yochiを支援する 初めに読みたい12記事

【観光レポート!】ハナウマ湾でシュノーケル!ウミガメを探せ!【行き方と入場料】

アメリカ大陸横断旅行記

今回は全米ナンバーワンのビーチに輝いたこともある「ハナウマ湾」にやってきました!

海の透明度が高いのでシュノーケリングでサンゴ礁や魚、運が良ければウミガメを見ることが出来ます。

今回はその「ハナウマ湾」への行き方とシュノーケリングしてきた様子をご紹介します!

ハナウマ湾でシュノーケル!ウミガメを探せ!【行き方と入場料は?】

ハナウマ湾はワイキキから東側に位置し、美しい海とサンゴ礁が見られるオアフ島で人気のビーチです。

サンゴ礁を守るために様々な禁止事項がある自然保護区になっています。

全米ナンバーワンのビーチ!ハナウマ湾への行き方

ハナウマ湾はワイキキビーチから40分ほどで行くことができます。
乗り換えもないので行きやすいです。バスの本数には注意してください。

車で来られる方はワイキキから30分ほどで到着します。
ハナウマ湾に駐車場はありますが、人気のビーチなので満車の確立が高いです。

満車で駐車場待ちをするならバスで来よう!っていう考え方でいいかもしれません。

帰りも定期的にワイキキ行きのバスは来ますが、勝手にタクシーもどき(白タク?)が来て「ワイキキまで送るよ~」と声をかけてきます。

それを使って帰る外国人観光客もいましたが、なんか怪しそうでした。
それならUberを呼んだ方がよさそうです。

ハナウマ湾へ!入口でチケット購入!入場料は?

入場料金は1人7.5ドルです。
12歳以下の子供とハワイ在住の方は無料で入ることができます。

家族連れがたくさんいました。

チケットを購入すると15分ごとにハナウマ湾の自然を保護するルール説明のビデオを観賞します。
チケット購入時にその時間を指定されたチケットを渡されます。

園内に入るとハナウマ湾に関する展示物があります。

ハナウマ湾の注意事項の説明!ルールを守って自然を保護しよう!

長蛇の列。ルール説明のビデオ上映は時間を決められて入場するので基本的には並ばなくても大丈夫です。

英語字幕付きのビデオを見ることになりますが、日本語音声も貸し出しています。
ウィキペディアに注意事項が書いてあったので参考にしてください。→>>>注意事項Wiki<<<

全米でナンバーワン!ハナウマ湾ビーチでシュノーケル!

ビデオ見終わった後はみんなでハナウマ湾までの坂を降りていきます。
この坂道はトロリーも走っていて、片道1ドル25セントです。

降りはワクワクしながら歩いていって、帰りの登り坂だけ使ってもいいかもです!

大賑わい!ハナウマベイビーチに到着!

到着しました。お昼前に行きましたがすでに多くの人で賑わっています。

ちょうど日中のいいタイミングに来ました。

シュノーケル貸し出しもある!魚が間近に!

ハナウマ湾で楽しみにしていたシュノーケリング!

水の透明度が高いので魚がクリアに見えます!

ビーチではシュノーケルセットを$20ほどで貸し出しをしています。

自分は「アラモアナショッピングセンター」で購入した安いシュノーケルセットを使いました。

ほかにもラニカイビーチでも使用できたので買ってしまった方がいいかも。
使いまわしのシュノーケルはなんとも言えませんね。

お魚さんは人間に怯えることなく一緒に泳いでくれます。

ウミガメを探していたのですが残念ながら見れませんでした、、、
代わり?にマンボーが見れました!

シュノーケルポイントはいくつかあるみたい。
サンゴがいる付近に魚は集まってきます。

ハナウマ湾の隣にはココヘッド!トレイルも楽しめる!

ハナウマ湾の隣にはココヘッドという山があります。
トレイルコースなどもあるので時間があればこちらにも立ち寄ってみて下さい。

1人でも楽しめた!ハナウマ湾で潜り続けた2時間!

海がきれいでシュノーケリングが楽しすぎました!
こんなに近くでたくさんの魚が見れる場所はなかなかないかも。

沖まで出ないと魚が見れないことも多いのですが、足がつく範囲でたくさん魚がたくさん泳いでいました。

残念ながらウミガメは見れませんでしたが大きな魚やマンボウが見れて大満足です。

結果2時間も泳ぎ続けていましたwwwあっという間に時間は過ぎますwww

ロッカーはないので目の届く範囲に自分の荷物を置いて、たびたび監視をしながらシュノーケリングを楽しみました。

ハワイ・オアフ島に来た際は必ず来てほしいオススメのビーチです!

オアフ島にはほかにもシュノーケルを楽しめる場所があります!
こちらも全米一に輝いたことのあるビーチです。

オアフ島でウミガメを見れるかもしれないノースショアのビーチはこちら!

コメント