\旅行で使える英会話勉強法を公開/

【ドジャースグッズをお土産に!】ロサンゼルスのグッズショップ紹介

アメリカ大陸横断旅行記

ロサンゼルスのお土産にドジャースグッズはいかがでしょうか?日本人メジャーリーガーの先駆けである野茂英雄選手が1995年に所属した「ロサンゼルス・ドジャース」。

野球好きの方へのお土産としてドジャースグッズは喜ばれること間違いありません。日本人選手が海外でプレイするのが珍しいあの時代に、場所もわからない「ロサンゼルスドジャース」という言葉に憧れを持ったものです。

今回はロサンゼルス内のお土産にオススメなドジャースグッズ販売店をご紹介します。

ロサンゼルス空港からアナハイムホテル間の送迎サービス(日本語ドライバー)

▶ ロサンゼルスで使えるお手軽「Wi-Fiルーター」

【ドジャースグッズをお土産に!】ロサンゼルスのグッズショップ

【ドジャースタジアム】Dodgers Official Team Store

ドジャースタジアムの本塁側の入場口付近にある「Dodgers Official Team Store」。球場へ入場しなくても買い物をすることが出来ます。通常営業時間は10時から17時まで。

ドジャースタジアムでの試合のない日には球場内の見学ツアーが開催されており、グランド内や選手の控え室、ベンチなどにも行くことができます。

ツアー詳細についてはこちらのサイトをどうぞ。▶ドジャースタジアムツアー

ドジャースタジアムへの詳しい行き方はこちらの記事をどうぞ。

【ハリウッド】ドジャースグッズショップ「Dodger’s Clubhouse」

ハリウッド・ハイランド内にドジャース公式グッズショップ 「Dodger’s Clubhouse」 があります。ドジャースタジアムまで行けない方はハリウッド観光の際に立ち寄ってみましょう。

営業時間は10時から22時まで(日曜のみ19時まで)

「Dodger’s Clubhouse」はユニバーサルスタジオハリウッドにも店舗があります。ユニバへ行かれる予定の方は立ち寄ってみてください。

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド送迎ツアー

本場のメジャーリーグ観戦を楽しみたい方はメジャーリーグ(MLB)観戦ツアーに参加してみましょう。ドジャースホームゲームを日本語ガイドの往復送迎付きで楽しめます。
ツアー詳細・予約はこちら▶メジャーリーグ(MLB)観戦ツアー

大谷翔平選手が所属するロサンゼルス・エンゼルスはこちら
▶ メジャーリーグ(MLB)観戦ツアー

お土産にオススメのドジャースグッズは?

目当てにしていたお土産は「前田健太」投手のグッズです(2018年現在)。ドジャースグッズショップではほかの人気選手と比べて種類や個数は少なかったように思いますが、良さそうなTシャツがありました。

【注意】Tシャツは日本とアメリカでサイズが違う

日本ではMかSサイズを着ていますが、アメリカではSサイズでも大きいです。日本とはいくらか洋服のサイズに違いがあるようです。自分はキッズ用の一番大きいサイズがピッタリでした。

今回は偶然にもキッズサイズがありましたが、日本人選手では品ぞろえがないことも多いです。そしてうれしいことに大人サイズよりも安値で購入できます。US$22。日本円で3000円ほど。

View this post on Instagram

THE boys ⚾️ #ITFDB

A post shared by Dodgers Clubhouse (@dodgersclubhouse) on

このほかにも日本と同じような野球グッズが販売されています。観光のお土産としては好きな選手のユニホームやタオル、帽子、文房具、キーホルダーなどが良いでしょう。ドジャーズらしく青一色のグッズ売り場でした。

ロサンゼルス観光でのお土産に悩まれた方はドジャースグッズも一案に、グッズ売り場へ立ち寄ってみてください。

3日で巡る観光モデルコースはこちらの記事をどうぞ。

\おすすめホテル予約サイト/

メジャーリーグ観戦なら「DAZN」がお得!

DAZN

メジャーリーグ観戦は「DAZN(ダゾーン)」でお得に視聴できます!「DAZN」とは130以上のコンテンツ、年間10,000試合以上が見放題のスポーツ・チャンネルです。

日本のプロ野球はもちろん、MLB、Jリーグ、海外サッカー、バスケ、テニスなど多彩なスポーツと見逃し配信やハイライト、特集番組などの豊富なコンテンツも魅力!

初月1ヶ月無料。いつでも退会可能なので気軽に登録してみましょう▼

レンタカー予約にはEasyRentCars.comがオススメです。

指定エリアの最安値が簡単に検索できます
同時に車両保険も加入しましょう。

新規登録・初回利用限定の¥5000割引クーポンをGET!

【関連記事】ロサンゼルス観光