yochiを支援する 初めに読みたい12記事

本場!サンフランシスコでブルーボトルコーヒーに行ってみた!ジャイアンツの野球場散歩!

アメリカ大陸横断旅行記

アメリカ大陸西海岸縦断旅はサンフランシスコを観光しています。

この日の観光日程はフィッシャーマンズワーフへ行き、
ロンバードストリートへ行った後、
バスに乗ってサンフランシスコジャイアンツの本拠地とフェリービルディング内のブルーボトルコーヒーに行ってみます。

サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地「 AT&T Park 」 を散策しよう!

サンフランシスコ観光で押さえておきたかったサンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地「 AT&T Park 」

ここはホームランを打ったら海に入ってしまうことで有名な球場で、かつてホームラン記録を達成したバリーボンズが所属していたチームです。

AT&T Parkはダウンタウンからバス一本

サンフランシスコジャイアンツの本拠地AT&T Parkはダウンタウンや観光地からもバス一本で来れる距離にあります。

残念ながら行った時期が11月で野球のシーズンは終わっていました。

それでもグッズショップはシーズンではないですが開いていました。

ジャイアンツはこう見ると日本の巨人軍に似てますねー。オレンジの具合もカッコいい。

いわゆるホームランが出たら海に入ってしまう場所。ホームランボールをとるためにカヌーでスタンバイしている人がテレビで放送されたことが有名です。
スタジアムをぐるっと1周しました。

地面にはバリーボンズの記念プレートが埋め込まれています。

これもバリーボンズの715号ホームラン記念ですね。

スタジアムがすぐ近くにあります!アメリカは選手との距離感がいいですよね。

逆側は船着き場になっていました。こスタジアムの周りでランニングをしている人も多かったです。
いいですよね。こういう環境は憧れます。

at&tパークからフェリービルディングへ移動

at&tパークからは路面電車で一本で行けます。
海沿いの景色を楽しみながら移動しましょう。

サンフランシスコのブルーボトルコーヒーに行ってみた!

ブルーボトルコーヒーは日本でも店舗を拡大して東京に何店舗かあるみたいです。

発祥はサンフランシスコの隣町のオークランド。
2000年ごろに始まったサードウェーブコーヒーの代表格。

スターバックスはセカンドウェーブです。

サンフランシスコにはいくつか店舗があります。
今回はその中のフェリービルディング店に行ってみました。

フェリービルディングを散策しよう!

フェリービルディングマーケットプレイス。フェリー乗り場にいろんなマーケットが重なっている場所です。

外ではマーケットが開催されています。

おっきいザクロ!小さいときに食べた記憶がありますが、それ以来見たことなかったです。

これは、、、なんでしょう?わからない

ベーカリーなど軽食も販売しています。

フルーツやジャムなども売っていますね。

反対側にはサンフランシスコの東側を結ぶ橋が見えます。
アムトラックを降りてこの橋を通ってきました。

左側にある島は夜景スポットです。
「行ってQ」の番組で出川さんが訪れた場所。
市バスで行くことが出来ます。

フェリービルディング内を散策

船の出発の時刻表が掲示されていますね。

フェリービルディング内は雑貨などのお店がたくさん立ち並んでいました。

レストランもあります。

ブルーボトルコーヒーを発見!

ここでブルーボトルコーヒーを発見。日本でも有名ですね。
サンフランシスコの近く、オークランドが発祥だとは知りませんでした。

コーヒー界のアップルとかサードウェーブコーヒーといわれているみたいです。

サード??ってことはファーストとセカンドは?

ファーストは19世紀後半の一般家庭にコーヒーが普及した時代。
セカンドは1970年代のシアトル系コーヒーの時代。スタバがこれに当たります。

サードは2000年代に登場。高品質な豆を使ったコーヒー。ブルーボトルは2002年創業だそうです。

今回も先日のシアトルのスタバと同じソイラテを頼みました。

とてもおいしいです。日本のコーヒーもこれだったらいいのに!

サンフランシスコ市内にブルーボトルコーヒーは4店舗

ブルーボトルコーヒーはサンフランシスコ内に4店舗ありました。

今回はフェリービルディングに行きたかったのでそこのブルーボトルコーヒーに行きました。

個人的に日本のブレンドコーヒーは好きではないので、こういう種類のコーヒーはおいしく感じます。
オーストラリアもこのスタイルのコーヒーを出していて好きでした。

サンフランシスコに行った際は発祥の地でコーヒーを飲んでみてください!

サンフランシスコ観光を予定されている方はこちらも参考にしてみてください↓↓↓
自分の経験談から主要観光地を含めたモデルコースを作成しました↓↓ 

コメント