yochiを支援する 初めに読みたい12記事

【半日観光コース】行き方と見所を解説!フィッシャーマンズワーフとピア39アシカ

アメリカ大陸横断旅行記

人気観光地であるフィッシャーマンズ・ワーフは、サンフランシスコのウォーターフロント北部一帯の総称で「漁師の波止場」という意味です。

ゴールドラッシュで発展したサンフランシスコにあった漁港で、かつて魚やエビ・カニ類を水揚げする場所でした。

観光名所の「ピア39」やその周辺には博物館や新鮮な海産物を提供しているレストラン、ショッピングセンターと船で渡ったところに監獄島と呼ばれるかつての刑務所「アルカトラズ島」が見えます。

今回はフィッシャーマンズワーフとピア39の行き方と半日観光コースをご紹介します!

【半日観光コース】行き方と見所を解説!フィッシャーマンズワーフとピア39アシカ【サンフランシスコ】

フィッシャーマンズワーフへの行き方

サンフランシスコの中心にあるユニオン広場からピア39まではトラムでの移動が便利です。

スマホで購入できる「Muni」乗り放題券を購入しておきましょう。
詳しくはこちらの公式サイトへ

フィッシャーマンズワーフの西側、ハイドストリートピアまではバスかケーブルカーを利用します。

周辺は人気観光地なので交通の便が良いです。移動方法検索にはグーグルマップが正確です。

【フィッシャーマンズワーフとピア39】観光の見どころは?

右側からピア39。この一帯がアミューズメントパークでショッピングやレストラン、有名なアシカを見ることができます。

真ん中にフィッシャーマンズワーフの看板があり、シーフード料理やクラムチャウダーの露店が並びます。

その北側にある「ミュゼメカニーク」と 「ジェレミア・オブライエン」も外せません。
アメリカのレトロゲームの楽しめる観光名所です。

左側には「ハイドストリートピア」と「シーフード料理店」が並びます。
アメリカ西海岸で人気のハンバーガショップ「In-N-Out Burger」はこの辺にあります。

安値で食べられるので予算のない方はこちらでランチを食べましょう。

今回は左側のハイドストリートピアから真ん中のフィッシャーマンズサインを通り、ピア39へと向かっていきます。

アシカで有名なピア39を観光!人気のショッピングモール!

ピア39はお土産、レストラン、アトラクションが立ち並ぶショッピングモールです。
サンフランシスコの人気観光地で多くの観光客で溢れかえっています。

入口は「カニのモニュメント」が目印です。

買い物だけでなくメリーゴーランドなどの子供が楽しめる設備は充実しています。

フォレストガンプのレストラン「 BUBBA GUMP 」

BUBBA GUMPは日本にも進出しているアメリカで人気のチェーン店です。

フォレストガンプで主人公のフォレストが もしその後、レストランをオープンしたなら、こんな風になったのでは?という思いから作られたのだそうです。

店内には映画の撮影風景などの写真が多数飾られています。

店の前には映画「フォレストガンプ」で登場したベンチが再現されています。
映画を知らなくても記念写真を撮っておきましょう。

この隣にはフォレストガンプのグッズショップもありました。

【物価は高め】サンフランシスコは観光地価格です。

フィッシャーマンズワーフは観光地価格であるせいか食事をするにもお値段はお高めです。
軽食でも結構いい値段します。

このポテトで$4.75でした。日本円で500円くらい。。。ホットドックも$5以上します。
この辺でランチを考えている方は目星を付けてから来た方がよさそう。

名物!アシカの群れ!

イカダの上にはあふれるアシカの群れ。全盛期は乗り切らないほどの集まります。
このアシカたちはほとんどがオスで繁殖活動にあふれてしまったちょっと悲しいアシカらしいです。

ここに住みだしたのは1989年ごろからでカリフォルニア湾岸で起こった大きな地震からこの周辺の魚介類を求めて集まるようになりました。

アシカの鳴き声が合唱するかのようにここでは響き渡っていて異様な光景に見えました。

湾岸から見える!刑務所であった「悪魔島アルカトラズ

この場所から以前連邦政府の刑務所であった「悪魔島アルカトラズ」が見えます。
陸から三キロほど離れた孤島のため脱出不可能とされていますが、唯一脱出できた三人組がいるそうです。

約二年の歳月をかけて掘った隠し穴からイカダに乗って陸にたどり着いた。いまだにつかまっていないみたいです。。。

▼アルカトラズの観光ツアーは人気があります。日本語が安心という方はこのようなツアーも。

▼個人でフェリーを予約することも可能です。その場合必ず事前予約をしましょう。

予約は こちらの公式ホームページから→Alcatraz Island Official Tickets Site
観光の所要時間が3時間ほどが目安です。

世界中にある!ハードロックカフェ

ピア66に隣接してハードロックカフェがありました。いろいろな国に展開しているお店でアーティストのお宝グッズなども展示してあります。

エリッククラプトン!本物のギターが飾られていました!

洋楽好きの方は訪れると楽しいですね。食事をせずに展示物だけ見させてもらいました。

つづいてフィッシャーマンズワーフへ歩いていきます。

▼アルカトラズ島上陸を含めたサンフランシスコ1日観光ツアーというのもあります。
少々お高めですが、1日しか観光の時間がないという方にはこういうのもよさそうです。

サンフランシスコの名物看板!フィッシャーマンズワーフサイン

サンフランシスコといえばこのサインがよく登場します。フィッシャーマンズワーフの象徴的な場所です。

この周辺にはカニやエビなどの魚介類の屋台が有名。おしゃれなレストランも立ち並びます。
新鮮な魚介類を入れたクラムチャウダーをパンの器に入れて提供する軽食が人気です。

屋台経営者はほとんどアジア人でした。フィッシュ&チップスも提供しています。

パンで出来たワニが展示されていました。

穴場観光地!ミュゼ・メカニーク博物館

昔ながらのレトロゲームが多数展示してある博物館。
フィッシャーマンズワーフの船着き場にあります。日本の懐かしゲームもありました。

フィッシャーマンズワーフのお土産屋ストリート

さらに西に進むとお土産屋さんが立ち並んでいます。海洋博物館もあり、船の模型やグッズが多数ありました。

ハイドストリートピアで見れる全装帆船

サンフランシスコの歴史ある船着き場のハイドストリートピア。

停泊しているのは「Balclutha」。
「an 1886 square rigged sailing ship :1886年の全装の帆船」であるそうです。

船用語が難しいですが、四角い「帆」が三つあるのもが「全装」にあたるようです。

水をくみ上げる樽の「引き上げ」を体験できるコーナーもありました。

サンフランシスコはまずフィッシャーマンズワーフを半日観光!

サンフランシスコに到着したらまず来ておきたいフィッシャーマンズワーフ。半日観光を楽しみましょう。

この後の観光ルートは「ロンバードストリート」のグネグネ坂へ行って「ゴールデンゲートブリッジ」へ行くルートがオススメです。

サンフランシスコ観光モデルコースについてはこちらにまとめました。

ロンバードストリートまで歩いても行けますが、坂道なのでハイドストリートピアから出ているケーブルカーに乗るのも良さそうです。

ゴールデンゲートブリッジまではフィッシャーマンズワーフから自転車を借りてサイクリングすることもできます。

▼このようなツアーもありますが、自転車は現地でレンタルした方が安いです。

あわせて読みたい

▼アメリカでレンタカー旅行を考えている方はこちらもご覧ください。

▼ロサンゼルスの見どころをまとめました。旅行される方はこちらもどうぞ。

コメント