ホースシューベンド観光|行き方と見どころ徹底解説

アメリカ
スポンサーリンク

アメリカ合衆国アリゾナ州ページに位置する「ホースシューベンド(Horseshoe Bend)」は、大きく蛇行したコロラド川と浸食された大地の絶景が見られる観光名所です。

SNSで話題となり、年間の訪問者数は急激に増加。今では年間200万人以上の観光客が訪れます。

日本からの観光客も多く、近郊のアンテロープキャニオンやグランドキャニオンと合わせた観光ツアーが人気です。

今回は、そんなホースシューベンドの行き方と見どころについて詳しく解説していきます。

CHECK!全国旅行支援の期間延長について【最新情報】
楽天トラベルでは一部の県について、期間延長分の予約を開始しています。

ホースシューベンドとは?場所と成り立ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ホースシューベンドは、ロッキー山脈の中央部を水源として流れる ”コロラド川” が長い年月をかけて浸食したことによって形成した峡谷です。

独特な曲線が美しく、「馬の蹄(=horseshoe)」のように見えることからこの名が付けられました。

グレンキャニオンダムとパウエル湖から8.0km下流にあり、グランドキャニオン国立公園の始まりまでわずか15.0kmほどです。

グランドキャニオンのイーストリムとも呼ばれ、ホースシューベンドではコロラド川の近くのグランドキャニオンに”入っている”ような体験ができます。

ホースシューベンドへの行き方

ホースシューベンドまでの行き方は、最寄りの大都市「ラスベガス」からレンタカー、もしくは観光ツアーへの参加が一般的です。(公共交通機関でのアクセスはありません)

ラスベガスからホースシューベンドまでは車で4時間30分ほどです。

日本からの観光ツアーでは、ラスベガスからホースシューベンド→アンテロープ→モニュメントバレー→グランドキャニオンという観光プランが一般的です。

ホースシューベンドからグランドキャニオンへの行き方

グランドキャニオンは峡谷を挟んで「サウスリム(South Rim)」と「ノースリム(North Rim)」に分かれており、観光の中心となるのは”サウスリム”です。

どちらもホースシューベンドから車で2時間半ほどで行くことができます。

ホースシューベンドの入場料金と所要時間

ホースシューベンドの入場料は無料です。24時間開放され、駐車料金は1台$10です。

駐車場からホースシューベンドの峡谷までは片道1.2㎞、15分ほどのハイキングコースを歩きます。現地では崖上からの絶景を見るだけなので、観光所要時間は1時間ほどを見積もっておけば十分です。

観光は個人旅行で十分楽しめます。移動には車・レンタカーが必要で、以下サイトから低価格で借りられます。

✅アメリカで最安値のレンタカー予約サイト

Rentalcars.com|楽天トラベルと提携
※世界6000箇所以上の地域で最安値を比較・予約出来ます。

RentingCarz|世界最大級のレンタカー予約検索エンジン
※大手レンタル会社22社を一括して価格比較できます。

なお、海外旅行のチケットは、航空券+宿泊+送迎(オプション)がセットになった「海外ダイナミックパッケージ」でおトクに購入できます。

航空券とホテルの組み合わせが自由自在。オリジナルの旅を作れる人気のツアーです。
以下の旅行会社で取り扱いがあるので、チェックしてみてください。

▶【JTB】海外ダイナミックパッケージ
▶【HIS】リベンジ旅応援セール
▶【JAL】海外旅行応援キャンペーン

▶【近畿日本ツーリスト
▶【楽天トラベル】海外楽パック
▶【日本旅行】海外航空券+ホテル

転落事故多発!ホースシューベンドの注意事項

ホースシューベンドにはいくつかの注意事項があります。事前に確認しておきましょう。入り口の看板には以下のような注意書きがあります。

✅ホースシューベンドの注意事項

  • 岩場は安定していないので写真を撮る際などは十分注意すること
  • 子供をよく見ておくこと
  • 日光に気を付けること
  • 砂漠気候であることを留意すること
  • 砂や岩で出来たトレイルを歩くときに不安定なので気を付けること
  • 天気がいきなり変わることもあるので天気を見ておくこと
  • 危ない時は車に避難すること

ホースシューベンドでは毎年何件も転落事故が発生しており、現在は転落死が多発した区間のみ柵が設置されています。

さらに、転落死以上に熱中症にも注意が必要です。ハイキングコースには日陰がほとんどないので帽子やサングラス、日焼け止めなどの基本的な暑さ対策と、十分な水を必ず持っていきましょう。

ホースシューベンドの絶景

ホースシューベンドの展望台では、300m崖上からの絶景が見られます。

以前は上記写真のように自由に写真撮影ができましたが、たびたび転落事故が発生したため、ホースシューベンドには以下のような”柵”が設けられました。

見学の時間帯は太陽が真上にあり、ホースシューベンドに影のかからない日中がおすすめです。

夕日の時間帯も人気で、多くの観光客が集まります。

ホースシューベンドの観光ツアー

ホースシューベンドへはラスベガス発の観光ツアーがいくつか組まれており、グランドキャニオンとセットになったツアーが人気があります。

ホースシューベンド周辺のホテル

ホースシューベンドのあるアリゾナ州ページは、大型スーパーも展開する大きな町なので宿泊施設も豊富にあります。

周辺観光地への拠点として最適な町です。

\ホースシューベンド周辺の宿泊施設/

ホースシューベンド近郊の観光名所

ホースシューベンドは、「グランドサークル」と呼ばれるパウエル湖を中心とした半径230kmのサークルの入り口付近に位置しています。

近郊にはアメリカを代表する国立公園、国定公園などが数多く点在しており、少し足を延ばせば有名な観光名所を巡ることができます。

自分はこのグランドサークルを上記モデルコースで10日間で巡ってきました。個人旅行でホースシューベンドへ訪れた方にはおすすめです。

グランドサークルをレンタカーで1周してきた様子はこちらの記事で詳しく解説しています。

【ホースシューベンドへの行き方と見どころ】まとめ

ホースシューベンドはグランドサークル内でも屈指の ”インスタ映え” スポットです。近郊にあるアンテロープキャニオンと合わせて観光に訪れてみてください。

そのほか、ホースシューベンド周辺の観光名所を以下の記事で解説しているので、合わせてご覧ください。

【関連記事】ホースシューベンド周辺観光名所