yochiを支援する 初めに読みたい12記事

【シアトルの穴場観光】に行ってみた!おススメルート解説!アメリカ旅行記ブログ

アメリカ大陸横断旅行記

シアトル観光3日目はダウンタウンから北側エリアを散策していきます。

北側エリアの注目の観光スポットは下記の通り。

  • オリンピック彫像公園
  • スペースニードル
  • Amazon本社
  • キャピトルヒル
  • ジミ・ヘンドリックス像
  • スターバックス
  • リザーブロースタリー

今回はシアトル最終日、北側観光モデルコースを旅した旅行記ブログです。

シアトル北側エリア観光!ローカルから最先端まで

シアトルダウンタウンの北側エリアの観光コースは、海沿いのオリンピック彫像公園から時計回りに一周していきます。

今回泊まった宿がパイクプレイスマーケットから近かったので全て歩いて移動しました。

地元民の憩いの場!オリンピック彫像公園

ピアー66から海岸沿いを歩きます。
この辺は大型船も止まる船着き場。ここから北に進むとオリンピック彫像公園があります。

21点もの彫刻作品が展示されている公園です。

謎の彫刻もあります。。。

著名な方が作った彫刻もあるそうです。
それ以外とくにめぼしいものはなく、公園はランニングやベンチでのんびりしたり、ママさんたちの集いの場になっていました。

シアトルのランドマーク!スペースニードル

スペースニードルは1962年の万博博覧会の時に建てられたシアトルのランドマーク。
上には空飛ぶ円盤、胴体部分は砂時計をモチーフにして作られたそうです。

上には登りませんでしたが外観とお土産だけ楽しみました。

入場料は $32.50 – $37.50 です。結構高いです。
スペースニードル公式サイト

フォトジェニック!チフーリガーデン&ガラス

スペースニードルの隣にあるのがチフーリガーデン&ガラス。

世界的に有名なガラスアーティストが手がけたミュージアムです。
華やかな色使いでフォトジェニックな場所みたいです。

自分は中には入場しませんでした。入場料$26。

虹の出る噴水!

途中で人工的に虹を作っている噴水を発見。

これはなかなか画期的に思いました。
噴水は公園によくあるけれども、常に虹ができ続けている噴水はあんまり見たことがないです。

水の出る強さや向きが変わるのでそれを作り上げているのではないかと思います。
あと噴水の下にも降りれるみたい。

濡れるの覚悟で下に降りて犬の散歩させてる人がいました。

最先端!サウスレイクユニオン ・アマゾン本社

スペースニードルの公園から東にあるアマゾンの本社オフィスがある地域に20分ほど歩いていきます。

以前は寂れた倉庫街であったサウスレイクユニオン。

ここを再開発し、アマゾンの本社が建てられました。

ちょうどお昼時だったのでカジュアルな格好したおそらくアマゾンの会社員?が外で販売しているケータリングを買いに外に出てきていました。

なんだか小綺麗でスマートな会社員という感じがでていますwww

本社はどこかなぁと思っていましたがここ一帯がアマゾンが所有している地域みたいですね

シアトルにアマゾンが来た弊害

シアトルにアマゾンが来た弊害として、昔ながらのお店は立ち退きにより姿を消し、さらには地価が上昇。

家賃の引き上げがおこり、古くからの住人やお店が出て行かなくてはいけない状況もあり得るそう。

当然貧富の差も激しくなり、ホームレスの多い状況につながっているのかもしれません。

再開発地! Capitol Hill・キャピトルヒルエリア

おしゃれなスタバを発見

さらに東に30分ほど歩くとサウスCapitol Hillエリアがあります。

1990年代前半まではシアトルのファッションやアートの中心だったそうですですが、2000年になる前から寂れていきました。

ですがビルやアパートの再開発が進んでいき、人気が出てきているようです。

歩道がレインボー、同性愛の象徴です。

ランチに人気!低価格ハンバーガーショップ

近くにローカル民御用達のハンバーガー屋さんを発見。
値段がめちゃくちゃ安いので食べてきました。

でも食べるスペースはありません。立ち食いスペースがあるだけです。

一番大きいハンバーガーで$3.4。この値段なら満足です。

ちょっとぐちゃぐちゃ?

見た目は悪いですが、食べれました。

偉大なギタリスト!ジミーヘンドリックスの銅像

ジミーヘンドリックスの銅像がブロードウェイストリートを下ってくると見えてきます。

通称ジミヘンはローリングストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリストにおいて1位に選ばれているすごい人。

史上最高のロックギタリストとも呼ばれてます。1960年代に活躍した人で27歳の若さで亡くなっています。

場所がわかりにくい方は下記アドレス参照↓↓
1600 Broadway, Seattle

お店の前の歩道にちょろっとあるだけなので最初見逃してしまいました。

Google マップを見て場所を突き止めましたが意識しないとわからないかもしれません。

ファン必見!スターバックス リザーブ ロースタリー

この近くにシアトル大学やスターバックスの新名所であるスターバックスのリザーブ ロースタリー もあります。

場所はこちら↓↓
ロースタリーテイスティングルーム

スターバックスのコーヒー焙煎工場の中にラウンジや試飲、カフェスペースがあるスターバックス好きなら必ず行っておきたい場所です。

事前情報がなかったので今回の旅行ではいけませんでした。。。

移動しにくかったシアトル観光コース

シアトルは見どころが点在していてバスはあるものの観光しにくいかもしれません。
今回の観光コースはすべて歩いたので移動が大変でした。

アメリカで流行しているライムバイクがシアトルにあるので使えば楽に移動できます。

ポートランドにもあったので登録して利用すればよかったです。

アマゾン本社は雰囲気を感じるだけで内部観覧などできないので観光地としてはなんとも言えないかもしれません。

キャピトルヒルもローカル色のある町で低所得者層が集まっているエリアに見えました。

シアトルのローカル民の雰囲気を味わう意味で今回のコースはよかったかもしれません。

シアトル旅行の参考にしてみてください!

コメント