yochiを支援する 初めに読みたい12記事

【最新版】必要日数は2日!【ラスベガス観光モデルコース】不夜城を遊びつくそう!

アメリカ大陸横断旅行記

カジノ・ギャンブルの街ラスベガスは観光しやすい街。

ですがメインである「ラスベガスストリップ」が巨大すぎて1日で巡るには体力が足りません!

カジノを楽しむだけでもいいですが、せっかくなら各ホテルの特徴やラスベガスのエンターテイメントを楽しみたいですよね。

ラスベガスへの移動時間も含めたら2日間は必要だと思います。実際自分は2泊2日の旅をしました。

それをもとに今回のラスベガスを2日間で巡るモデルコースを作成してみたのでご紹介します。

ラスベガスは砂漠地帯ですので気候がカラッとしていて暖かく11月末の観光でしたが半そでで過ごすことが出来ました。

レンタカーで行きたいラスベガス最寄りのアメリカ国立公園「デスバレー」についてはこちら。

【観光日数は2日!】ラスベガスを短期間で遊び尽くすために!【モデルコース紹介】

ラスベガスで見ておきたい観光スポットは大まかにいうとこの3か所。

  • ラスベガスサイン
  • ラスベガスストリップ
  • ダウンタウン

その中でもラスベガスストリップが一番メインの観光地です。
特徴のあるホテルカジノをめぐりましょう。

「ダウンタウン」と「ラスベガスサイン」はせっかくラスベガスに来たなら行っておきたい場所。さほど時間はかからないので日中にサクッと観光に行きましょう。

今回のラスベガス観光モデルコース

一日目

午後2時:ラスベガス着
午後3時:ラスベガスストリップ観光前半戦(ファッションショーモール~ハイローラー)

二日目

午前10時:ラスベガスダウンタウン観光
午後13時:ラスベガスサイン観光
午後13時半:ラスベガスストリップ観光後半戦(ルクソール~ベラージオ)

ラスベガス観光1日目:ラスベガスストリップ前半戦

初日は移動時間も考えて15時からラスベガス観光をする設定でモデルコースを作ります。

自分は朝、ロサンゼルスからラスベガスへ長距離バスで6時間かけて移動しました。

ラスベガスは夜が本番。夕方からが徐々に観光客が増えて街が盛り上がってきます。

ファッションショーモールから観光開始!

まずはラスベガスストリップへ。ファッションショーモール前から歩いて南下していきましょう。

ここからラスベガスで有名なカジノホテルがずらりと立ち並びます。

順番に巡っていくならこの順番がいいかも。

  • ファッションショーモール
  • Treasure Island Hotel
  • ザ・パラッゾ
  • ベネチアン
  • ミラージュ
  • シーザーズパレス
  • フラミンゴラスベガス
  • ハイローラー

でもホテルは密集しているので気持ちの向くままに行きたいところに行けば良いと思います。

これだけでも数が多いですよね?w

カジノや夕食を楽しんだらこれでも時間が足らないかもしれません。

行かなかったら翌日に持ち越しましょう。

一際目立つ門構えのパリスラスベガスは魅力的。初日に行ってもいいですよ。
とりあえずここでは2日目に行くプランにしています。

1日目のモデルコースの見どころをまとめました。旅行中はこちらを参考に歩いてみてください。

無料のショーの時間帯を確認しよう!

カジノホテルでは時間によって無料のショーを開催しています。有名なところでファイヤーショーや噴水を使ったショー。

ショーの時間に合わせてホテルを巡り、バスも組み合わせて間に合うように向かいましょう。

15分ほど前からショーのために待機して場所を取るお客さんも多いです。

無料のショーに関してはこちらのブログで詳しく解説してくれています。

本格的なショーが見たい方へ!

ラスベガスは各種様々なショーも開催されています。ラスベガスストリップにはチケット売り場が各所にあるので確認してみてください。運よく売れ残りがあれば低価格で購入することもできます。

こちらのサイトでどのようなショーがあるのか確認できます。
ナイトツアーも様々な種類が揃っています。こちらも参考にどうぞ。

「 シルク・ドゥ・ソレイユ 」はとても人気です

ラスベガスで人気のショーは1984年に創立されたサーカス団は世界最高峰のエンターテイメント集団である「 シルク・ドゥ・ソレイユ 」 は有名です。

アクロバットが圧巻の『O(オー)』や史上最大の舞台装置が見ものの『KA(カー)』、マイケル・ジャクソンの音楽を使用した話題のショー『Michael Jackson ONE』など子供から大人まで楽しめるます。

「 シルク・ドゥ・ソレイユ 」のショーの詳細や値段、口コミ評価などはこちらを参考にしてみてください。

眠らない街ラスベガス1日目終了!

一日目はホテルカジノ巡りにクタクタになり夜の11時ごろ宿に戻りましたが、8人部屋のドミトリー宿にはルームメイトはいませんでした。

みんなまだ街にいるみたいです。

12時過ぎても帰ってくる気配はなかったのですが朝、起きた時にはみんな戻ってきていました。

今回利用した宿は「シンシティホステルラスベガス
一人旅におススメの格安宿です。

ダウンタウンとラスベガスストリップの間にあるのでバスを使えば効率良く観光できる好立地です。

ラスベガス観光にはバスが便利!

ラスベガスの移動は圧倒的にバスが便利です!なのでラスベガスに着いたらすぐにバス乗り放題券を購入することをオススメします。

思っている以上にラスベガスストリップは広いのでカジノホテル巡りだけでもクタクタになります。

ラスベガス観光2日目:ダウンタウンとラスベガスストリップ後半戦

ラスベガスダウンタウンエリア

ラスベガス2日目は最初にダウンタウンに向かいます。

地図では自分の宿泊した宿からの行き方を示しています。参考までに。

かつてのラスベガスの中心地であったダウンタウン。
見どころは多くないですが、ラスベガスストリップとは違った雰囲気を楽めます。

夜はライトショーやパフォーマーが増えて盛り上がります。ですが治安が悪いエリアなので日中行くのがベターだと思います。その分、ラスベガスストリップに夜の時間を使いましょう。

ラスベガスサインへバス移動!昼のラスベガスストリップの街並みを見よう!

ダウンタウンを観光した後はラスベガスサインへ向かいましょう。

ダウンタウンとは真逆の位置関係ですが、見晴らしのいい二階建てバスからラスベガスの街並みを観光バス感覚で楽しめます。

バスによっては乗り換えが必要なので注意してください。

二階建てバスで偶然日本人との出会う

バスの二階席一番前でラスベガスの景色を見ようと空いている席へ行くと日本人の青年男性が1人いました。

声をかけてみたら3ヶ月ほどかけてアメリカを回る旅人さんでした。

ラスベガスには1週間ほど滞在する予定なのだそう。

途中でその方とはお別れし、これまでの経歴やこれからの旅のルートなど、いいお話が聞けました。
異国にて日本人との出会いは楽しいです。

ラスベガスサインで記念撮影!

ラスベガスに来た証としてここで記念撮影をしましょう。

観光客に人気のスポットで写真撮影に行列ができています。

ですが実は横からでも撮れるのでまじめに並ぶのはやめておいた方が良さそうです。

カジノホテル巡り後半戦!南から北上していこう!

ラスベガスサインへ行った後はカジノホテル巡りを今回は南から北上していきます。

  • ルクソール
  • エクスカリバー
  • ニューヨークニューヨーク
  • MGMグランド
  • プラネットハリウッドリゾート
  • パリスラスベガス
  • ベラージオ

ルクソールはエジプトをコンセプトにしたホテルで外観が面白いのでぜひ明るいうちに訪れてください。
逆にパリスラスベガスは夜のライトアップされたときが綺麗です。

ラスベガスストリップ観光後半戦はこちらに詳しくまとめました。

ラスベガスの食事処!オススメのグルメスポットは?

食事代が高いアメリカですが、安く抑えるにはファーストフードがオススメです。

▼ラスベガスにはアメリカ中の人気ハンバーガーショップが近くに集まっているので食べ比べをしてみても楽しいかもしれません。

アジア料理が恋しくなったらこちらの中華料理を食べに行ってみてください。
$10ほどでボリューム満点の食事が楽しめます!

ラスベガスの面白いツアーに参加してみよう!

▼ラスベガスでは夜のイルミネーションやヘリコプターでの鑑賞ツアーも楽しそうです。

ラスベガス観光日数は2日で充分!カジノにははまらないように注意!

ラスベガスは街全体がエンターテイメントパークでお金を使わなくても楽しめるスポットが満載でした。

カジノに挑戦してアメリカンドリームを掴んでみるのもいいかもしれません!
けど自分はカジノはハマると抜けれなくなりそうですwww

ギャンブル依存に注意です!

日本語でカジノレッスンも開催されています。有料ですが興味のある方は受講してみるのもいいかもしれません。

自分はラスベガスではブラックジャックに挑戦してみました!
オーストラリアで大きく負けた経験からあるのでラスベガスでは冒険しませんでしたが少額でも十分楽しめます!

ラスベガスを満喫するには今回のように最低2日は必要だと思います。

見どころが多くて回りきれません。

夜がメインのラスベガスですので滞在日数は2泊2日をオススメします。

「もっともっとカジノを楽しみたい!」という方は日数をそれに応じて増やしてみてください。

個人的にホテル巡りは楽しかったです。数が多すぎますが出来る限り訪れてみてください。

ラスベガスの治安は?最低限の知識をつけておこう!

ラスベガスは治安がいいといわれることもありますが、それは「一部の場所」だけであって全体的に見ると治安は悪いです。

知らなかったでは済まされないような危険な目に遭わないために最低限の知識は必要です。
治安情報をまとめたのでお役立てください。

ラスベガス近郊にも見どころあり!!レンタカーを借りて旅に出よう!

ラスベガスに来たなら中心地だけでなくレンタカーを借りてアメリカの大自然も見に行きましょう!

車で2時間ほどの距離に日本では見られない大地の神秘を楽しむことが出来ます!

レンタカー予約はこちらのサイトがわかりやすく最安値を検索できます。
EasyRentCars.com

アメリカでレンタカーを借りる予定の方はこちらの記事もご覧ください。

有名なところでグランドキャニオンやセドナなど、2~3日かけて巡ることをオススメします。

自分はラスベガスから10日間、レンタカーを借りてグランドサークルを一周してきました。
宿代を節約して即席車中泊、即席キャンプ飯で充実した旅になりました!

▼ラスベガスの後はカリフォルニア州のロサンゼルスサンフランシスコに行くという方はこちらの記事も参考にしてみてください。

コメント