yochiを支援する 初めに読みたい12記事

【カリフォルニア州】必要観光日数とモデルコース紹介!【アメリカ西海岸旅行】

アメリカ大陸横断旅行記

アメリカ大陸横断旅はカナダのバンクーバーから始まり西海岸を縦断、ラスベガスからシカゴへ渡り、東側を周遊してきました。

カリフォルニア州のサンフランシスコへはポートランドから長距離電車アムトラックに乗って16時間かけて移動してきました。

南に下がると気候も暖かくなり、人々もどことなく陽気な雰囲気を感じます。

一気に旅をすると各都市の違いが見えてきます。アメリカ大陸西海岸の旅の様子です↓↓一人旅をされる方は参考にしてみてください↓↓
アメリカ大陸横断1人旅!西海岸縦断終了!各都市の特徴・治安を紹介!移動方法も!

【カリフォルニア州】必要観光日数とモデルコース紹介!【アメリカ西海岸旅行】

サンフランシスコ・ロサンゼルス・ラスベガスの3都市は一回の観光で回れる距離感にあります。

日本から最低9日の休みがあれば遊びに来れそう。

今回は旅の日程を自分の観光体験から考察していきたいと思います!

サンフランシスコ旅行記:観光日数2日

サンフランシスコの観光名所はおおよそ固まっており交通網も整備されているので観光しやすい街です。

滞在日数は2日もあれば充分。

主要観光名所はゴールデンゲートブリッジフィッシャーマンズワーフ
これだけに絞れば1日でも観光は可能です。

サンフランシスコの悪い点は宿代がとても高いところです。

シリコンバレーの影響でサンフランシスコの土地が買い上げられて地価が高くなっただめだそうです。

自分が一人旅で利用しているバックパッカーズホステルが40ドル以上ます。
(自分はこのとき$50しました、、、)

ロサンゼルスで$30ほど、ラスベガスで$25ほどの相場です。

長期滞在を見込めないので最高でも2泊といったところでしょうか。

そして、サンフランシスコは富裕層と貧困層の格差が拡大してしまったために街自体も治安が悪くなってきています。

サンフランシスコに危ない地域もありますので充分注意して観光しましょう。

ロサンゼルス旅行記:観光日数3日

ロサンゼルスは見どころ満載で街自体がエンターテインメント性を持っています。

ロサンゼルス観光はおおまかに

の観光計画を立てると良さそうです。

各観光地が1時間ほど離れていて、バスは交通渋滞で予定以上の時間がかかるときも多いです。

レンタカーでの移動は行きたい場所には行けるので便利ですが渋滞等を考えるとバスと同じとも考えられます。

オススメは電車移動とUberなどのタクシー移動です。

電車は大きく移動時間が変わることはないですし、細かい移動はUberを利用すると時間の節約になります。

ローカルの運転手さんだと運転し慣れているので早いルートを進んでくれます。

ロサンゼルスにはディズニーランド目当てで来る方も多いかと思います。
ディズニーランドなどのアミューズメントパークに行きたい方はその分日数を追加しましょう。

ラスベガス旅行記:観光日数2日

眠らないカジノの街「ラスベガス」。

街自体がアミューズメントパークの様相でネオンがきらびやか。多くの観光客は朝までカジノに明け暮れます。

ラスベガスの主要観光名所はラスベガスストリップダウンタウン」です。

ラスベガスの観光名所はまとまっているので移動に大きく時間はかかりません。

ですがラスベガスストリップのホテルカジノ巡りは長い距離を歩くのでとても体力を使います。

自分は2日に分けてラスベガスストリップのホテルカジノのほとんどを回りました。
その中でカジノを楽しむ時間も作ることができました。

ラスベガスと様々なショーが各ホテルで開催されているのでホテル巡りだけではなく、行く場所を絞ってショーを楽しむのもいいと思います。

観光日数は2日としましたが、もしカジノで1日中遊びたいという方はその分日数を追加していってください。

ラスベガス周辺国立公園旅行記:観光日数1~10日

ラスベガスまで行ったならさらにお勧めしたいのはラスベガス周辺の国立公園巡りです。

近いところではデスバレー国立公園
少し離れたところにグランドキャニオン国立公園があります。

日帰りで行けるところもあれば1泊をオススメする場所もあります。

基本的にレンタカーかツアーで行くことになります。

自分はレンタカーを借りてグランドサークルと呼ばれる国立公園が集まるエリアを10日間かけて一周しました。

皆さんも是非行ってみてください。

都市だけでなくアメリカは大自然も素晴らしいのでオススメ観光地です↓↓

カリフォルニア・3都市移動のおススメルート

この3つの都市の移動するには

サンフランシスコ~ロサンゼルス~ラスベガスのルートで行くのがベスト。(逆でもいいです)

サンフランシスコとラスベガスは山を越えなくてはいけないので交通の便が悪いです。

サンフランシスコ〜ロサンゼルス〜ラスベガスはともにバスで6時間ほどの移動で行くことができます。

最安値では2000円ほどでチケットが販売されていますので探してみてください。

レンタカーを借りて旅行がしたいという方へ

ロサンゼルス市内だけでなくヨセミテ国立公園やラスベガス、デスバレーなどに行かれる方はレンタカーが必要ですね。
レンタカー比較サイトはEasyRentCars.comが最安値の表示がわかりやすく保険も整っているのでオススメです。

アメリカでレンタカーの借り方が不安という方はこちらを参考にしてみてください。

必要日数を考えてみた!モデルコース作成!

日数に余裕が無く、キツイけど全ての都市を観光したい人用に予定を詰めてモデルプランを考えてみました。

  • サンフランシスコ1日目:日本からサンフランシスコに朝到着
  • サンフランシスコ2日目:サンフランシスコからロサンゼルスに深夜バスで移動
  • ロサンゼルス1日目:サンフランシスコからロサンゼルスに朝到着
  • ロサンゼルス2日目:ロサンゼルス観光
  • ロサンゼルス3日目:ロサンゼルスからラスベガスへ深夜バス移動
  • ラスベガス1日目:ロサンゼルスからラスベガスに朝到着
  • ラスベガス2日目:ラスベガスから日本へ

この予定だと7日間で3都市の観光ができます。

深夜バスを駆使しているので結構きついです

ですが自分のアメリカ観光はほとんどが深夜バスを利用して移動したのでできない事はないです。

深夜バスの場合、睡眠不足で体力的にきついので、夜になったら早めに宿に帰って休むなどの対応をしてください。

アメリカは全体的に治安が良くないので夜はあまり出歩かないほうがいいと思います。
(ラスベガスは夜でも繁華街であれば大丈夫です)

ラスベガスへは深夜バスで朝方早く着いたとしても眠らない街ラスベガスなのでカジノなどをして時間を潰すこともできます。

旅行予算をある程度お持ちの方へ

もちろん、お金があるから深夜バスでケチらなくてもいい!という方もいると思います。

そういう方は飛行機や特急列車などで移動時間を短縮して宿でしっかり体力回復をしましょう。

自分が提示したモデルコースはあくまでも最安値で行ける方法なので、それを軸にアレンジしてみてください。

見どころの多い観光地・カリフォルニア州とネバダ州ラスベガス

カリフォルニア州は日本から近い場所にあるので比較的行きやすいと思います。

自分の理想としては2週間ほどの休みを取って1週間はアメリカの都市巡りをし、もう1週間はラスベガスからの国立公園めぐりに当ててみてほしいです。

アメリカの大自然は壮大で日本では見ることのできない光景が広がります。

その大自然はアメリカの東海岸よりもまさにラスベガス周辺に点在しているのでラスベガスまできたらあと1歩で見れる場所にまで来ています。

見所の多いカリフォルニア州とラスベガスですので、長期の休みを使ってアメリカ観光に来てみて下さい。

アメリカ大陸西海岸北側も見どころは多い!

カナダのバンクーバーとアメリカのシアトル、ポートランドも比較的近い距離にあるのでまとめて観光することが出来ます。

ポートランドとサンフランシスコがバスで16時間ほど離れた距離にあるのでまとめて観光するより旅行は2回に分けて計画を立てた方がいいかもしれません。

北西部のブログをまとめました↓↓
観光地の行き方やおススメを紹介しています↓↓

コメント