yochiを支援する 初めに読みたい12記事

【バイクシェアが超便利!】料金と使い方・レンタル方法を解説!【トロント観光】

アメリカ大陸横断旅行記

トロント観光するならバイクシェアがおススメ!

トロントの街は大きいのでとても歩いて観光できません。

そんな時に使えるのがバイクシェア。
今や世界で流行しているバイクシェアは多くの観光都市に設置されています。

会社によって使い方が変わるのでトロントバージョンを詳しく解説します。
今回はトロント旅行記ブログおすすめ移動方法紹介編です。

【バイクシェアが超便利!】料金と使い方・レンタル方法を解説!【トロント観光】

以前バンクーバーを観光した時も大活躍したバイクシェア。

トロントでも街の中にいくつものステーションが設置されており、そこに自転車が設置されています。

解錠から30分間乗ることが出来き、30分以内にまたステーションに戻せば一定料金で使用できます。

トロントのバイクシェア使用料金は?

一回だけの利用:$3.25
一日乗り放題:$7.0
三日乗り放題:$15.0
年間パス:$99.0

オススメは一日乗り放題プランです。

1回の利用を2回すると1日乗り放題と同じくらいの値段になります。
観光で来られている方は3日間乗り放題がお得。

3日間乗り放題にすれ1日$5ほどで済みます

1日は24時間継続されるので次の日まで持ち越すこともできます。

注意として30分の返却時間を超えてしまった場合、追加で$4が加算されます。

これは毎回徴収されるので一日に二回超過したら$8請求され、非常にもったいないので30分以内に返却しましょう。

バイクステーション設置場所

トロント中心地に360ものバイクステーションが設置されています。

主要道路を少し走ると次のステーションが見えてくるくらい頻繁に見つけることができて便利です。

Share Bikeのウェブサイトから転用したものですが、広域地図ではどこにあるのかわりません。

Available Bikesで現在ステーションにバイクがいくつあるのかがわかり、
Available Docksで返却時に必要な空所がいくつあるのかこちらのサイトで確認できます。➡system map

携帯のアプリもあるので使われる方はそちらをダウンロードするといいかも
App

自分はカナダ観光時にインターネット環境にいなかったのでステーションにある地図を見て目的地を決めて返却するようにしていました。

ユニオンステーション周辺の詳細地図です。

ある程度の等間隔でステーションが作られていることがわかります。

大通りは行けばおおよそステーションが見つかると思います。

バイクシェアの借り方・使い方

各ステーションに支払機が設置されており、クレジットカードを登録します。

挿入するとモニターに指示がでるので従ってください。

デポジットとして$30ほど多めに引かれます。

これは引き落とされわけではなく保留という形で、もし超過料金が発生した場合にそこから引き落とされるというもの。

なにもなかったら自分の口座に戻ってきます。
自分の場合は一か月以上かかりました。

今回自分が利用したのは一日乗り放題プラン。

左側に残りの時間数(Time remaining)が表示されます。右側にある緑のボタンを押してコードを取得します。

二回目に乗る際もクレジットカードを挿入し、コードを取得する流れになります。

番号が表示され記憶したら右下の緑のボタンを押しましょう。

番号を乗りたい自転車の左側にあるボタンで入力します。123の組み合わせですので簡単に覚えられると思います。
乗るたびに毎回違うのでメモまでしなくて大丈夫。

返却は最初に止まっていた時のように自転車を差し込むと自動でロックがかかります。

ランプがたしか点灯すると思うので確認してください。
しっかりとロックされていないと追加料金を払うことになりかねません。

トロント観光や日常生活にも役に立つシェアバイク!

トロントは大きな街で観光名所も適度に距離が離れているので歩いては回れません。

かといってバスや電車を使うほどでもない。
そんな時に自転車は大きく役に立ちます。

シェアバイクの利点は乗り捨てができること。

名所にたどり着き、入り口と出口が別の場所でも次のステーションが近くにあればそこから移動を再開できます。

これにより、戻る体力も時間もかけなくて済みますね。

ウォーターフロント側はサイクリングも気持ちがいいのでバイクシェアで回ってみるのも楽しいと思います。

バイクシェアの公式ウェブサイトはこちらです➡https://bikesharetoronto.com/

簡単!最安値検索ができる海外レンタカー比較サイト

コメント