによります。

毎年、2週間は日本に帰国して家族や友人に会いに行っていましたが、最後に行ったときに
意外と日本の生活も悪くないかもなー」と思えてきていました。

今までは「窮屈」とか「生きづらい」なんてマイナスイメージが先行してしまいましたが、
「便利」とか「食べ物おいしい」とか優先するものが変わってきたようです。

ただでは帰らない!再び旅が始まる!

日本に帰る前に行きたいとこ行かないと!!

ずーっと行きたかったのはアメリカ!!

長期休みがないと行けないよねーと思いながら数年が経ち、どう考えても今がチャンス!!!

とはいえアメリカのどこに行きたくて、何をしたくて、だなんて細かいことは全く分からないのだけれど、

とりあえず行ってみるのです。

さらにせっかくなので、昔10か月も滞在したメルボルンに再び行き、ニュージーランドにも行ってみます。

ニュージーランドはお隣さんの国なのに行ったことなかったし興味もなかったwww
けれどせっかくなので行ってみました。北島と南島。

南島はサイコー!!でした!オーストラリアとは違った大自然!ニュージーランド素晴らしすぎました。

そこから4歳の時に行ったハワイ。記憶に全く残ってません。大人になってまた来てみました。

その後、北アメリカ大陸に入り、カナダ・アメリカの旅が開始します。

「行きたいとこ分からないけどとりあえず有名どこは全部行きたい!」

とまたざっくりとした旅の計画でアメリカ・カナダでの1か月半の旅を終えます。

ニューヨークからスコットランドへと渡り、イギリス観光を終えて、自身のバッテリー切れにより旅は完結。
約4か月の旅でした。

そして日本へ帰国、今に至ります。

今だからこそ手軽に行ける海外。それでも不安でなかなか一歩目が踏み出せない方へ↓↓