\世界の絶景写真を【インスタグラム】で公開中/

【国境越え!】デトロイト~カナダ・ウィンザー間の行き方と入国審査【デトロイト旅行記】

アメリカ大陸横断旅行記

東アメリカ周遊旅行記。デトロイト観光を終え、カナダへの国境へと向かいます。

川を挟んで橋が一本でしょ!?なんて思っていたらそんな簡単な話ではなかったのです。

今回はデトロイトからカナダ・ウィンザーへ国境越えに行ってきた様子をご紹介します。

デトロイトを1日観光はこちらにまとめました。

【国境越え!】デトロイト~カナダ・ウィンザー間の行き方と入国審査【デトロイト旅行記】

国境越えは地下ルートで!

国境越えは車のみで地下トンネルを通過しなくてはいけません。歩いてはいけないようです。

その情報を知ってから慌ててグーグル検索を開始しました。

カナダ・ウィンザーからトロント行きの電車チケットを予約していたので、時間が迫ってきています。

デトロイトから国境越えのバスの乗り方

ダウンタウンからカナダ・ウィンザーまでのバスルートを紹介します。

国境を超えるバスは「2222」。ダウンタウンにいくつか停留所はありますがバスの本数は多くはありません。

バスがなかなか来ず、電車の時間も迫ってきて不安だったのでデトロイト側の最後のバス停まで歩いていきました。

ここはデトロイト、ウィンザートンネルの入り口ですべての車がここを通過してカナダにわたります。

右の小さい建物が英国国教会、その奥の大きなビルがGMルネッサンスセンターです。

この間を赤のラインに沿って下に下っていくとバス停がみえてきます。

バス停には4人が待っていました。一人はもう1時間ほどバスを待っているそうです。やっぱりずっと来ていなかったのですね、、、おかしいと思いました。

バス料金は$5.アメリカドルでもカナダドルでも同じ料金です。運転手さんに現金で支払いましょう。

緊張の入国審査!いつものように怪しまれる、、、

移民局へ着くとバスは終点です。全員降りて入国審査へ向かいます。

「どこから来たの?何しに来たの?宿は?」などなど定番の質問。

自分はここで「なぜデトロイトに来たのか?」「カナダはいつ出るの?」「アメリカ出国チケットは?」を追求されました。

デトロイトはシカゴからトロント行くのに通り道だから観光しただけですし、カナダからアメリカへの出国のチケットはまだ購入していません。

そしてアメリカ出国チケットを見せろと言われ、問題なく見せようとしますが、カナダに入りアメリカで契約したSim携帯の回線が使えないのでした、、、

結局見せれず、その後にいろいろ説明して解放してもらいました。

ネットが使えないことまで想定していなかったです。
川を挟んだだけでバッサリとつかえなくなります。

ともあれ無事に解放されカナダに到着です。

降車場は川沿いではありません。ウィンザーの市街地です。

観光案内所があるのでウィンザー観光される際は尋ねてみるといいかも。

ウィンザー駅はまだ遠い!?

ここからトロントまで予約しているVia鉄道に乗るためにウィンザー駅へ向いますが、ここからまたバスに乗らなくてはいけません。

2番のバスのようで、一直線で6分ほどで着きますが、電車までの時間がありません。

CA$3ほどですが、まずカナダドルを持っていないんですよね、、、バスはだいたい現金払いが主流。

さらにはカナダに入ったため携帯が使えない、、、インターネットが使えなくなってしまったのです。

奇跡のFree Wifi奪取! Uber でタクシー移動!

奇跡的にも立ち尽くしていた場所がカナダ最大のファーストフード店「Tim Hortons」の目の前!!

無料Wifiが飛んでいました。
これによって無事にUberを呼ぶことが出来ましたー!本当に良かった、、、

Uberの料金はCA$12.87。手痛い出費ですが電車を逃すよりはいいです。

もっと早めに行動していれば良かったのですが、、、

気さくなUBERのドライバーさん

運転手さんは気さくな地元民のお兄さん。

これからナイアガラの滝に行くことをつたえると「あそこはいいところだよー!」と絶賛。

モントリオールとケベックにも行くことを悩んでいると伝えると
「自分はモントリオールの方が好きかな!ケベックは小さい町だよ」

とのことでした。参考にさせていただきます!

ウィンザー駅にはあっという間につきましたー!!

VIA Rail Canada鉄道 でトロントへ行こう!

今回利用するのはVIA Rail Canada というカナダの主要都市を結ぶ鉄道。

アメリカでいうアムトラックでしょうか。
トロントまでは3時間半ほど。
移動方法としては最安値のUS$54.24でした。これをのがしたらシャレになりません、、、

ホームはあっさりとしていて、受付の方がいます。チケットを見せると
「そのまま乗車して大丈夫ですよ」
と教えてくれました。

チケットは電車の中で車掌さんが確認をしに来ました。

出発15分前に到着でした。あぶなかったー!
英語とフランス語の表記が増えてきました。

VIA鉄道は快適!

電車が到着。みなチケットに書かれた車輛と座席へすすんで行きます。

座席はこんな感じ。広々していて、バスよりも全然いい感じです。

足元もゆったり。ぐっすり寝れそうです。

この後はトロントを観光していきます!

あわせて読みたい

次の目的地はどちらへ?【アメリカ・カナダ旅行記】もどうぞ↓↓