モニュメントバレーへの行き方と観光の見どころ・所要時間・朝日夕日の景観を徹底解説

スポンサーリンク
アメリカ大陸横断旅行
スポンサーリンク

アメリカの原風景ともいえるモニュメントバレーは、アメリカ先住民ナバホ族の聖なる土地です。ハリウッド初期の西部劇作品がこのモニュメントバレーで撮影されたことから、世界にその名が広まりました。

今回はそんなモニュメントバレーへの行き方と観光の見どころ、所要時間・朝日・日の出の様子などを解説していきます。

スポンサーリンク

モニュメントバレーとは?特徴と成り立ち

モニュメント・バレーとは、アメリカ合衆国西南部のユタ州南部からアリゾナ州北部にかけて広がる地域一帯の名称です。

約700万ヘクタールにおよぶナバホ族の故郷“ナバホ・ネイション(Navajo Nation)”の一角にあり、あたかも記念碑(モニュメント)が並んでいるように見える景観からこの名がつけられました。

赤色の砂石で創られた独特の地形は、2億7千万年位前の地層が現われたものが風化、浸食によって形成されたもの。

メサ”といわれるテーブル形の台地や、さらに浸食が進んだ岩山”ビュート”が点在しています。

統計では年間の晴天日が約300日もあり、 砂漠気候のために雨は全然降りません。標高が1500~1600mと高く、夏の日中は32℃~35℃くらいになりますが朝夕は20℃を下回ることもあります。

関連図書


Kindle unlimitedなら対象の旅行ガイドブックやドライブ関連書籍が読み放題です。

\30日以内の解約ですべて無料!/
✔月額980円で読み放題
✔漫画・雑誌・ビジネス書など200万冊以上

【関係記事】kindle unlimitedでお得に旅行ガイドブックを購読!

スポンサーリンク

モニュメントバレーとナバホ族との歴史

モニュメントバレーはアメリカの国立公園でははく、古くからのナバホ族居住地域です。現在は居留地となり、その一部をナバホ族管轄のもと一般に開放する形で公開されています。

現在では「Navajo Nation」と呼ばれる”居留地”がアメリカ合衆国公認の「国」として認められ、そこには約25万人のナバホ族が住んでいます。

モニュメントバレーの観光の前に

ナバホ族の聖地であるモニュメントバレーには普通に暮らしている人達がいるので、その神聖な地にお邪魔している意識をもって観光しましょう。

居留地内では禁酒法が定められており、一切の飲酒とアルコールの類の販売が禁じられています。

たとえ観光客相手の店やロッジであっても一滴も飲むことは出来ないので注意してください。

スポンサーリンク

モニュメントバレーの観光の見どころ

「ミトン・ビュート」と「メリック・ビュート」

モニュメントバレーの観光の見どころは、観光案内所の展望台から見られる「ミトン・ビュート」と「メリック・ビュート」の景観です。

モニュメントバレーを象徴する風景で、ガイドブックなどにも写真が使われています。

そのほか、でこぼこ道に耐えられる車をお持ちの方はバレードライブへ。
お持ちでない方はワイルドキャットトレイルでビュートまでの散策を楽しみましょう。

時間があれば、映画「フォレスト・ガンプ」の撮影で登場した「フォレスト・ガンプ・ポイント」も立ち寄ってみてください。

スポンサーリンク

モニュメントバレーの観光所要時間

モニュメントバレーの観光所要時間は、展望台からビュートを見るだけなら20分~1時間ほどです。

バレードライブ、もしくはワイルドキャットトレイルへ行くなら2~3時間を見積もっておきましょう。

朝日や夕日の景観を見るなら、1時間ほどゆっくりと眺める時間を確保することをおすすめします。お土産屋さんはお買い物をする時間も必要ですね。

スポンサーリンク

モニュメントバレーの営業時間と入場料

モニュメントバレーの入場料金は車1台(4名まで)につき$20です(2021年9月現在)。
自転車や徒歩での入場なら1人$10

アンテロープと同様に、ナバホ族の管轄区域なのでアメリカ国立公園の年間パスは使えません

モニュメントバレー営業時間

夏季(5-8月):6:00-20:00
冬季(9-4月):8:00-17:00
※朝日を見る方はそれよりも前に入場できます。

スポンサーリンク

モニュメントバレーで訪れたい観光スポット

✅モニュメントバレーで訪れたい観光スポット

  • 観光案内所の展望台からの景観
  • バレードライブ
  • ワイルドキャットトレイル
  • フォレスト・ガンプ・ポイント

ではモニュメントバレーの観光の見どころをそれぞれ解説していきます。

「ミトンビュート」と「メリックビュート」

モニュメントバレーの観光案内所の展望台からは上の写真のような景観が見られます。

モニュメントバレーを象徴する三体のビュート「ミトンビュート」と「メリックビュート」です。

モニュメントバレーの朝日・夕日

モニュメントバレーを象徴する三体のビュートは太陽の位置、時間帯によってその姿を変えていきます。

以下はモニュメントバレーの朝日。

朝日を見るためにはモニュメントバレーに宿泊するか、早朝に入場する必要があります。
※営業時間外でも入場できます。

以下はモニュメントバレーの夕日。

ビュートが夕日に赤く照らされて神秘的な光景が見られます。

バレードライブ(Valley Drive)

バレードライブ(Valley Drive)は、ビュートやメサを間近で見ることができる27Kmにも及ぶ未舗装の凸凹道です。

11箇所のビューポイントを周りながら、いかにもアメリカ西部らしい雄大な景色の中をドライブすることができます。

特に人気なのが、西部劇の舞台として多く登場する「ジョン・フォードポイント(John Ford Point)」

映画監督ジョン=フォードが好んで使った撮影ポイントで、「駅馬車」「黄色いリボン」「荒野の決闘」「アパッチ砦」などの作品で繰り返しロケーション撮影が行われました。

バレードライブでは4WD推奨

バレードライブは未舗装道のダートロードです。
ネットではいくつかのサイトで乗用車でも気を付けて運転すれば走行できる」と紹介されていました。

ですが、個人的には4WD、もしくは大きめの車を推奨します。

自分が借りたレンタカーは”ヒュンダイ・アクセント”というサブコンパクトカーで、とても27Kmのダートロードを無事に完走できるスペックではありませんでした。

故障・事故があってもレンタカーの保険対象外。バレードライブの入り口で引き返していく乗用車を何台も見かけました。

ワイルドキャットトレイル(Wildcat Trail)

ワイルドキャットトレイル(Wildcat Trail)は、ウェストミトンビュートを一周する6.3 kmのループトレイルです。

このトレイルを利用する人はごくわずかなので、モニュメントバレーの美しい景色を思う存分堪能できます。

所要時間は1~3時間ほど。ビュートを一周せずに戻ってくれば短時間のハイキングが楽しめます。

砂漠地帯ですので飲み物は必須1リットル以上の水が推奨されています。

実際に行ってきた様子は以下の記事にまとめたので合わせてご覧ください。

フォレスト・ガンプ・ポイント(Forrest Gump Point)

モニュメントバレーの観光案内所から車で17分ほど離れた位置にあるのが「フォレスト・ガンプ・ポイント(Forrest Gump Point)」です。

映画「フォレスト・ガンプ」で主人公がアメリカ中を走るシーンの一部として使われた場所で、多くの観光客が写真撮影に訪れます。

モニュメントバレー観光でおすすめのホテル

モニュメントバレー観光での宿泊は、お部屋からモニュメントバレーの朝日が楽しめる「ザ・ビューホテル」が人気です。

ですが、競争率がとても高いので自力ではほとんど場合で予約できません。

「ザ・ビューホテル」に宿泊したい場合は、JTBが主催するモニュメントバレー観光ツアーを利用しましょう。

ラスベガス発1泊2日。アンテロープとグランドキャニオンの観光も含まれるツアーです。
ツアー詳細はこちら

レンタカーで行かれる方は、モニュメントバレー周辺で宿泊すると良いでしょう。

グールディングス ロッジ (Goulding’s Lodge)カエンタ Kayenta の町に宿泊施設がたくさんあります。

モニュメントバレー観光|ラスベガスからの行き方

モニュメントバレーまでの行き方はレンタカー、もしくは観光ツアーが一般的です。

最寄りの大都市は「ラスベガス」。日本から旅行者の多くは、ラスベガスからモニュメントバレー近郊のグランドキャニオン・アンテロープなどと合わせて観光しています。

ラスベガスからモニュメントバレーまでは車で6時間半ほど。宿泊はホースシューベンドアンテロープなどの観光名所があるアリゾナ州ページの町が便利です。

帰路はグランドキャニオンを観光してからラスベガスに戻ると充実した旅行になります。

✅アメリカで最安値のレンタカー予約サイト

Rentalcars.com|楽天トラベルと提携
※世界6000箇所以上の地域で最安値を比較・予約出来ます。

RentingCarz|世界最大級のレンタカー予約検索エンジン
※大手レンタル会社22社を一括して価格比較できます。

【参考記事】アメリカでレンタカーを借りる方法と返し方の手順

モニュメントバレーの観光ツアー

モニュメントバレーまではラスベガス発の観光ツアーが多数組まれています。日帰りや1泊など種類は様々です。

オススメの観光ツアーは以下サイトから検索できます▼

モニュメントバレー近郊の観光名所

モニュメントバレーは、「グランドサークル」と呼ばれるパウエル湖を中心とした半径230kmのサークル内に位置しています。

近郊にはアメリカを代表する国立公園、国定公園などが数多く点在しており、少し足を延ばせば有名な観光名所を巡ることができます。

自分はこのグランドサークルを上記モデルコースで10日間で巡ってきました。個人旅行でグランドキャニオンへ訪れた方にはおすすめです。

グランドサークルをレンタカーで1周してきた様子はこちらの記事で詳しく解説しています。

【モニュメントバレー観光】まとめ

モニュメントバレーでは近郊のアメリカ国立公園とは違った大地の神秘を見ることができます。
ドライブやハイキングでアメリカの原風景をじっくり堪能してください。

そのほか、モニュメントバレー周辺の観光名所を以下の記事で解説しているので、合わせてご覧ください。

アメリカ旅行の参考になれば幸いです。

【関連記事】モニュメントバレー周辺観光名所