\Gotoキャンペーンの利用方法とは?【楽天トラベル】/

【因島・白滝山展望台】登山口への行き方と絶景写真・五百羅漢・恋し岩

日本旅行記

広島県尾道市の瀬戸内海に浮かぶ島・因島に位置する「白滝山(しろたきやま)展望台」。頂上から瀬戸内海としまなみ海道の島々が望める絶景スポットです。

1569年、因島村上水軍当主が観音堂を建立したという歴史があり、頂上までの道のりに大小約700体の五百羅漢の石仏が並んぶ光景も一興。今回はこの因島の「白滝山展望台」登山口への行き方と頂上の絶景写真、恋し岩の伝説をご紹介します。

✅GoToトラベルキャンペーンでお得に国内旅行!


国内旅行は最大35%OFFになるGoToトラベルキャンペーンを有効に活用しましょう!

対象となる旅行の条件は、GoToトラベル事業の支援対象の旅行であることです。日帰り旅行でも、条件付きのセットプランで適用されるのでチェックしてみてください!!!

▼Go To Travelキャンペーンを利用できる主な旅行会社は以下です。

【因島・白滝山展望台】登山口への行き方と絶景写真・五百羅漢・恋し岩

【因島・白滝山展望台】登山口への行き方

白滝山展望台まで尾道から車で30分ほど。今治からは50分ほどの距離にあります。自転車で来る方は直線距離で13㎞ほどですが、橋を越えたり山道を登ったりと高低差があるので地図で見るよりハードです。尾道から向島まではフェリーを使うと遠回りする必要はありません。

【因島・白滝山展望台】2か所ある登山口駐車場に注意

白滝山展望台には「 白滝フラワーライン駐車場 」と「 白滝山登山口駐車場 」の2か所の駐車場があります。

白滝山登山口が正式な参道で30分ほどの登山ルート。白滝フラワーライン駐車場からは5分ほどで山頂に行くことが出来ます。目的に応じた駐車場を選択してください。

【因島】登山口から白滝山展望台への道のり

今回は「 白滝フラワーライン駐車場 」から山頂を目指します。 駐車場スペースは10台ほど。

駐車場に着いていざ登ろうかと入口へ行くと「立ち入り禁止」のテープでふさがれていました。

どうやらちょうどこの1時間前にスズメバチの被害があったようです。
どうしようか悩んでいたところ、上からここの「管理人」さんが降りてきて「気を付けてのぼっていいよ」と話してくれました。

登山道の右側をゆっくりあるいて行けば大丈夫とのこと。ほかの観光客はそれを聞いて引き返しましたが、せっかく来たので自分たちは登ることにしました。

山頂まではここから5分ほどの道のりです。

無事、スズメバチに襲われずに表参道に合流ここから山頂までは100メートルほどです。

【因島・白滝山展望台】白滝山観音堂と恋し岩の伝説

山頂の前にある社務所「白滝山観音堂」へ到着しました。ここで見ておきたいのが「恋し岩」。

かつて力士との恋に落ちた女性が約束の3年を待っても帰ってこないことに嘆き自殺します。一人前の力士となり戻ってきた彼はそれを知って嘆き悲しみ、あるお告げによって彼は大きな岩をこの山頂まで運び供養をしたというお話。

その岩がこちらです。狭い場所にあるので写真はうまく撮れませんでした。大きさだけでも伝わるといいですが、重さは100キロ以上あると思います。

【因島・白滝山展望台】五百羅漢

約700体ほどある五百羅漢の石仏。それぞれに喜怒哀楽の表情が描かれており、石仏の中には自分とよく似た顔があるともいわれています。

1827年に作られ、3年余りの年月がかかったそうです。

【因島・白滝山展望台】頂上からの絶景写真

標高227mから瀬戸内海を見渡すことができる白滝山の絶景。こちらは生口島方面を見渡した景色です。因島の低地は埋め立てられた場所がほとんど。現在はそこに住宅地が広がっています。

こちら側からは「因島大橋」とその先に「向島」を見ることができます。かつての歌人、吉井勇が白滝山の山頂から「白滝の山に登れば眼路広し、島あれば海、海あれば島」と詠んだ絶景の地です。

因島水軍城方面の景色。かつてはこの山頂から海上警備をしていました。

先ほど通った五百羅漢は山頂からこのように見えます。

鐘は自由に鳴らすことが出来ました。

鐘を含めた絶景写真。

白滝山は夕日スポットとしても人気があるのでうまく時間を合わせて訪れてみてください。

✅GoToトラベルキャンペーン適用のお得な旅行会社

楽天トラベル|最大2種類のクーポンと併用可能でさらにお得!!
楽天トラベルのGoToトラベル対象商品をチェック!

HIS|日本最大手の旅行会社!
▶HISのGoToトラベル対象商品をチェック!

エアトリ|航空券・レンタカー・ホテルをまとめて予約!
▶エアトリのGoToトラベル対象商品をチェック!

因島に来たら白滝山展望台・五百羅漢は外せない!

ポルノグラフィティの出身地でもある因島。尾道から日帰りでサイクリングやドライブが楽しめる観光スポットです。因島水軍城や自転車神社も見どころの一つ。

1~2日あればしまなみ海道の島々を巡ってみることをお勧めします。絶景やグルメ、歴史スポットなど観光スポットが豊富で充実した旅行が楽しめるはず。是非訪れてみてください▼