yochiを支援する 初めに読みたい12記事

【映画ダ・ヴィンチ・コードで有名に】ロスリン礼拝堂へ行こう!エジンバラ旅行記

スコットランド・エジンバラ旅行記

映画「ダヴィンチ・コード」で一躍有名になった「ロスリン礼拝堂」。

1446年に建てられた小さな礼拝堂です。

謎めいたこの礼拝堂。特徴は教会に描かれた不気味なレリーフ。

そこかしこにちりばめられたこの謎のレリーフ。意味があるようで改名されていないものまであります。

今回はこの「ロスリン礼拝堂」へ行ってきた様子をご紹介します!

映画ダ・ヴィンチ・コードで有名に!ロスリン礼拝堂へ行こう!

「ロスリン礼拝堂」への行き方

エジンバラ市内からはバスが走っています。乗車時間は40分ほど。

詳しくはこちらを参考にしてください。

ロスリン礼拝堂の入場料

大人£9.00

ダヴィンチ・コードで取り上げられてから人気がでて入場料はどんどん値上がりしています。

エントランスも改装されて礼拝堂らしからぬ立派な建物。
どうやら景気が良くなったようですw

日本語のパンフレットでポイントを確認!

受付では日本語で書かれた礼拝堂内部地図をもらえます。

これにレリーフの謎が書かれているのでひとつひとつ丁寧に見ていってください。

教会内は写真禁止です。

ガイドさんの解説時間に合わせていこう!

ロスリン礼拝堂では内部の解説を無料で行っています。
すべて英語での解説ですが、わからなくてもなんとなく各所にちりばめられた謎を知ることが出来ます。

およそ一時間ごとに開催されているので時間を合わせて訪れましょう。

詳しくはこちらの>>>ロスリン礼拝堂公式ホームページ(英語)<<<をご覧ください。

ロスリン礼拝堂の謎を動画で紹介!

1/4 Rosslyn Chapel : A Treasure in Stone

海外の番組ですが、こちらの動画で内装や各種謎について特集されています。
行かれる前に一度予習しておくといいかもしれません。

自分が行ったときは「内部撮影」が禁止になっていたので内部の解説は割愛します。
多くのサイトでロスリン礼拝堂の内部の秘密を解説しているのでそちらをご参考ください。

かわりに礼拝堂外観と近くにロスリン城跡があるのでそちらをご紹介します。

映画のラストでも使われた!ロスリン礼拝堂「地下室」

この地下室はチャペル自体より古いものだそうです。

映画「ダヴィンチ・コード」 でもこの場所が登場してきます。

先ほどの動画のチャプター4で地下室の映像がでてきます。

4/4 Rosslyn Chapel : A Treasure in Stone

ロスリン礼拝堂は外観も面白い!

ロスリン礼拝堂の外観も様々な仕掛けがほどこされています。

気色悪い!?ガーゴイルがいっぱい!

外観にはいくつものガーゴイルがいます。

外の展示にはこのガーゴイルの作り方が順序だてて解説されていました。

枠組みを作ってから顔の丸みが浮き上がってきます。

最後に一番気持ち悪さを引き立たせる口元が形成されています。

石工職人はさすがです。

石の掘り方についての解説!

非常に丁寧に作られているロスリン礼拝堂は細かな装飾がたくさんちりばめられています。
掘り方の展示もあります。ですがこんなに美しく掘れるとは信じがたいw

ほかの装飾も見つけて!って書いてあります。

外観は撮影できるのでじっくり楽しもう!

最後はエントランスの展示物で理解を深めよう!

礼拝堂を見て終わり、エントランスに戻ると映像を使った展示物ありさらに理解を深めることができます。

この箱の中にモニターがあり、自分で選んだエピソードが見れるしくみ。

身長に合わせてなのかやたら低い場所もあります。

お土産も販売されています。
フリーメイソンにかかわる礼拝堂なので「コンパスに定規」の有名なマークのグッズが多数あります。

城跡!ロスリン城も見ておこう!

ロスリン礼拝堂から徒歩2分ほどの場所にロスリン城跡も見ることができます。
すぐに見終わるので行ってみましょう。

グーグル地図では行き方が表示されませんが礼拝堂から出て左手。下の画像で正面に礼拝堂を見て右手に坂があるので道なりに進んでください。

歩いて5分ほどです。

ロスリンの景色を見ながら歩きましょう。

この崩れたお城がロスリン城です。

原型は留めていないですが、残された城壁の歴史の古さを感じます。

一番奥にあるのはこの建物。

なんの建物だろう?

クローン羊もここから!ロスリン研究所!

このロスリンの地域はクローン羊のドリーが誕生した場所でもあります。

何もない田舎町かと思いきや、多分色々な何かが動いているのかもしれません。

ロスリン礼拝堂もありますし、フリーメイソンも絡んでいるわけですし。

ドリーは死後、剥製にされ、「スコットランド博物館」にて無料で公開されていますのでそちらにも訪れてみてください!

礼拝堂の謎も多く謎解き感覚で楽しむことができました。

エジンバラに来られた際は必ず行ってみてくださいね!

コメント