\旅行で使える英会話勉強法を公開/

【英語勉強法】ワーホリ期間中に実践すべき英会話学習方法

ワーホリ・留学の仕方

ワーホリ経験者が「1年経っても英語が話せない」とか「英語を話さなくても生活できた」などはよく聞く話です。渡航前に思い描いていた英語スキルまで到達せず、日本に帰ってきて「何をしてきたの?」なんて言われる方も多いかもしれません。

実際、日本での英語学習を相当積んだ方ではないとワーホリ1年間の「短期間留学」で英語習得することは難しいです。ですが、自分で英語を学習する意識を常に持ち続ければ英会話レベルを向上させることができます。

そこで今回はワーホリの方々に是非実践してほしい英会話学習方法についてご紹介します。

【英語勉強法】ワーホリ期間中に実践すべき英会話学習方法

ワーホリ渡航前の学習すべき英語の基礎と英会話

まずは英語の基礎勉強(中学生レベル)のおさらいと自分でできる範囲で英会話の練習をワーホリ渡航前に必ず始めておきましょう。文法よりも英会話の練習が重要でリスニングやスピーキングを重視して勉強するようにしてください。

留学前に始めておきたい英語の勉強はこちらの記事をどうぞ。

【ワーホリ】語学学校でやるべき英会話学習は?

現地の語学学校では文法や英会話の基礎をレベルごとに学んでいくことになります。多くの日本人は文法を得意としていますが、英会話を非常に苦手としています。

海外で1番学ぶべき事は英会話であり、多くの方がワーホリに来た理由だと思います。なので無理してでも学校の先生やクラスメートと会話をして実践的に英会話を学習しましょう。

常にだれかに話しかける意識を持ち、なるべく友達を増やすこと、学校内での人脈を増やすことを心がけて下さい。

ワーホリの1年を通して意外にも「多くの外国人と話す機会」というのは少ないです。そこで語学学校は英会話の学習に最適な場所なのでその時間を無駄にしないようにしてください。

【ワーホリ】語学学校卒業後にやるべき英会話学習は?

ほとんどのワーホリは語学学校卒業後に仕事探しを始めます。そしてその大半が日本食レストランなどの日系企業で働くために英語をあまり使わない生活になります。

英語がままならないワーホリにとってそれ自体は仕方がないことですが、バイト以外の時間で様々な経験を積むように心がけてください。

英語のスキルは同じ場所で同じことを続けるよりも様々な場所で様々な事柄をクリアしていくことによって上達していきます。

例えば「仕事の面接を受ける」「役所で手続きをする」「家を借りる」「ビジネスを立ち上げる」「旅行の手続きをする」などなど。

個人対ビジネスで会話をするとそれなりの緊張感があり、目的を達成するための言葉を発するので責任が伴います。わからないことをうやむやにすることもないでしょう。

ワーホリでもこのような体験はいくらでもできますし、やり方次第で英語は上達できます。

【注意】バイトに依存しないように

ワーホリで英会話が上達しない理由として、語学学校を出た後に英語の勉強に集中できていないことが大きな原因です。英語漬けの生活をしていた語学学校から出ると日本語環境の職場で英語をあまり使わない生活が始まります。

本人もいつの間にか「お金を稼ぐ」ことに目的が変わり、経験を積むよりもバイトばかりする方も少なくありません。自分で上手にコントロールして英語を使う機会を増やすように心がけましょう。

【ワーホリ英語勉強法】自主学習時間も重要

誰かと会話する意外にも毎日の自主学習時間を必ず設けるようにしてください。その日に実践したことや明日試してみたいことなどを予習復習して日々進歩していきましょう。

また、【英語勉強法】留学へ行く前に習得すべき英会話と練習法 で紹介したようにシャドーイングとディクテーションを使っての英会話のトレーニングを継続してください。

シャドーイングとは音声を聞いた後、即座に復唱する勉強法でリスニングやスピーキング能力の改善に効果を発揮します。

ディクテーションとは、聞き取った内容をテキストに書き起こす勉強法です。なんとなく会話内容は理解できてもこの方法で細かな単語まで理解する能力が鍛えられます。

留学中には友人同士の英語の会話を録音して、自分が理解できなかった内容をディクテーションしてみるのも非常に効果があります。特にネイティブ同士の会話は海外滞在歴が長くても聞き取るのは難しいです。

【シャドーイング・ディクテーション】オススメの作品

シャドーイングやディクテーションにオススメの教材は洋楽や洋画・海外ドラマ・アニメなどの映像作品です。1曲もしくは短いシーンを丸々暗記してみるなどして繰り返しトレーニングしてください。

大事なポイントはなるべくモノマネをして発音を似せること。英語の強弱や細かいアクセントなども自分の口から発音できるようになると良いですね。

海外ドラマ「フレンズ」は英語学習の定番で、ドラマを何回も見てシャドーイングをしたという留学生も多かったです。これらは日本人界隈ではあまり知られていないと思いますが海外では一般的な英語勉強法です。

最近では動画配信サービスが発達しており、低価格でコンテンツ動画を視聴できるようになりました。「フレンズ」も見れるHuluは英語字幕付きの海外ドラマや映画が豊富で英語の学習に最適です。

最初の2週間は無料なのでお試しで視聴してみてください▼

▼英語学習に最適な英語字幕付きのHuluオススメ作品紹介です。

【ワーホリ期間中に実践すべき英語勉強法】まとめ

ワーホリでは意識しなければ英語のスキルは向上していきません。なぜなら、英語を使わなくても日常生活が送れるのです。自分にプレッシャーをかけていかない限りはそれなりの英会話能力しか身につかないのが実情です。

それでもさまざまな経験を積むように行動していけば英語に触れる機会が増えて実践的な英会話が学習できます。自主学習と併せて毎日進歩があるように心がけて生活を送ってください。