【注意事項と事前準備】受付カウンターで失敗しないために【アメリカでレンタカー】

アメリカ大陸横断旅行記

海外でレンタカーを借りる際には事前に予約をして、レンタカー会社の受付カウンターで契約をします。

当日、保険のことやレンタカー会社それぞれに設けられた独自のルールに対して英語でやり取りをして理解をしなくてはいけません。

日本語でも難しい保険の話は英語になると予備知識なしでは理解不能。

現地で聞こうとしても思いのほか考える時間はありません。

レンタカー会社の受付カウンターで知識不足で失敗しないために、今回はレンタカーを借りる際の注意事項をご紹介します。

アメリカでレンタカーを借りる方はこちらの記事もご覧ください。

受付カウンターに行く前にやっておきたいこと!

保険に関する予備知識を持っておきましょう

アメリカでレンタカーを借りる際は日本と同様に保険に加入する必要があります。

保険にも会社によって名前の違いや、細かい補償の違いがあり、事前に調べて知識をつけておかないといきなり目にした英文を理解することは難しいです。

よく理解せずに受付カウンターで勧められたとおりに加入すると余計な保険まで料金を払い、高額請求なんてことになりかねません。

アメリカでの運転は慣れていないので「入れる保険には入っておこう」というのも間違いではないですが、自分で選んで理解をしておくことが大切です。

▼アメリカの保険についてこちらの記事にまとめたので参考にしてみてください。

事前に聞きたいこと確認したいことをメモしておこう

当日のレンタカー会社でのやり取りは流れ作業で進んでいくので聞きたいことを聞けずに契約終了になりかねません。

それを避けるために事前に聞きたいことはリストアップしておきましょう。

例えばこちら

  • もし事故(対人・個人)にあったらどうするか?ロードサービスの番号・警察の番号・レンタカー会社の番号は?(おそらくブックレットが車に積んであると思いますがダブルチェックもかねて)
  • 相手にぶつけられたらどうするか?警察は呼ぶべきか?
  • 保険の種類と事故はどこまでカバーしてくれるのか?
  • もし返却に間に合わなかったときのペナルティは?

などなど、最悪の事態も想定してアメリカではどのように対処すべきか聞いておくといいです。

【重要】カウンターでのやり取りは慌てます

レンタカー会社によって受付での契約は様々ですが、自分は今回予約したラスベガス空港ではカウンターで次々にお客さんが処理されていき、とても慌てました。

もちろん慌てる必要はないのですが、順番待ちをしている方々のプレッシャーというかみんな意外とスムーズに受付を済ませていくので自分も準じないといけないような気になり、確認したいことを聞けずに終わりました。

レンタカー受付へは時間に余裕を持って行きましょう

レンタカーを借りる初日は観光日程に余裕を持っておきましょう。

レンタカーを借りる当日は手続きに思いのほか時間がかかることもありえます。
あまりビッシリと予定を立ててしまうとレンタカー受付で慌てて契約をしてしまうことになりかねません。

レンタカー受付カウンターでやるべきこと!

保険の契約前に内容を細かく確認しよう

レンタカーをネットで予約された方は受付カウンターでパスポートや国際運転免許証、クレジットカードなどの各書類を提示し、必要な保険に加入します。

レンタカー会社によって種類が変わるのでしっかりと一つ一つ内容を確認しましょう。

「保険で何がカバーされるのか」が大事です。

保険の値段を確認しよう

保険をかけておくことは大事ですが、その料金によっては加入するか考えるべきです。

一日だけなら良いですが、一週間やそれ以上の期間にかけるのであれば積み重なって支払額は高額になります。

レンタカー会社によっては保険を加入してもらうために見やすいパンフレットを用意していないかもしれません。ですが、必要なことなのでしっかりと確認しましょう。

後回しにせずサインをする前に理解しよう

レンタカーの契約の際には最後にサインを求められます。

サインは「この規約について認めます」という意味なので契約した後に問題があっても対応してくれない可能性があります。

なので、サインをする前に確認すべきことは聞いておくべきです。

手続きはあっという間!事前準備をして冷静な判断を!

自分は今回ラスベガスでグランドサークルを一周するために9日間のレンタカー予約をしました。
事前に保険について調べましたが、日本語でも検索では納得のいく答えが見つけられず、現地の受付カウンターで聞こうと考えていました。

いざ行ってみると話がテンポよく進み、あっという間に契約のサイン。
内容も理解せずまま受付と支払いが終了しました。

明細表をよく見ると驚きの金額!カード払いなので明細をしっかり見るまで気がつきません。

予期せぬあまりの高額請求にしばらく放心状態になりました。

さらには加入した保険の内容は理解できていません。
英語がわからないから後で調べようと思うも、面倒になってやらず。
結局現地で直接聞くべきだったと後悔しました。

日本語なら聞ける話も英語になると格段に難しくなります。
専門的な言葉も出てくるので理解するには事前準備が必要です。

皆さんがレンタカーを借りる際に困らないよう手助けになれば幸いです。

こちらのブログ記事も参考になったのでご覧ください

グランドサークル一周レンタカーの旅!全10日間

今回自分はラスベガスから10日間レンタカーでグランドサークルを一周しました。

このルート、おススメです!見どころを全部押さえてきました!

そして全泊車中泊生活をしました。グッズは現地ですべて揃えています。

△ △ △

コメント

タイトルとURLをコピーしました