【ハワイ旅行の予算はいくら?】1人旅でかかった費用と見積もり

アメリカ
スポンサーリンク

毎年多くの日本人観光客が訪れる南国リゾート「ハワイ・オアフ島」へ6日間の1人旅に行ってきました。

ハワイ旅行と聞くと高額な旅費がかかるイメージがありますが、やり方次第で低予算に押さえることもできます。良いホテルに宿泊したり、美味しいレストランで食事をしていませんが、充実したハワイ旅行となりました。

今回は、そんなハワイ旅行6日間1人旅でかかった費用についてご紹介します。ハワイ旅行の予算作成の目安にしてください。

※金額は旅行した時期(2018年10月)の1ドル112円で計算しています。

CHECK!全国旅行支援の期間延長について【最新情報】
楽天トラベルでは一部の県について、期間延長分の予約を開始しています。

【予算はいくら?】ハワイ旅行1人旅の費用・出費一覧

今回のハワイ旅行はニュージーランド旅行をしたあとに、ハワイへ向かい、カナダへと向かう航空券を取りました。

このルートでいかれる方はほとんどいないと思いますが、参考までに費用を書いておきます。

【ハワイへの航空券】最安値はいくら?

ニュージーランドからハワイまではハワイアン航空。カナダまではWest jet航空を利用しました。

航空券の料金は以下の通りです。

オークランド〜ホノルル(ハワイアン航空):20474円
ホノルル〜バンクーバー(West jet航空):22174円

ニュージーランドからハワイまで2万円ほどで行けるのは驚きでした。通常はもう少し高いですが、唯一この日だけが低価格で買うことができました。

なお、ハワイからアメリカ大陸に渡る飛行機は、カナダのバンクーバーが最安値でした。

なお、海外旅行のチケットは、航空券+宿泊+送迎(オプション)がセットになった「海外ダイナミックパッケージ」でおトクに購入できます。

航空券とホテルの組み合わせが自由自在。オリジナルの旅を作れる人気のツアーです。
以下の旅行会社で取り扱いがあるので、チェックしてみてください。

▶【JTB】海外ダイナミックパッケージ
▶【HIS】リベンジ旅応援セール
▶【JAL】海外旅行応援キャンペーン

▶【近畿日本ツーリスト
▶【楽天トラベル】海外楽パック
▶【日本旅行】海外航空券+ホテル

【ホステル】一人旅はドミトリー宿が格安

ワイキキでは、料金最安値のバックパッカーズホステルに泊まりました。
1泊$32。日本円で3580円程。5泊したので合計17900円です。

1人でホテルに宿泊すると、2名1室での料金がかかるので割高になります。バックパッカーズホステルは、1部屋に複数人が宿泊するドミトリータイプですが、運が良ければ、現地で仲間を見つけて一緒に観光するのも楽しいです。

\ハワイでおすすめのホテル/

ホノルル空港~ワイキキ間はシャトルバスで移動

ホノルル空港からワイキキ間までは、ローカルバスが運行していますが、バス内に持ち込める荷物には制限があるようです。

小さなスーツケースでギリギリオッケーかどうかなので、荷物の多いハワイ旅行者はシャトルバスを利用することになります。

現地で戸惑わないように事前予約するのがおすすめ。有名なのがロバーツハワイ 格安送迎シャトルサービスです。▶【VELTRA】ロバーツハワイ 格安送迎シャトルサービス予約

【ハワイでの移動手段】バス乗り放題券が格安

ハワイ観光はワイキキを拠点に公共のバスで移動しました。料金は1日バス乗り放題券が約600円(5.5ドル)です。自分は4日間利用したので合計2464円になりました。

1日バス乗り放題券は、バス乗車時に運転手さんから購入できます。その際、お釣りはもらえないので注意してください。

2021年7月からハワイ初の交通系ICカードHOLOカード(ホロカード)が導入されました。カードは1枚$2で、$3以上の入金が必要です。
なお、同じ日に2回以上乗車すると、自動的にワンデーパス料金($7.50)となります。
(2022年11月現在)

バス移動は時間がかかるので、短期旅行者はレンタカーがおすすめです。レンタカーは以下サイトで低価格で借りられます。

✅アメリカで最安値のレンタカー予約サイト

Rentalcars.com|楽天トラベルと提携
※世界6000箇所以上の地域で最安値を比較・予約出来ます。

RentingCarz|世界最大級のレンタカー予約検索エンジン
※大手レンタル会社22社を一括して価格比較できます。

【ハワイでの移動手段】バン貸切観光チャーター

ご家族やお友達数人でハワイ旅行に行かれるなら、バン貸切観光チャーターも考慮しておくと良さそうです。料金は一定なので、みんなでシェアすれば一人当たりの費用が抑えられます。

また、ハワイを知り尽くした日本語ガイドさん付きを選べば、希望に沿ったプランの提案やハワイの穴場スポットなども教えてくれます。

【ハワイでかかる食費】自炊で節約

ハワイでの外食はどれも高額なので、滞在中は基本的に宿で自炊をしていました。スーパーで現地の食材を買って自分で調理して食べるのも楽しいです。

ハワイでは豚肉が安く買え、カット野菜が安くてボリュームがありました。ハワイ6日間の滞在で自炊にかかった費用はおおよその合計は7115円ほどです。

ハワイで外食をしたのは、ニコスピアのポキボウルと、ノースショアのガーリックシュリンプ、かき氷、コーヒー、レナーズのマラサダくらいです。こだわりはなかったので、必要最低限に抑えました。

外食費用は合計で3000円ほど。自炊した費用と合わせてちょうど10000円で6日間過ごせた計算になります。

ここまで節約をしなくても良かったですが、ワイキキでの外食は思いのほか高額ですし、チップの支払いが初心者にはハードルが高かったです。

ちなみに、ハワイの食費の高さを象徴するようにワイキキの丸亀製麺店は毎日行列ができていました。 ハワイでのホテル選びでは、部屋にキッチンがあるのかどうかも事前に確認しておくといいと思います。

\ハワイでおすすめのホテル/

【雑費】買い物は必要最小限に

ハワイで購入したものは日焼け止め・サングラス・シュノーケルです。現地で必要なものを購入しました。金額は$20、2240円ほど。

シュノーケルはハナウマ湾とラニカイビーチに行った時に非常に役に立ちました。アラモアナショッピングセンターの近くのターゲットで10ドルほどで購入できました。

ワイキキでサーフィン!ボードレンタル費用

ワイキキビーチではサーフボードをレンタルしてサーフィンに挑戦しました。

ボードレンタル料金は半日レンタルで$20、日本円で2240円です。サーフショップ「モク ハワイ」さんを利用しました。

ハナウマ湾の入場料

全米No. 1のビーチにも選ばれたハナウマ湾は、入場料が1人10ドル(1120円)かかります。

【ハワイ一人旅】旅行にかかった費用の合計

ハワイ一人旅にかかった費用の合計は以下のようになります。

✅ハワイ一人旅にかかった費用

航空券:往復約42500円
宿泊費:約18000円
食費:約10000円
交通費:約5000円
雑費:約2240円
その他アクティビティー費用:約3500円
▶合計81,240円

6日間の滞在で合計81,240円でハワイ旅行が楽しめました。1日換算で13,540円となります。個人的にはだいぶ安く抑えることが出来たと思います。費用の半分が航空券でもう半分が滞在費です。

【節約旅行】目的に応じたお金の使い方

ハワイの楽しみ方は人それぞれあると思うのですが、自分の目的はオアフ島の観光名所巡りでした。

ワイキキビーチ、ダイヤモンドヘッド、ハナウマ湾、ラニカイビーチ、ノースショア、モアナルア・ガーデンなどが主な観光名所で、そのほとんどは大自然です。

大自然を見に行くのにかかる費用は一部を除いて交通費のみ。なので、現地ではお金を使わずに遊ぶことができます。

ツアーに参加するならそれなりに費用はかかりますが、個人旅行なら1日バス代$5.5に抑えられます。

ハワイの物価は上昇中

”せっかくの海外だから”と言って散財するのも良いですが、現在のハワイ・ワイキキ周辺の高額な物価でそれをすると恐ろしい出費になるかもしれません。

ワイキキは観光地として確立しており、世界から多くの旅行者が訪れるので飲食店などは観光地価格で提供しています。加えて、毎年ハワイの物価は緩やかに上昇していますし、チップの支払いも必要です。

雰囲気重視でレストランを選ぶのも良いですが、事前に調べて評判の良いお店を選んだ方が良いと思います。

ハワイ・ワイキキの観光ガイドブック

ハワイ・ワイキキの観光情報は旅行情報誌”るるぶホノルル’23まっぷる ホノルル’21まっぷる ハワイ’21でも紹介されています。

Kindle Unlimited会員なら、このタイトルを¥0で読み放題です。新規登録者は初月無料トライアルを利用できます。詳細は以下リンクをチェックしてみてください。

【ハワイ1人旅でかかった費用と予算】まとめ

今回は、ハワイ1人旅でかかった費用について解説してきました。

複数人での旅行なら宿泊費や食費をシェアできるので、もう少しクオリティの高いハワイ旅行が楽しめると思います。

自分はハワイに人生のうちで1度行ってみたかったので、このような旅をしましたが、それなりに充実した旅行になりました。もし、ハワイ1人旅を検討されている方がいたら、本記事を参考にしてみてください。