\旅行で使える英会話勉強法を公開/

【ガーリックシュリンプ】ノースショアの人気店「ジョバンニ」

アメリカ大陸横断旅行記

ハワイ・オアフ島のノースショアはワイキキから車で1時間、バスで2時間程の距離にあります。このエリアはもともとエビの養殖が盛んだったことから今ではいくつのもガーリックシュリンプのお店が建ち並んでいます。

その中でもハレイワ地区で人気のガーリックシュリンプのお店が「ジョバンニGIOVANNI’S」です。ハレイワからさらに北側の「カフク」から始まり、ハワイでガーリックシュリンプを流行らせた店としても有名です。

今回はそのジョバンニのガーリックシュリンプについてご紹介します。

【ガーリックシュリンプ】ノースショアの人気店「ジョバンニ」

【ノースショア】ジョバンニへの行き方

ジョバンニGIOVANNI’S」はハレイワの町の南側に位置します。

ワイキキからバスで来られる場合は一度アラモアナショッピングセンターへ出てから「52番」のバスに乗りましょう。行き方検索はグーグルマップが優秀です。所要時間は2時間ほど。

ワイキキからまずここでガーリックシュリンプを食べ、歩いてハレイワを観光していくルートもオススメです。

駐車場がありますが混雑しています。ハレイワには駐車場がいくつかあるので1人は順番待ちをして1人は駐車場探しに分かれても良さそうです。

【ノースショア】ガーリックシュリンプ店「ジョバンニ」の行列

このエリアは車を改造した屋台が何軒か営業しており、行列ができるほど人気があるのはこのお店だけでした。

午後2時頃までは長蛇の列が続いていましたが、その後、徐々に減り、10分程で注文できました。

こちらの車の中で調理販売してくれます。落書きが特徴。
並んでいる場所と商品受け取り口があやふやなので確認した方がいいです。

【ノースショア・ジョバンニ】ガーリックシュリンプのメニュー

基本的なメニューはこちらの3種類で値段はどれも$14です。

Shrimp Scampi(シュリンプ・スキャンピ)

一番人気のメニューでニンニクの香りが食欲を引き立たせるくせになる味。
この「シュリンプ・スキャンピ」というのはアメリカ料理の一つです。

ニンニクやバターを加えて尾肉の部分を更に炒めて供する。塩・コショウのほか、好みで赤ワインやバジル、オレガノなどのハーブ、トマトなどを加える。皿に盛る際には主食材として炊いた米や揚げたジャガイモなどを付け合せることもある 。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 シュリンプ・スキャンピ

Hot & Spicy ホットスパイシー

めちゃくちゃ辛いと評判のHot & Spicy ホットスパイシー。
メニューに「ジョーダンみたいな辛さだよ!でもとってもおいしいよ!返金不可!」と書いてあります。

Lemon Butter レモンバター

ニンニクと辛い味付けが苦手な方はLemon Butter レモンバターがオススメです。

詳しい値段とメニューは▶ジョバンニ 公式サイトを参照してください。

ハーフサイズは$7。2種類のガーリックシュリンプをハーフサイズで頼んでみるのも良さそうです。

【ノースショアのガーリックシュリンプ「ジョバンニ」】感想

自分が頼んだのは1番人気のシュリンプ・スキャンピのハーフサイズです。ハーフは6ピースのエビと1スクープのご飯が付いてきます。

ニンニクがふんだんに使われていて濃い味付けでした。白飯3杯くらいたべられそうです。でもくせになる味。殻を剥くのにはみんな悪戦苦闘していました。頼み過ぎたら途中で面倒くさくなるかもしれないです。

ハレイワに行かれた際は是非食べてみてください!

▼食事をした後は地元民に人気のコーヒーショップへ行きましょう。ジョバンニの近くにあります。

▼スイーツは日本人経営の人気かき氷店へ行きましょう。ハレイワ地区にあります。

ノースショア・ハレイワ周辺の見どころ

ノースショア観光のモデルコースはこちらを参考にしてみてください。

▼ハワイ旅行のプランがまだ決まっていない方はこちらの記事を参考にどうぞ。