ブライスキャニオン国立公園の見どころと人気トレイル・所要時間を徹底解説!

スポンサーリンク
アメリカ大陸横断旅行
スポンサーリンク

アメリカ合衆国のユタ州南西部に位置する「ブライスキャニオン国立公園」は、年間約150万人以上の観光客が訪れる人気の国立公園です。

円形劇場のような形の窪地に、「土柱」と呼ばれる無数の尖塔群が並ぶ独特の奇景で、ほかのアメリカ国立公園とは違った大地の神秘を感じることができます。

今回はそんなブライスキャニオン国立公園への行き方と観光の見どころ・回り方、人気トレイル、所要時間などを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

ブライスキャニオンとは?

ブライスキャニオンは、「フードゥー」と呼ばれる何千ものマルチカラーの岩の尖塔(土柱)を備えた巨大な自然の円形劇場といわれています。

ブライスキャニオンの特徴

ブライスキャニオンは、凍結破砕と川や湖底の堆積岩の河川侵食によって形成され、独特の地質構造を有しているのが特徴です。

赤、橙、白の岩層と鮮やかな青い空のコントラストが美しく、日の出・日の入りの柔らかな光の下で絶妙に輝きます。

また、近くのザイオン国立公園よりもはるかに高い標高(海抜2,400mから2,700m)にあるのも特徴の一つ。(上図赤枠がブライスキャニオン)

この地域の生態と気候はそのほかの国立公園とはまったく異なります。
1番低い位置(図左側)にあるのがグランドキャニオンです。

関連図書


Kindle unlimitedなら対象の旅行ガイドブックやドライブ関連書籍が読み放題です。

\30日以内の解約ですべて無料!/
✔月額980円で読み放題
✔漫画・雑誌・ビジネス書など200万冊以上

【関係記事】kindle unlimitedでお得に旅行ガイドブックを購読!

スポンサーリンク

ブライスキャニオン国立公園の入場料金

ブライスキャニオン国立公園の入場料金は、車一台につき$35(2021年9月現在)。一度入園料を払うと7日間有効です。

アメリカ合衆国の国立公園に3か所以上訪れる予定の方は、年間パス($80)がオススメです。

入場料・年間パスは各国立公園の入場ゲート、もしくはグランドサークル内の観光案内所で購入できます。

スポンサーリンク

ブライスキャニオンの観光の見どころ

ブライスキャニオンの観光の見どころは、4つの有名なビューポイントからの円形劇場の景観で、日の出・日中・日の入りなど時間帯によって様変わりした絶景が見られます。

そのほか、ブライスキャニオンではフードゥーの間を縫って歩くトレイルが人気があり、迫力のある巨大な岩や独特な地層を間近に見ることができます。

ブライスキャニオンの観光の見どころ
  • ビューポイントから見る円形劇場の景観
  • 朝日に照らされた”フードゥー”
  • フードゥーの間を縫って歩くトレイル
スポンサーリンク

ブライスキャニオンへの行き方

ブライスキャニオン国立公園までの行き方は、最寄りの大都市は「ラスベガス」からレンタカー、もしくは観光ツアーへの参加が一般的です。(公共交通機関でのアクセスはありません)

観光ツアーはザイオン国立公園を合わせた1泊2日のプランが人気があります。

ラスベガスからの行き方

ラスベガスからブライスキャニオン国立公園までは車で4時間以上かかります。

途中にある「カナブ」の町で食料の調達や観光案内所で情報収集すると良いでしょう。

また、ブライスキャニオン国立公園からザイオン国立公園までは車で2時間ほどの距離にあります。それぞれに1日滞在する観光プランを組み立てましょう。

ザイオン国立公園の見どころは以下の記事で詳しく解説しています。

✅アメリカで最安値のレンタカー予約サイト

Rentalcars.com|楽天トラベルと提携
※世界6000箇所以上の地域で最安値を比較・予約出来ます。

RentingCarz|世界最大級のレンタカー予約検索エンジン
※大手レンタル会社22社を一括して価格比較できます。

【参考記事】アメリカでレンタカーを借りる方法と返し方の手順

スポンサーリンク

ブライスキャニオンの絶景ビューポイント

ブライスキャニオンには押さえておきたい以下の4つのビューポイントがあり、それぞれに特徴的な景観が見られます。

✅ブライスキャニオンのビューポイント(青枠)

  • Bryce Point(ブライス・ポイント)
  • Inspiration Point(インスピレーション・ポイント)
  • Sunset Point(サンセット・ポイント)
  • Sunrise Point(サンライズ・ポイント)

ブライスポイント(Bryce point)

ブライスポイント(Bryce point)は、四つのビューポイントの中で最南端、そして最も標高の高い所 (2,530m) に位置する人気のビューポイントです。

日の出の景観が美しいことでも知られ、太陽が昇ると火のようにオレンジ色の光が広がり、円土柱のてっぺんが燃えているように見えます。

また、人気のトレイルコース「ピーカブー・ループ・トレイル」は、ブライス・ポイントから入り、1マイルほど下ったところから始まります。

インスピレーションポイント(Inspiration point)

インスピレーションポイント(Inspiration point)は、公園内で一番大きな円形劇場です。

数多くの土柱群と色の違うカラフルな層を見下ろすことができ、ブライスキャニオン全体を見渡すことができます。

サンセットポイント(Sunset point)

サンセットポイントは、夕日の景観が美しく見られるビューポイントです。太陽の傾き具合により、岩肌の色が変化していく光景が見られます。

自分が行ったときは秋から冬にかけての時期で、太陽の位置関係により早い時間から影ができてしまいました。周囲を岩に囲まれているので、日の入りは早いようです。

サンライズポイント(Sunrise Point)

サンライズ・ポイントは名前の通り、綺麗な朝日が見られるビューポイントです。朝日に照らされた石柱群が美しく、幻想的な光景が見られます。

スポンサーリンク

ブライスキャニオンで人気のトレイルコース

ブライスキャニオンには、10本ものトレイルコースがあります。その中で人気があるのが以下のトレイルコースです。

✅ブライスキャニオンで人気のトレイルコース

  • ナバホ・ループ・トレイル(Navajo Loop Trail)
  • クイーンズ&ナバホトレイル (Queen’s /Navajo Trail)
  • ピーカブー・ループ・トレイル(Peekaboo Loop Trail)

ナバホ・ループ・トレイル(Navajo Loop Trail)

サンセット・ポイントから始まるナバホ・ループ・トレイル(Navajo Loop Trail)は、全長2.2km、標高差159mの中級者向きループトレイルです。

所要時間は1~2時間ほど。狭い谷底に高いもみの木が並ぶウォールストリート、3つのフードゥーが並ぶスリー・シスターズ、北欧神話の雷神トールのハンマーという巨大な岩などの見どころがあります。

トレイルの始めは急斜面のジグザグ坂が続きます。時間がない方はここだけでも行ってみましょう。観光ツアーの方も時間がない中、このジグザグ坂を楽しんでいました。

夏場のみの開放です。冬場は凍結や雪の関係で封鎖されます。

クイーンズ&ナバホトレイル (Queen’s /Navajo Trail)

ブライスキャニオン国立公園で一番人気のトレイルが「クイーンズ&ナバホトレイル (Queen’s /Navajo Trail)」です。

所要時間は2〜3時間、全長4.6kmほどです。ブライスキャニオンの魅力を堪能できるトレイルコースで、高低差はあるものの歩きやすい道のりは初心者でも楽しめます。

ピーカブー・ループ・トレイル(Peekaboo Loop Trail)

ピーカブー・ループ・トレイル(Peekaboo Loop Trail)は、ブライスポイントから始まり、ブライス・アンフィシアターの中心部を抜けるトレイルコースです。

勾配の激しい上級者向けのトレイルですが、ブライスキャニオンの中で最も美しい景色を楽しめます。

一周は8.9km。標高差244m。所要時間は3~4時間ほどで、周遊ルートは反時計回りがおすすめです。

ブライスキャニオン国立公園の観光所要時間

ブライスキャニオンの観光所要時間は3~4時間ほどを見積もっておきましょう。

国立公園の観光案内所では以下のような観光プランが推奨されています。

以下翻訳です。

✅観光所要時間が4時間以下の場合

1.ブライスポイントインスピレーションポイントを見学
2.サンセットポイント~サンライズポイントのリムトレイル(1.6㎞)
もしくはクイーンズ / ナバホトレイルを散策(4.8㎞)

ブライスキャニオン国立公園は、ビューポイントから景色を眺めるだけなら30分~1時間ほどで見学できます。

時間のない方は、少しだけでもナバホループトレイルを散策してみることをお勧めします。

ブライスキャニオン国立公園での食事

ブライスキャニオン国立公園内には、ブライスキャニオンロッジ(Lodge at Bryce Canyon)があり、レストランが併設されています。

ロッジの宿泊客も利用するレストランで、180席ありますが時間帯によっては混み合います。

営業時間等はこちらの公式サイトをご覧ください。

ブライスキャニオン国立公園周辺のホテル

ブライスキャニオン国立公園での宿泊は、公園内の唯一のホテルブライスキャニオンロッジ(Bryce Canyon Lodging)が人気です。

夏の繫忙期は予約が取りにくいので早めの予約をおすすめします。

ブライスキャニオン近郊では、360室以上の客室をもつ広大な「ルビーズイン」も人気があります。

▼ブライスキャニオン周辺の宿泊施設

グランドサークルの拠点の町「カナブ」に宿泊すると、ザイオン国立公園やアンテロープなどにもアクセスしやすいので便利です。

ブライスキャニオンからは車で2時間ほどの距離にあります。

▼カナブ周辺の宿泊施設

ブライスキャニオン国立公園の観光ツアー

ブライスキャニオン国立公園へはラスベガス発の観光ツアーがいくつか組まれており、ザイオン国立公園とセットになったツアーが人気があります。

その他、アンテロープやモニュメントバレー、グランドキャニオンなどのグランドサークルを巡るツアーもオススメです。

ブライスキャニオン国立公園近郊の観光名所

ブライスキャニオン国立公園は、「グランドサークル」と呼ばれるパウエル湖を中心とした半径230kmのサークル内に位置しています。

近郊にはアメリカを代表する国立公園、国定公園などが数多く点在しており、少し足を延ばせば有名な観光名所を巡ることができます。

自分はこのグランドサークルを上記モデルコースで10日間で巡ってきました。個人旅行でグランドキャニオンへ訪れた方にはおすすめです。

グランドサークルをレンタカーで1周してきた様子はこちらの記事で詳しく解説しています。

【ブライスキャニオン観光】まとめ

ブライスキャニオン国立公園は、アクセスの関係でグランドキャニオンを含めた観光ツアーに組み込まれないことが多いですが、見どころが多く外せないアメリカの国立公園です。

ラスベガスからならザイオン国立公園と合わせて1泊2日で観光できるので、レンタカーを借りてブライスキャニオンのトレイルや朝日・夕日の景観を楽しんでみてください。

そのほか、ブライスキャニオン周辺の観光名所を以下の記事で解説しているので、合わせてご覧ください。

アメリカ旅行の参考になれば幸いです。

【関連記事】ブライスキャニオン周辺観光名所