\Gotoキャンペーンの利用方法とは?【楽天トラベル】/

【オーストラリア】ワーホリ1年間に必要な費用とは?お給料と学費の目安

オーストラリア旅行記

オーストラリアでワーホリをするにはいくら準備しておくべきなのでしょうか?現地で仕事ができるとはいえ英語が話せない方は語学学校へ行く学費も考慮しなくてはいけません。

無一文で海外へ行くのはなにかトラブルがあったときに対応できない可能性があるので金銭的余裕は絶対必要です。

個人差はもちろんありますが、オーストラリアのワーホリ1年間に必要な費用の目安をご紹介します。

自分はオーストラリアで7年間滞在(うち2年間はワーホリ)した経験からおおよその必要金額を算出しています。住んでいる都市によっても金額は前後しますので「おおよそ」の金額として参考にしてください。

【オーストラリア】ワーホリ1年間に必要な費用とは?お給料と学費の目安

オーストラリアでのワーホリ1年間の費用を見積もってみました(個人差あり)▼

【ワーホリ渡豪前費用】
ワーキングホリデービザ申請費用:33500円(450ドル)
オーストラリア往復航空券:5万〜10万円
海外旅行保険費用:20万円

【ワーホリ1年間の生活費】
家賃:月5万〜7万円
ホームステイ代:月10万円
食費・携帯代・娯楽費用:月7万円(多めに見積もって)
語学学校費用:月12万円 x 3~4ヶ月分

それではそれぞれを解説していきます。

ワーホリビザ申請費用・オーストラリア航空券・海外保険費用

Exif_JPEG_PICTURE

ワーキングホリデービザは日本からインターネットで申請できます。承認されるまで時間がかかることもあるので早めに申請しましょう。

オーストラリアへの航空券は格安航空のジェットスターをうまく利用すれば片道3万円ほどでいくこともできます。片道チケットだけ購入しておけば入国可能です。

海外長期滞在には海外旅行保険は必須。病気や盗難、紛失事故をカバーしてくれる保険がいいですね。慣れない海外生活ですからこのような保険はトラブルが起こった際に対処方法もサポートしてくれるので安心です。

クレジットカードに付帯された保険でもいくらかカバーしてくれますが、短期旅行向けであることが多いです。詳しく調べて必ず1年間カバーしてくれる保険を選んでください。

【オーストラリア】家賃相場とホームステイ費用

オーストラリアではシェアハウスに住むのが一般的です。その中でも2人〜3人で1部屋に住む「ルームシェア」と1人部屋に住む「オウンルーム」で料金は変わってきます。

立地にもよりますが、おおよそルームシェアで週$130ほど、オウンルームで週$160ほどの費用を見積もっておきましょう。

オーストラリアのワーホリで語学を学びたい方は最初の1ヵ月は「ホームステイ」で生活することをお勧めします

半強制的に英語を話す環境は上達への近道ですし、現地の文化に触れる良い機会です。朝と夜の食事付きがほとんど。ホームステイに関してはエージェントごとに料金が違うので調べてみてください。現地のエージェントや学校でホームステイを斡旋している会社もあります。

【オーストラリア】ワーホリ生活での食費と娯楽費用

オーストラリアは物価が高いので食費や娯楽費用は多めに積もりました。一回の外食ではおよそ1500円ほどかかりますが、自炊をすれば食費は安く抑えられます。農業が盛んなオーストラリアですから野菜や果物、オージービーフなどが安く購入できます。

携帯はSimフリーのスマホがあれば月$30ほどで現地のプリペイドカードを利用できます。

その他、現地での旅行費用や思わぬ出費が考えられるので多めに予算に組み込んでおきましょう。オーストラリア国内旅行は「ジェットスター」や「タイガーエアー」などの格安航空が低価格で便利です。滞在中にオーストラリア旅行に行くことをお勧めします。

【オーストラリア・ワーホリ】語学学校費用

はじめてのワーキングホリデーで英語が未熟な方は語学学校に通うことをお勧めします。

一般的には3ヶ月通われる方が多いです。学校によって費用は変わりますがおおよそ120,000円前後と見て計算しておきましょう。

語学学校に行くかお悩みの方はこちらの記事をどうぞ。

【オーストラリア】ワーホリで得られる収入の目安

ワーホリでは語学学校に通った後は現地で仕事をする方が多いです。少なく見積もっても月100,000円は稼げるはず。そうすると家賃を含めた滞在費用はカバーできる計算になります。多い方では200,000円近く稼ぐことも可能です。

ワーホリ前から英会話の学習をしておくことで現地での仕事探しを優位に進めることができます。語学学校を充実させるためにも日本でしっかり勉強しておきましょう。

関連図書



kindle unlimitedを活用して旅行ガイドブックを無料で購読!

kindle unlimitedは、「るるぶ」や「まっぷる」などの旅行ガイドブックが月額980円で一部読み放題です。ガイドブックを1冊買うよりも断然お得!

最初の30日間は無料でお試しできるので、旅行中だけ契約して旅行後に解約しても問題ありません。電子書籍はお持ちのスマホやタブレットで購読できます。

✔ガイドブックを買うより安い
✔30日以内の解約なら一切お金はかからない
✔いつでもキャンセル可能
✔旅行先に書籍を持ち運ぶ必要がない
✔読み放題対象書籍は200万冊以上

詳細は➡kindle unlimited公式サイト

\30日以内の解約ですべて無料!/

✔初回30日間無料
✔漫画・雑誌・ビジネス書など200万冊以上

【オーストラリア・ワーホリ生活】初月3か月の費用の見積り

一般的なワーホリプランは最初の1ヶ月ホームステイをして3カ月間語学学校に通い、その後、仕事を始めて1年間過ごす、もしくはセカンドビザを取得しにファームへ行きます。

今回は特に費用がかかる最初の3ヶ月の予算を見積もってみました。

渡豪費用(片道):5万円
ビザ申請費用:33,500円
海外保険費用:20万円
ホームステイ1ヶ月:10万円
ホームステイ後の家賃:6万円x2か月
語学学校費用:12万円x3か月
滞在費:7万円 x 3か月

これらを合計した3か月の滞在費用は107万3500円になりました。

【オーストラリア・ワーホリ】合計費用は高い?低い?

この中で一番高額な「語学学校」ですが、英語に自身のない方は費用を削減せずに3ヶ月は通った方が良いでしょう。加えて、安い値段設定の語学学校は注意です。授業内容が低品質の可能性があります。

1年滞在するためには保険が必須ですし、ホームステイは慣れるまで滞在しても良さそうです。

実際に金額を目の当たりにすると「高い!」とか「安くしたい!」とか思うかもしれません。ですが、目標のため、英語習得のためと思って自己投資をしましょう。

ワーホリなので仕事で収入を得れば少なくとも生活費は稼げるはず。もしくは上記の費用をすべて回収できるかもしれません。

生活費用は日本滞在時と比べて同じか少し高いくらいだと思います。支払い義務のある住民税や保険料が免除されることも考慮してください。日本の国民年金も「任意支払い」に変わります。

【オーストラリア・ワーホリ準備】費用は多めに!リスクヘッジを考慮

ここまでざっくりとではありますが、ワーホリに必要な費用をご紹介しました。ここで述べた予算は最低金額と考え、実際にはこれよりも多めに準備しましょう。

海外生活では予定外のトラブルがあるかもしれないです。海外保険もありますが、金銭的保険も重要。最悪、両親などにもお金を頼れるようにお願いしておきましょう。

準備を万端にして充実したワーホリ生活を送ってください。

【関連記事】ワーホリ・留学