\Gotoキャンペーンの利用方法とは?【エアトリ】/

【オーストラリア・ワーホリ】ファームに行くべき?経験談とデメリット

オーストラリア旅行

オーストラリアのワーホリホリデービザは一定の条件を満たすとセカンドワーキングホリデービザを取得できます。取得条件含めて簡単にいうと季節労働を「88日間」就労するとワーホリビザがもう1年延長されるという制度です。

「季節労働」とはファーム(農場)仕事のことで季節の作物の収穫が主なお仕事です。

自分はオーストラリアで7年間滞在し、そのうち2年間はワーホリビザでした。もちろんファームへ行って季節労働をしてきました。自分の経験談からいうとセカンドビザの取得はオススメしません。

今回はなぜセカンドビザを取得しに行くのか、そしてファーム仕事をオススメしない理由をご紹介したいと思います。

【オーストラリア・ワーホリ】ファームに行くべき?経験談とデメリット

「オーストラリア」でのワーホリを体験してさらに延長したくなる気持ちはわかります。ですが自分がファームへ行き、セカンドビザを取得した経験からいうとオススメできません。

▼その理由がこちら

  • ファームでの長期滞在は無駄である
  • 英語力はさほど伸びない
  • ファーム仕事がコンスタントにあるわけではない
  • 本来の目的を見失う

一つずつ詳しく見ていきます。

【オーストラリア・ワーホリ】ファームでの長期滞在は無駄

オーストラリアのセカンドビザを取得するためには88日間の季節労働が条件です。最短で3ヶ月ほどですが、休日や休みの日は含まれないので4~5か月かかることがほとんどです。悪いファームでは半年ほどかかります。

天候の乱れで収穫時期がずれたり、収穫が早く終わってしまったなど予定通りに進まないことが多いためです。さらにファームの仕事がなくても収穫時期まで待つか別のファームへ移動するかなど思っている以上に複雑です。

1か月ほどのファーム仕事は良い経験になりますが、農家を目指しているわけではない限り、無駄な時間だと思います。

【ファームのデメリット】ワーホリの英語力が伸びない

ファーム仲間のほとんどはビギナーレベルの英語力です。語学学校に行かず、お金目的のワーホリが多いので英語を上達させられる場ではありません。比較的ヨーロピアンは英語が上手に感じるかもしれませんが、それでも第二言語であり、それぞれの国の「癖」があります。

英会話初心者が正しくない英語を聞き続けるとその「癖」が自分に移り、抜けなくなるので注意が必要です。

【ワーホリ】ファーム仕事は場所によって給料が低い

「稼げるファーム」もありますが、それにたどり着けるのは一握りです。ほとんどが歩合制であり給料は低く、収穫のない時期は休みが増えるなどしてお金の面では恵まれた環境ではありません。

セカンドビザ目的の方は途中からお金を稼げなくても、条件日数を早く満たしてこの状況を脱したいと思うようになります。

自分がファームで働いていた時は3か月半ほどで5,000ドルほどのお給料しかもらえませんでした。

【オーストラリアのファーム仕事】ワーホリの本来の目的は?

自分が働いたファームは近くのスーパーマーケットまで車で1時間かかる田舎町にありました。なので1週間か2週間に1度しか買い出しにいけません。

周りには何もないので仕事のない日は家で英語の勉強をするか、保存しておいた映画を見るくらいしかやることはないです。このようなファームの立地と不便さは珍しい話ではありません。

初めのうちは新鮮な経験で楽しかったですが、1ヶ月も経つと「オーストラリアに来て何をしているんだろう」と本来の目的を見失いかけました。いわばセカンドビザ取得のための軽い軟禁状態です。

セカンドビザ取得を目標とし、2~3か月過ごした後は途中でやめる決断も難しくなります。

関連図書


Kindle unlimitedなら対象の旅行ガイドブックやドライブ関連書籍が読み放題です。

\30日以内の解約ですべて無料!/
✔月額980円で読み放題
✔漫画・雑誌・ビジネス書など200万冊以上

【関係記事】kindle unlimitedでお得に旅行ガイドブックを購読!

【オーストラリア・ワーホリ】ファームの必要性とは?

それぞれ目的を持ってオーストラリアのワーホリへ来ていると思います。「英語を習得」や「人生経験を積む」、「性格を変えたい」、「何かキッカケを掴むため」、「お金を稼ぐため」などなど。

その目的に対して、セカンドビザやファーム生活が必要であれば良いですが、そうでない方が4~5か月ほどの意味のないファーム生活をするのは疑問に感じます。

それならばワーホリの1年間を別の形で充実させた方が英語上達や経験に繋がります。

1年間過ごしてみてそれでも延長したいのであれば学生ビザを取得する方法もあります。通常の語学学校より安値で週5回行かなくても週2回ほど通えば良い学校もあるのでエージェントに相談してみてください。

【ワーホリ2年目の選択肢】オーストラリア以外の国

英語圏でワーホリができる国はイギリス・カナダ・ニュージーランドもあります。オーストラリアに固執せず、2年目は違う国は行って経験を積んでみるのはどうでしょうか?

すでにオーストラリアで英語に慣れているのでより良い仕事に就けるかもしれません。

現在では移民規制が厳しくなったので永住権取得は大変厳しいです。皆さんは目的に応じたワーホリプランを考えてセカンドビザ取得するかを決断してみてください。

【関連記事】ワーホリ・留学