\Gotoキャンペーンの利用方法とは?【楽天トラベル】/

【ワシントンDC】観光に便利な交通手段まとめ!

アメリカ大陸横断旅行記

アメリカ・ニューヨークから長距離バスに乗ってワシントンDCまでやってきました。
新しい都市に来てまず悩むことは交通機関の仕組みを知ることです。

ワシントンDCはユニオンステーションを中心に各交通が張り巡らされています。

宿選びにもこの交通は関係してくるので予約の前に把握しておきましょう!

✅GoToトラベルキャンペーンでお得に国内旅行!


国内旅行は最大35%OFFになるGoToトラベルキャンペーンを有効に活用しましょう!

対象となる旅行の条件は、GoToトラベル事業の支援対象の旅行であることです。日帰り旅行でも、条件付きのセットプランで適用されるのでチェックしてみてください!!!

▼Go To Travelキャンペーンを利用できる主な旅行会社は以下です。

【ワシントンDC】観光に便利な交通手段まとめ!

ワシントンDCには3つの主要な乗り物があり、観光地を回るCirculator busサーキュレーターバス、
地下鉄、street carストリートカーがあります。

基本的な観光であればサーキュレーターバスを駆使すればワシントンDCを観光できます

宿の近くにサーキュレーターバスか地下鉄が走っていればワシントンDC観光を効率よく回れると思います。

1ドルバス! Circulator busサーキュレーターバス

なんと一回の乗車は$1!!!それだけでいいんです。

便利ですね。乗車時に運転手さんの前の機械に一ドル紙幣を通してください。キャッシュのみです。

赤色で観光地方面。黄色でダウンタウン方面に行けます。

どの降り場で度の観光地に行けるのか詳細が書いてあります。

博物館を巡るだけでも結構な距離を歩くので、移動にはうまくこのようなバスを使って体力を温存しましょう。

地元民の交通手段!ワシントンDCの地下鉄

地下鉄は観光のためというよりも地元民の移動方法として役立つ移動方法です。

今回の観光ではアメリカ国防総省の本庁舎である「ペンタゴン」に行った時と、ワシントン・ダレス国際空港に近いスミソニアン国立航空宇宙博物館「スティーブン F. ユードバー ハジーセンター」に行ったときに利用しました。

ワシントン観光では一日乗り放題券を使うと安く移動できるので、地下鉄を使う観光地を一日にまとめました。

地下鉄料金

ワシントンでの地下鉄を利用するには「Smart Trip」という日本のSUICAのようなICカードを購入しなくてはいけません。

1枚$10で購入し、$8は運賃としてチャージされますが、$2はカード代戻ってきません。
ICカードを返却してキャッシュバックもありません。

Peak 時 (9:30 am and 3-7 pm) は$2.25 ~$6.00
Off-Peak 時は$2.00 ~$3.85で行き先によって変動します。

一日乗り放題券は$14.75で地下鉄券売機で購入できます。

無料!東側移動にstreet carストリートカー

ストリートカーが走っているのはユニオンステーションから東側に一本だけです。
ホテルがこちらの方にある方はうまく使いましょう。

なんせこれは無料!!!ありがたいですね。

この通りにはスーパーがいくつか立ち並んでいるので便利です。

東側は治安悪そう

ホステルがこのライン沿いにあり、ALDIというドイツ系の格安スーパーもあるので行ってみたところ、なんか雲行きが怪しくなってきました。

なんか悪いオーラを感じる方々が集まっていました。

勝手なイメージですが、低所得者層が集まっているように感じました。

あくまでそのように感じただけですが、片隅にとどめておいてください。

電動シェアスクーター !ライムバイク

久々に登場のライムバイク!アメリカ国内で電動シェアスクーターとして広く展開しています。
今回の自分の旅ではロサンゼルス、シアトル、ポートランド、デトロイトで活躍してくれました。

以前のブログでも書きましたが、非常に便利です。
どこにでも乗り捨てができるので行きたいところへ自由に移動できます。

けれどワシントンには台数が少ないです。全然見つけられない!

欲しい時に手に入らなかったので便利度でいえばほかの都市には負けますが、宿から博物館までの道のりをこのライムバイクで移動しました。

宿がダウンタウンの上の方にあり、バスを使うとユニオンステーションまで出なくてはいけません。
直線距離で移動出来て時間の短縮になりました。

詳しくはライムバイク公式サイト

ニューヨークからワシントンDCへ長距離バスでの移動方法

ニューヨークからワシントンD.C.への交通手段には長距離バス「Our bus」を利用しました。
4時間半ほどの道のりです。

検索したバス会社の中では最安値でサービスも良かったです。

ニューヨークからワシントンD.C.まで$22.75帰りのバスはなんと、
ワシントンD.C.からニューヨークまで$6.75でした!
帰りのバスでは行きのチケットを購入した際に5ドルの割引券をくれたので利用しました。

ニューヨークのバス停とバスの様子

ニューヨークの長距離バスが集まるPort Authority Bus Terminalの地下レベルのバス停から出発します。

25番ゲート集合と送られてきたメールに書いてあるので間違えないようにしましょう。
Our busは小さい会社でゲートがわかりにくいです。

乗客は「ここOur bus?」と各々で確認しあっていました。
自分も不安だったので並んでいる人に聞きました。

バスは狭くもなく広くもなく文句ありません。充電ポートがあるのがいいですね。

何人かのグループがバスに乗るなりピザやパイを食べ始めました。
この光景は通常みたいです。

ワシントンDCのバス停はユニオンステーション駅の北側に到着します。
いきも帰りもそこのバス停から出ます。

Our busのワシントンDCからニューヨークに行く際はニューヨークの到着時のバス停がターミナルではなくよくわからない場所で降ろされますので注意してください。
参考までにその住所を載せておきます→Park Avenue South between 26th and 27th

観光しやすいワシントンの交通網

ワシントンD.C.の観光にはサーキュレーターバスをメインに使いましょう。

1ドルで移動できますしワシントンD.C.の主な観光地である各スミソニアン博物館につながっています。
博物館同士も近いので歩いて行けます。

地下鉄に乗る必要のある観光地を1日にまとめて一日乗車券を購入すると交通費を安く抑えることができます。
交通網を知ることは宿選びに役立てると思います。

今回泊まった格安宿は立地は良かったですが、いい宿ではありませんでした。
参考までに紹介しています↓↓
ワシントンDCの一人旅の格安宿紹介!バッパーホステル2選と宿泊レポート

少し離れていても地下鉄やサーキュレーターバス乗り場に近い場所なら観光にも出やすいです。
ワシントンD.C.観光の参考にしてみてください。