\Gotoキャンペーンの利用方法とは?【楽天トラベル】/

【保存版】ハワイ旅行5泊7日のオススメ観光モデルプラン徹底解説!

アメリカ大陸横断旅行記

昔から日本人に人気のあるハワイは美しい海や大自然を感じられる南国リゾートです。年間を通して温暖な気候であり、世界中から多くの観光客が集まります。

ワイキキビーチをメインに楽しまれる方も多いかもしれませんが、ハワイは観光の見どころも多いのであらかじめ計画を立てておきたいですね。

今回は短い期間でもハワイ旅行を満喫できるように「ハワイ観光5泊7日モデルプラン」を作成してみたのでご紹介します。(4泊6日や6泊8日の方も参考にどうぞ)

✅GoToトラベルキャンペーンでお得に国内旅行!


国内旅行は最大35%OFFになるGoToトラベルキャンペーンを有効に活用しましょう!

対象となる旅行の条件は、GoToトラベル事業の支援対象の旅行であることです。日帰り旅行でも、条件付きのセットプランで適用されるのでチェックしてみてください!!!

▼Go To Travelキャンペーンを利用できる主な旅行会社は以下です。

【保存版】ハワイ旅行5泊7日のオススメ観光モデルプラン徹底解説!

ハワイ・オアフ島で行っておきたいオススメ観光名所はここ!

ハワイ・オアフ島で絶対に行きたい観光名所はこの8か所でしょうか。

  • ワイキキビーチ~サーフィン
  • ノースショア・ハレイワ
  • カイルア・ラニカイビーチ~ ピルボックストレイル
  • ハナウマ湾
  • アラモアナショッピングセンター
  • ダイヤモンドヘッド登山
  • 「この木なんの木」の モアナルア・ガーデン
  • ハワイ出雲大社

ハワイ・オアフ島を地図で把握しよう

観光地はホノルル周辺に集まっているので、拠点をワイキキビーチにおいて各地へ観光に行きましょう。

「ノースショア・ハレイワ(左上)」や「カイルア・ラニカイビーチ(右上)」はバスで2時間ほどかかるので一日がかりの観光になります。 (観光ツアー・レンタカー移動なら短縮可能)

ハワイ・オアフ島ツアー! 5泊7日の観光モデルプラン!

  • 1日目昼ホノルル空港に到着〜ワイキキの宿へ移動~ワイキキ観光~サーフィン
  • 2日目アラモアナショッピングセンターで買い物(シュノーケル購入)
  • 3日目カイルア・ラニカイビーチ~ピルボックストレイル
  • 4日目ノースショア・ハレイワ観光
  • 5日目ハナウマ湾~ダイヤモンドヘッド登山
  • 6日目 モアナルア・ガーデン~ハワイ出雲大社~夜・飛行機ホノルル空港発

観光名所を効率よく移動するルート構成です。移動はすべてバスですが、車をお持ちであれば効率よく広範囲を観光することができます。

ハワイでレンタカーを運転してみよう

不慣れなアメリカの左ハンドルではありますが、1度は運転してみたい方も多いはず。1日レンタルでも1万円かからないほどの料金なので気軽に借りてみるのも良さそうです。

ネット予約にはEasyRentCars.comがオススメです。ハワイのレンタカーの最安値を検索してくれますし、このサイトで車両保険にも加入できます。

新規登録・初回利用限定の¥5000割引クーポンをGET!

▼アメリカでレンタカーを借りる方法についてこちらの記事で詳しく説明しています。

海外で運転が不安だという方へ

もしご家族やお友達数人でハワイ旅行に行かれる方はこのようなツアーもあります。

一定の料金をみんなで分ければ一人当たりのコストが抑えらる上に自由にプランを組めるのが良いですね。参考までにどうぞ。

【ハワイ一人旅】5泊7日でかかった費用について

自分がハワイ1人旅でかかった費用の合計はこちらで詳しく紹介しています。
なるべく費用をかけずにハワイの観光地を巡りました。

▼これを最低としてハワイ旅行の予算を組んでみてください。

ハワイに行きたいけど一人でも大丈夫?と悩んでいる方へ

自分は1人でハワイに行きましたが、十分満喫出来ました。
▼1人でどのように過ごしたか、どのように観光したかについてこちらで詳しく紹介しています。

関連図書



kindle unlimitedを活用して旅行ガイドブックを無料で購読!

kindle unlimitedは、「るるぶ」や「まっぷる」などの旅行ガイドブックが月額980円で一部読み放題です。ガイドブックを1冊買うよりも断然お得!

最初の30日間は無料でお試しできるので、旅行中だけ契約して旅行後に解約しても問題ありません。電子書籍はお持ちのスマホやタブレットで購読できます。

✔ガイドブックを買うより安い
✔30日以内の解約なら一切お金はかからない
✔いつでもキャンセル可能
✔旅行先に書籍を持ち運ぶ必要がない
✔読み放題対象書籍は200万冊以上

詳細は➡kindle unlimited公式サイト

\30日以内の解約ですべて無料!/

✔初回30日間無料
✔漫画・雑誌・ビジネス書など200万冊以上

モデルプランを解説!スケジュール通りにハワイを満喫!

1日目:ホノルル空港~ワイキキビーチへ

今回自分は「ハワイアン航空」 を利用しました。

ホノルルを中心にアメリカの西海岸とオセアニア諸島の主要都市を結び、日本とは東京、大阪、新千歳空港からホノルル行きの飛行機が出ています。

飛行機に乗ってみた様子はこちら

ホノルル空港からワイキキへシャトルバスで移動

ホノルル空港に着いたらシャトルバスでワイキキへ向かいましょう。
事前に予約しておくと安心です。

片道1840円で宿まで送迎してくれます。(チップ代込)
▶【VELTRA】ロバーツハワイ 格安送迎シャトルサービス予約

中国語ドライバーで1,297円から。(チップ代別途$3ほど)
▶【kkday】ホノルル国際空港 – ワイキキ地区ホテル|送迎シャトルバス(乗合)

一人旅にオススメのバックパッカーズホステル

ワイキキで宿泊利用したのは「Seaside Hawaiian Hostelシーサイド ハワイアン ホステル」です。
予約サイトで最安値でした。

ワイキキの真ん中に位置し、海までも5分程度の好立地です。

ハワイで携帯シムカードの購入したい方へ

シムフリー携帯をお持ちの方は、ハワイのワイキキで格安SIMカードを購入することができます。

1ヵ月10ギガ利用可能で5838円でした。短期間のプランもあります。店舗詳細はこちら▼

✅アメリカ旅行に最適なWIFIレンタル

イモトのWIFIは、業界大手の海外用モバイルデータ通信レンタルです。
空港でカンタンにレンタル・返却可能。海外旅行や出張に!!

✔ WiFiルーター本体の機器レンタル料は無料
✔ 定額のデータ通信料金のみ
✔ Webサイトから24時間いつでも簡単に予約

イモトのWIFI▶詳細と料金についてはこちら

ワイキキで半日サーフィン!ボードレンタルもできる

ワイキキでサーフィンを楽しみたい方は半日ボードレンタルをしてみましょう。
料金は2300円ほど。ワイキキにはいくつかボードレンタルの会社は店舗があるので比べてみましょう。

サーフィン初心者の方は現地でレッスンを受けるのもいいですね。グループレッスンだと安く参加できます。▶レッスンに関してはこちら

2日目:アラモアナショッピングセンターで買い物

2日目はアラモアナショッピングセンターへ買い物に行きましょう。ワイキキから歩くこともできますが、バス移動が良いでしょう。

アラモアナショッピングセンターの隣にある「Targetターゲット」か 「ウォルマート」でシュノーケルのを買うことをオススメします。

ハナウマ湾やカイルアへ行くときに使えます。低価格ですので使い捨てで利用しましょう。

マジックアイランドラグーン

アラモアナショッピングセンターの前にある「マジックアイランドラグーン」も透明度の高いビーチでラグーンとして囲われているので波もなく子供でも安心して楽しめます。

ここから見るワイキキの景色もきれい。日によってはこの公園でイベントが開催されています。

3日目カイルア・ラニカイビーチ~ピルボックストレイル

3日目は 「全米No1に美しいビーチ」にも輝いたことのあるカイルアビーチラニカイビーチに行きましょう。バスで片道2時間ほどかかるので一日がかりで遊びます。

透き通った美しい海でシュノーケルを楽しみましょう。
▼ラニカイ・カイルアビーチへの詳しい行き方はこちらをご覧ください。

ラニカイには「ピルボックスハイキングトレイル」という登山コースがあり、ラニカイビーチの青い海を一望することができます。カラーリングされた頂上のピルボックスはインスタ映えスポットとしても人気です。

行き方と登山道の様子はこちらで詳しく解説しています。

観光ツアーでラニカイへ行きたい方はこちらが良さそうです。低価格でポイントを押さえているかと思います。▶カイルア+ノースショア観光 ウミガメウォッチ付き フリータイムたっぷり1日満喫ツアー

4日目:ノースショア・ハレイワ観光

ワイキキと対局側にあるはノースショア・ハレイワエリアは同じオアフ島でもまた違った雰囲気が楽しめます。こちらもバスで片道2時間ほどかかるので1日使って観光しましょう。

▼ノースショアへの行き方と観光のモデルコースはこちら

テレビ番組でもよく取り上げられるこのエリア。人気のかき氷のお店「マツモトシェイブアイス」やガーリックシュリンプは有名です。

コーヒーの生産でも有名なハレイワエリア。
▼地元民からも人気の「Coffee Galleryコーヒーギャラリー」でハワイアンコーヒーを楽しみましょう。

ノースショアの海ではウミガメが出没することがあります。バスでも行けますが車移動がオススメ。
ラニアケアビーチへの詳しい行き方はこちら。自分は運よくウミガメに会えました。

ノースショアの観光の仕方

ノースショアは個人で来て街歩きをするだけで充分楽しめます。できればレンタカーを借りて北部のエリアをまとめて観光するとより充実します。

▼ツアーでノースショアへ来たい方は、ほかにカイルアや「この木なんの木」でおなじみのモアナルアガーデンなどをまとめて観光するツアーがよさそうです↓↓

5日目:ハナウマ湾~ダイヤモンドヘッド登山

ハナウマ湾はワイキキから東側に位置し、美しい海とサンゴ礁が見られるオアフ島で人気のビーチです。サンゴ礁を守るために様々な禁止事項がある自然保護区になっています。

透明度が高いハナウマ湾の海ではシュノーケリングが楽しめます。運が良ければウミガメを見ることが出来ます。

ローカルバスで行くことが出来ますが、時間のない方やバス移動が不安な方は半日ツアーに参加すると良いでしょう。シュノーケルセットも貸し出ししてくれます。
▶【VELTRA】 ハナウマ湾シュノーケリング 当日選べる滞在時間と更衣室&無料ロッカー完備
▶【kkday】ハワイ|ハナウマ湾シュノーケリング半日ツアー|ワイキキ地区ホテル送迎付き

▼ローカルバスを使って個人で行く方法やシュノーケリングの様子はこちらの記事をご覧ください。

ハナウマ湾からの帰り道で「ダイヤモンドヘッド」のトレッキングに行きましょう。
時間帯を合わせて夕日を見るがオススメです。

▼ダイヤモンドヘッドへの行き方と登山道に関してはこちらの記事をご覧ください。

ハワイで有名な揚げパン 「 マラサダ 」 のお店

ワイキキの露店でよく見かける「揚げパン」は「 マラサダ 」というポルトガル料理です。
▼ダイヤモンドヘッドからの帰り道にその有名店「レナーズ」があるので是非立ち寄ってみてください。

6日目モアナルア・ガーデン~ハワイ出雲大社~夜・飛行機ホノルル空港発

「♪この木なんの木、気になる木~♬」のCMが撮影されたことでお馴染みのハワイ・モアナルアガーデン

日本では「日立の樹」として知られています。
これだけハワイに観光地がある中で日本人しか知らない観光地があるというのも面白いですよね。

車だと20分なのにワイキキからのバスだとトータル1時間半ぐらいかかりました。
ここはレンタカーかツアーで行くことをオススメします

「モヤモヤさまぁ~ず」でも定番!ハワイ出雲大社

ハワイ出雲大社は 島根県の出雲大社の分社として 1906年に創祀されました。日本人移住が始まったのが明治以降1868年のことですから40年近く経った後にできたようです。

▼詳しい行き方はこちらの記事をご覧ください。隣のチャイナタウンは治安があまりよろしくないので注意しましょう。

安い値段でボリュームのある「ポキ・ボウル 」が食べれるお店

▼テレビで何度か紹介されている人気のポキボウルのお店。ハワイに来たら食べておきたいですね。

観光ツアーは5泊7日か6泊8日? 最低5日間はほしいハワイ旅行

今回はハワイ・オアフ島の観光名所を5泊7日に詰め込みました。少しせわしないスケジュールなのでのんびり滞在したい方は6泊8日の日程が良さそうです。

旅行会社のツアーパッケージを見ると4泊6日が人気のようでハネムーンなどでも利用しているみたいです。個人的に最低でも丸5日間は滞在したいですね。

それでも「時間がない」という方はツアーを選びましょう。
▼短時間で回れるツアーをいくつかピックアップしてみました。参考までにどうぞ。

▼その他にスカイダイビングやパラセイリングなどのアクティビティをしたい方はこちらも参考にどうぞ。