\旅行で使える英会話勉強法を公開/

【ゴールデンゲートブリッジ】行き方と観光の見どころ

アメリカ大陸横断旅行記

サンフランシスコにある「ゴールデン・ゲート・ブリッジ」(別名「金門橋」)はゴールデンゲート海峡に架かる吊り橋です。サンフランシスコを象徴する大橋で歴史的に重要な建造物であることから観光名所として人気を集めています。

今回はそのゴールデンゲートブリッジへの行き方と観光の見どころについて解説していきます。

ゴールデンゲートブリッジへの行き方【バス・自転車】

サンフランシスコの人気観光地「フィッシャーマンズワーフ」からの行き方はバスで1本です。およそ10分おきに運行しているので事前にGoogle mapで時刻を調べておくと良いでしょう。所要時間はおよそ30分ほど。

サンフランシスコの中心地「ユニオン広場」からもバスが頻繁に運行しています。

短期旅行者の方は「BIG BUS TOURS」がオススメです。ゴールデンゲートブリッジを含め、フィッシャーマンズワーフ~タイムズスクエア~中華街などを結ぶ、乗り降り自由のバスツアーです。日本語での音声ガイド付きでサンフランシスコの歴史ガイドも楽しめます。

ツアー詳細・予約はこちらから▶ BIG BUS TOURS:ホップオン・ホップオフバスチケット

ゴールデンゲートブリッジまで自転車での行き方

フィッシャーマンズワーフのハイドストリートピア周辺から自転車をレンタルしてゴールデンゲートブリッジまでのサイクリングが楽しめます。行き方は海岸沿いを道に沿って進みます。所要時間は20分ほど。橋を渡った対岸までは30分ほどです。天気の良い日には気持ちが良さそうです。自転車は予約せずともお店に行けばレンタル可能です。

ゴールデンゲートブリッジまでの自転車ツアーも組まれており、知識豊富なガイドさん(英語)が様々な歴史を説明しながらサンフランシスコの名所を案内してくれます。走行距離約13km / 所要時間3.5時間の充実したツアーです。

ツアー詳細・予約はこちらから▶ゴールデンゲートブリッジを自転車で渡ろう!ツアー

【通行料金は?】ゴールデンゲートブリッジを車での行き方

ゴールデンゲートブリッジを車で通過するには通行料金として$8かかります。「FasTrak」を登録していれば$7です。レンタカーの場合は通常料金。

料金所があるわけではなく、後日登録した住所に請求されるようです。少しややこしいのでレンタカー屋さんで確認した方が良さそうです。

レンタカー予約にはEasyRentCars.comがオススメです。

▼指定エリアのレンタカー最安値をラクラク検索

▼アメリカでの車レンタルが不安な方はこちらの記事をどうぞ。

【ゴールデンゲートブリッジ】観光の見どころ解説!

ゴールデンゲートブリッジは1933年に建設が始まり、1937年に完成した全長2,737メートルの吊り橋です。建設費は2,700万ドル。1964年までは世界一の吊り橋でした。

自殺の名所としても有名で飛び降りた人の死亡率は実に98%とも言われています。ここから飛び降りた方のほとんどが死亡してしまう想像しただけで恐ろしい橋です。

実際、世界一飛び降り自殺の多い建造物であり、2014年時点では1,653名もの人がこの橋から飛び降りているそう。

【ゴールデンゲートブリッジ】観光案内所とカフェ

路線バスは観光案内所の前に停車します。観光案内所ではオリジナルグッズが販売されているので最初に立ち寄ってみましょう。

さらに近くにはゴールデンゲートブリッジを眺めながらコーヒーを楽しめるカフェがあります。窓際からの景色は絶景です。

世界一美しい橋ともいわれるゴールデンゲートブリッジは霧が多いことでも有名です。行った日は雲一つない晴天で運が良かったです。

ゴールデンゲートブリッジの吊り橋の仕組み

一見、普通の大きな橋に思えるゴールデンゲートブリッジは実は、半世紀以上も前に造られた「吊り橋」です。計画されたのはなんと100年も前のことで、未だ現存していることはすごいことですね。

歴史や仕組みを知って実物を見ると見方が変わります。現地では吊り橋のミニチュア模型が展示され、実物を見ながら吊り橋の仕組みを理解することができます。

写真のような構造で分けられたブロックが連なっており、横揺れに耐えられるよう設計されています。

ゴールデンゲートブリッジを下から眺めるクルーズツアーも人気があり、かつての刑務所「アルカトラズ島」周辺も合わせて巡ります。日本語音声ガイド付きの60分間のクルーズツアー

ツアー詳細と予約はこちらから▶ アルカトラズ島とゴールデンゲートブリッジを巡る遊覧クルーズ

【ゴールデンゲートブリッジ】徒歩で渡る所要時間

ゴールデンゲートブリッジは対岸まで片道3㎞ほどの道のりです。徒歩で渡る方のほとんどは中腹までで折り返していくようです。対岸まで行きたい方は自転車が必須ですね。

計画が始まった1916年ごろには建設不可能といわれた2㎞にも及ぶゴールデンゲートブリッジ。当時の技術では容易なことではなかったようです。

自殺の名所とも知られているゴールデンゲートブリッジ。この高さのある柵は自殺防止用かもしれません。

中腹まで行くとサンフランシスコの街が見渡せます。船が着きやすいことから低地にサンフランシスコの街は発展していったそうです。

【サンフランシスコ】歩いて渡りたい!ゴールデンゲートブリッジ

ゴールデンゲートブリッジは交通機関も整っていて観光しやすい場所です。バスで移動すれば歩いて橋を渡ることが出来ますし、対岸まで移動すればハイキングも楽しめます。

自殺の名所という不名誉な肩書もありますが、サンフランシスコ観光に来られた際は必ず来てみてください。

紹介した観光ツアーは短期旅行者にはオススメ。レンタカーでサンフランシスコ郊外まで観光してみるのも良いですね。ツアー予約はこちらから▼

サンフランシスコ観光モデルコースはこちらの記事をどうぞ。

\おすすめホテル予約サイト/

レンタカー予約にはEasyRentCars.comがオススメです。

▼指定エリアのレンタカー最安値をラクラク検索

【関連記事】サンフランシスコ観光