\Gotoキャンペーンの利用方法とは?【エアトリ】/

【ハリウッドサイン】看板の裏側へハイキング!行き方と所要時間

アメリカ大陸横断旅行

ロサンゼルスの人気観光地ハリウッドのシンボル的な存在である「ハリウッドサイン」。実は遠くから見るだけではなく、看板の裏側まで行けるハイキング・トレッキングコースがあるのを知っていましたか?

ハイキング・トレッキングコースは看板まで歩きやすい道のりに整備されており、ロサンゼルスの街並みをハリウッドサイン越しに一望できます。半日あれば楽しめるので短期旅行者にもオススメです。

今回はそのハリウッドサインの裏側へ続くハイキングコースへの行き方と所要時間についてご紹介します。

GoToトラベルキャンペーンでお得に国内旅行!

国内旅行は最大35%OFFになるGoToトラベルキャンペーンを有効に活用しましょう!

対象となる旅行の条件は、GoToトラベル事業の支援対象の旅行であることです。日帰り旅行でも、条件付きのセットプランで適用されるのでチェックしてみてください!!!

✅セットでお得な旅行会社
全ての格安航空券+ホテル」のセットでお得=エアトリ
JR・新幹線+ホテル」のセットでお得=国内旅行

✅キャンペーンを利用できる主な旅行会社
楽天トラベル
JTB
HIS
Yahoo!トラベル
じゃらん

【ハリウッドサイン】看板の裏側へハイキング!行き方と所要時間

【ハリウッドサイン】ハイキングコース入口への行き方

ハリウッドサインの裏側へ続くハイキングコース入口は「ブロンソン・キャニオン=グリフィス公園」です。公園内に無料の駐車場が完備されています。

車をお持ちでない方は「自動車配車サービス」のUberかLiftで移動しましょう。専用のアプリをダウンロードしてクレジットカード登録をすればすぐに利用することができます。最寄りのHollywood / Vine Station駅から8分ほどの距離です。

不安な方は日本語ガイドさん付きの半日ハイキングツアーを利用しても良いかもしれません。ダウンタウンのホテルからの送迎付きです。
ツアー詳細・予約はこちら▶ 【ハリウッドサイン】半日ハイキングツアー

【ハリウッドサイン】看板の麓で写真だけを撮りたい方

ハリウッドサインのふもとインスタ映え写真を撮りたい方は上記ポイントまで車で向かいましょう。駐車場がないのでタクシーかUber、Liftでの移動になります。

【ハリウッドサイン】バスでの行き方

ハイキングコース入口まで公共交通機関は運行していません。なので途中までバスで向かい、30分以上歩いて入口に到着します。時間もかかるので行き方はUberやLiftが良さそうです。

関連図書


Kindle unlimitedなら対象の旅行ガイドブックやドライブ関連書籍が読み放題です。

\30日以内の解約ですべて無料!/
✔月額980円で読み放題
✔漫画・雑誌・ビジネス書など200万冊以上

【関係記事】kindle unlimitedでお得に旅行ガイドブックを購読!

【ハリウッドサイン】看板の裏側ハイキング!所要時間は?

ハリウッドサインの裏側まで「ザ・ブラッシュ・キャニオン・トレイル」と呼ばれるハイキングコースを進みます。

距離はおよそ6マイル(9.65㎞)、所要時間は片道1時間~1時間15分ほどです。帰りはハリウッドサインの麓へ降りてUberやLiftを呼ぶと時間が短縮できます。

ハイキングには必ず多めにお水を持って行きましょう。夏場でなくても暑くなりますし、日陰はほとんどありません。サングラスと日焼け止めも忘れずに。

最初の1.5㎞ほどは強めの傾斜ですが、その後の横ばいになり登りやすくなります。ハイキングを始めて20分ほどで中腹の絶景ポイントに到着です。

ロサンゼルスの街並みは少しモヤがかかっているように見えます。これは空気の悪さが要因の一つであるそう。

山頂付近は整備された道路を進みます。

ハリウッドサインの裏側へ到着しました。看板越しにロサンゼルスが一望できます。以前は柵が設けられていなかったそうですが、現在はここまでしか近づけないようになっています。

【ハリウッドサイン】ベスト写真スポット

頂上へ到着した後はハリウッドサインの麓まで降りた場所にある写真スポットへ行きましょう。この場所はタクシーやUberで来ることができ、写真撮影するだけの方には人気です。

その後はこの場所にUberを呼びましょう。タイミングが良ければ誰かを送ったUberを捕まえて効率よくハリウッドに戻れます。

ロサンゼルスで手軽にハイキングが楽しめるオススメスポットです。観光の際には是非訪れてみてください。

▼ハリウッドを観光する1日モデルコースはこちらの記事をどうぞ。

3日で巡る観光モデルコースはこちらの記事をどうぞ。

【関連記事】ロサンゼルス観光