\Gotoキャンペーンの利用方法とは?【楽天トラベル】/

【スラッシュリーディングとは?】やり方と英文読解に役立つ速読テクニック

英語勉強法

英語試験の最大の難関ともいえる長文読解。ページ一面にぎっしりと埋め尽くされた英文を見るとうんざりする方も多いのではないでしょうか?

漠然と読み進めてもポイントはなかなかつかめません。そこでオススメしたいのが「スラッシュリーディング」です。

スラッシュリーディングとは英文に「スラッシュ」を書き込み塊ごとに切ることで文章を読みやすくする速読法です。

これによって文章構造を視覚的に理解でき、読み進めたときに内容を把握しやすくなります。

今回は英文読解・速読に役立つスラッシュリーディングのやり方と、そのほかの速読テクニックについてご紹介します。

【人気記事】kindle unlimitedで読める英語学習に最適な参考書

【スラッシュリーディングとは?】やり方と英文読解に役立つ速読テクニック

スラッシュリーディングのやり方はシンプルです。英文中の以下の部分にスラッシュを入れて読みやすくして行きましょう▼

✅スラッシュを入れる位置(参考)

  • 前置詞の前
  • to不定詞の前
  • 接続詞の前
  • 主語の前

ポイントは、英文を節ごとに区切って内容を理解することです。

関係代名詞や接続詞の前にスラッシュを入れて、英文を読みやすくします。では具体例を用いて解説していきます。

【スラッシュリーディングのやり方】実践編

下記英文は、原文と実際にスラッシュを入れた英文の比較です。

I confess / that there are several parts / of this constitution / which I do not / at present approve.

原文:I confess that there are several parts of this constitution which I do not at present approve.

スラッシュを入れることによって、漠然と英文を見るよりも視覚的にどこを注釈してみるべきかがわかりやすくなったと思います。

この英文のポイントは、「I confess!」→that 以下解説→of 以下解説→which 以下解説 という流れになっており、それぞれが隣の文節を解説しているということです。

続いて、1パラグラフすべてにスラッシュを入れてみるとこのようになります(例)▼

I confess / that there are several parts / of this constitution / which I do not at present approve,/ but I am not sure / I shall never approve them: / For having lived long, / I have experienced / many instances / of being obliged / by better information / or fuller consideration,/ to change opinions / even on important subjects, / which I once thought right,/ but found to be otherwise.

スラッシュを入れることで、単純に英文が羅列されているよりも読みやすくなりました。

スラッシュリーディングのメリット

スラッシュリーディングは視覚的に読みやすくなる他に、英文を前から読みやすくなるというメリットがあります。

英語と日本語ではS+V+Oが入れ替わるため「後ろから読み返す」ことで意味をつかみやすくなりますが、それはテストにおいてそれはタイムロスに繋がります

スラッシュリーディングを使って文節ごとに読み進めるトレーニングをしてみましょう。

先ほどの例をスラッシュリーディングを使って訳してみるとこのようになります。

私は告白します/いくつかの部分があります/憲法の/私が認めていない

日本語としては気持ちの悪い文章ですが、大筋の内容はつかめると思います。また、スラッシュを入れることでどこで区切るべきかわかりやすくなりました。

スラッシュリーディングの注意点

スラッシュリーディングをする際に注意してほしいことは、文章をスラッシュで切りすぎないようにすることです。

夢中になって読み進めるとついついスラッシュを入れ過ぎてしまいますが、逆に内容がよくわからなくなります。

スラッシュは、なるべく「文節」を意識して入れることがポイントです。文節で区切られる前後には、前置詞や接続詞などのキーワードがあるはずです。

スラッシュリーディングは、TOEICのテストでは使えないので注意してください。TOEICは問題用紙への書き込みを禁止しており、書き込んだ場合は最悪「無効試験」となります。

【人気記事】英語学習におすすめの海外ドラマ12選!

【ほかにもある】スラッシュリーディングのやり方とその応用

スラッシュリーディングのほかにも英文を読みやすくする方法があるのでご紹介します。

【スラッシュリーディングの応用】修飾関係を明確にする

先ほどは節を意識してスラッシュを入れましたが、少し応用してこの節がどこへ起因しているかまで書き込む方法です。

名詞節・副詞節・形容詞節を意識して、どの単語を修飾しているかまで視覚的に理解できると英文の読解力が高まります。

この英文では、2行目から3行目にかけての()が「many instances」を補足している節だとわかれば、3行目の to 以下と結びつき読みやすくなります。

また、they や it などの代名詞がどの言葉を指すのかを、英文を読みながら追加で記載するとさらに英文を読解しやすくなります。

スラッシュリーディングとディスコースマーカー

ディスコースマーカー(論理マーカー)とは、文と文との論理的関係を示すことば(接続詞・副詞(句)・前置詞句など)のことです。

簡単にいえば、「この言葉がくれば、このような展開になるよ」という目印にあたる言葉です。

この手法を理解することによって、読んだ先の展開が予測できるようになり、長文読解においては速読の手助けとなります。スラッシュリーディングと合わせて覚えておきましょう。

具体的なディスコースマーカー(論理マーカー)は下記です。

✅ディスコースマーカー一覧(参考)

  • 「逆接」but, however
  • 「対比」 on the other hand, while
  • 「具体例」 for example, for instance
  • 「追加」 in addition, also
  • 「言い換え」 in short, in other words
  • 「結論」 as a result, after all

では、下記の例文で具体的に解説します。

ここでは、「but」と「 :(セミコロン)」のディスコースマーカーが出てきました。

そして、ディスコースマーカーとその直後の英文だけをざっくりと訳してみるとこのようになります。

「私は告白する!~~~しかし!I`m not sure~~~:(すなわち)私は経験した~~~しかし!別の方法を見つけ出した!」

この文章では「しかし」以下が主張であり、「すなわち」が言い換え・具体例を表しています。

このようにして、要所をシンプルに訳してみると大まかの文章構造が理解でき、なんとなく言わんとしていることが見えてきます。

ディスコースマーカーについてざっくりとした説明になりました。

詳しくは、ディスコースマーカーとは?英文読解に必須な速読テクニックをご覧ください。

スラッシュリーディングに関する参考書

ではここからスラッシュリーディングに関連したオススメの参考書をご紹介します。

スラッシュリーディングに関連する書籍は、速読の参考書に含まれるようです。

「究極の英語リーディング」は、スラッシュリーディングや、英語の音声を聞きながら読むトレーニングを行い、速読へとつなげる一冊です。

中学生レベルのやさしい単語で書かれているので負担が少なく、途中で挫折することもありません。

「英語スラッシュ・リスニング トレーニング」は、「スラッシュ・リスニング=区切り聞き」を軸に、シャドーイングやクイックレスポンスといった、プロ通訳養成メソッドを取り入れたリスニングトレーニングブックです。

「一発で聞き取れて、英語の順で理解する」を実感できます。

「毎日の英速読」は、TOEIC界のカリスマ、神崎正哉先生とバーダマン,ジェームス・Mが王道の「速読法」を伝授する一冊です。

著者によると、TOEICの試験が時間通りに終わらない根本的な原因は、英文を読むのに時間がかかりすぎているとのこと。なので、英文を「140WPM」のスピードで読めるようになれば、全問題が時間不足なく解けるようになるのだそうです。

本書では、英文が前から読めるように、文の区切りにスラッシュが入っており、音声も通して読んだバージョンと、このスラッシュに合わせて少し間が空いているバージョンと2通り付いてます。

中級者~上級者レベルを対象としており、英文の戻り読み防止対策としてオススメの書籍です。

【関連記事】kindle unlimitedで読める英語学習に最適な参考書

【スラッシュリーディングのやり方】まとめ

ここまでスラッシュリーディングのやり方と速読に役立つテクニックについて解説してきました。これらは英文を読みやすくする基本的な読解方法です。

文章を視覚的に読みやすくすることで設問回答の時間短縮につながり心の余裕を持って試験に挑むことができますね。

みなさんも是非実践してみてください。

また、英文読解にお悩みの方は、オンライン英会話を受講して「試験対策」を学んでみることもオススメします。

下記2社では「TOEIC対策」などの講義も行っており、価格は、毎日25分のレッスンを受けても6,000円ほどと安価です。2回分の無料お試し期間があるので試してみましょう。

✅オススメのオンライン英会話

「レアジョブ」▶受講会員数70万人を超えるオンライン英会話最大手!
※TOEIC試験対策コースでリスニングとリーディングの総合的なスキルアップが可能

「DMM英会話」業界No1!多国籍な講師陣と安定のコンテンツ内容
※豊富な教材と最適なレッスンで、リーディングを重点的に学ぶことが可能

【関連記事】英語勉強法