ザイオン国立公園のエンジェルスランディングを徹底解説

スポンサーリンク
アメリカ大陸横断旅行
スポンサーリンク

ザイオン国立公園には、初級者から上級者まで幅広く楽しめるトレイルコースが数多く整備されており、中でも「エンジェルスランディング」は断崖絶壁を進む上級者コースとして人気があります。

今回はそんな「エンジェルスランディング」のコース解説と実際にトレイルしてきた様子をご紹介します。

スポンサーリンク

エンジェルスランディングへの行き方

エンジェルスランディングへは、ザイオン国立公園の観光案内所から無料のシャトルバスに乗り、6番の「The Grotto」で下車してください。

無料シャトルバスは観光案内所から10~15分おきに2台続きのバスが運行しています。

関連図書


Kindle unlimitedなら対象の旅行ガイドブックやドライブ関連書籍が読み放題です。

\30日以内の解約ですべて無料!/
✔月額980円で読み放題
✔漫画・雑誌・ビジネス書など200万冊以上

【関係記事】kindle unlimitedでお得に旅行ガイドブックを購読!

スポンサーリンク

エンジェルスランディングのコース詳細と所要時間

エンジェルスランディングは、まず「ウエストリムトレイル(West Rim Trail)」を登って「スカウトルックアウト(Scout look out)」を目指します。

きつい坂道のある中級者向けのコースで、距離は3km、所要時間は片道1.5~2時間ほどです。

そのあとに見えてくるのが「エンジェルスランディング(Angels Landing)」。断崖絶壁の崖の上を進んでいく上級者コースで、所要時間は片道30分ほどです。

エンジェルスランディング頂上までのコース全長は8.7㎞、高低差453m、所要時間は往復4時間です。

エンジェルスランディングのコース詳細(英語)

【Angels Landing via West Rim Trail】
Shuttle Stop to Start from: #6 The Grotto
Pets: No
Distance (roundtrip): 5.4 mi / 8.7 km
Elevation Change: 1,488 ft / 453 m
Estimated Hiking Time: 4 hours

スポンサーリンク

エンジェルスランディングの事前準備

エンジェルスランディングに挑戦する前に以下のものを準備しておきましょう。

✅エンジェルスランディングの事前準備

  • トレッキングシューズ
  • 防寒具
  • 帽子(ひも付き)
  • 手袋
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • ランチ・軽食・行動食
  • 飲料水

エンジェルスランディングは、急斜面を登るのでできれば岩山でも滑りにくい靴、そして高所は寒暖差が激しいので上着を持参してください。

あと、長時間のトレイルなのでランチ・軽食なども必要です。

スポンサーリンク

【エンジェルスランディング】4時間トレイル

ではここからは、実際にエンジェルスランディングの4時間トレイルに挑戦してきた様子をご紹介します。

バス停~スカウトルックアウト

スカウトルックアウトまでは、この急斜面の岩肌をジグザクに登っていきます。

上から見ると蛇の道みたいです。ここまででも結構登ってきた気がしますが頂上はまだまだ。

中腹からの景色。途中ですがすでに絶景です。

歩いている途中でクライミングをしている人を見かけました。断崖絶壁を登っています。

先ほどのジグザク坂道を登りきりました。

降りてきた人にあとどれくらいか聞いてみると「まだまだある」とのこと。

少し進むとまたジグザグ道。先ほどよりさらに急斜面です。

体力的にもですが、代わり映えしない景色なので精神的にもキツくなってきます。

でもあと少し。ここを登り切ったらスカウトルックアウトです。

スカウトルックアウト

スカウトルックアウトに到着。早いペースで登って、1時間半ほどで登り切りました。

スカウトルックアウトは絶景ですが”断崖絶壁”。頂上に柵はないので一歩間違えたら終わりです。

下を見下ろすと流れる川とバスルートが見えました。

正面の岩山を見るとどのくらいの高低差を登ってきたのかわかると思います。

スカウトルックアウト~エンジェルスランディング

ではここから本命のエンジェルスランディングへと向かいます。

看板にコミカルな絵で”つるっと滑る”マークがついていますが、落ちたら実際死にます。

エンジェルスランディングは、上の写真の木が生えている”馬の背”の部分を歩きます。

落下防止と補助のためにチェーンが設けられています。

岩山は風通しが良いので、強風に注意してください。帽子は飛ばないようにゴムをつけるかバックにしまった方が良いです。

あと、日が沈んでくるととても寒いです。防寒着を忘れずに持参してください。

結構な急斜面。両手でチェーンを持たないと落ちそうです。

後ろを振り返って撮った写真。実際、ザイオン国立公園では毎年何人かの死亡事故は起こっているみたいです。

エンジェルスランディングの頂上

エンジェルスランディングの頂上に到着しました。頂上からはザイオン国立公園の”縦の渓谷ライン”を一望できます。

時間が遅かったので太陽の影が出てしまいましたが、奥まで続くザイオンの連なった岩山が見られました。

エンジェルスランディングについては、以下の動画がわかりやすいので合わせてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

【エンジェルスランディング】まとめ

エンジェルスランディングは、上級者向けのコースなので体力に自信のない方にはおすすめできません。

挑戦するときは、行動食や防寒具、雨具など準備を万端にして挑みましょう。

そのほか、ザイオン国立公園周辺にはトレイルコースのある国立公園がたくさんあります。以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

アメリカ旅行の参考になれば幸いです。

【関連記事】ザイオン国立公園周辺の観光名所