\旅行で使える英会話勉強法を公開/

【アムトラック鉄道】エメリービル駅からサンフランシスコ市内への行き方

アメリカ大陸横断旅行記

アメリカの各都市を結ぶ長距離鉄道「アムトラック」。サンフランシスコではエメリービル駅がその発着駅となっています。そこからサンフランシスコ中心地まではさらに公共交通機関を乗り継いでいかなくてはいけません。この移動方法がよくわからず戸惑う方も多いと思います。

そこで今回はエメリービル駅到着後、サンフランシスコ中心地への行き方についてご紹介します。

アムトラック鉄道でポートランド~サンフランシスコ間を移動した様子はこちらの記事をどうぞ。

【アムトラック鉄道】エメリービル駅からサンフランシスコ市内への行き方

アムトラック鉄道エメリービル駅とサンフランシスコ市内は海を挟んで離れた立地関係にあり、列車の発着に合わせて運行しているアムトラックの連絡バス(Amtrak Thruway Motorcoach)で移動できます。

バスチケットはアムトラックのチケット購入時に付帯するか現地の窓口で購入します。別の情報では$6で行けるようですが、現地で買ったためか自分の時は$10ほどしました。

サンフランシスコ行きのバスは「Salesforce Transit Center」までしか行きません。そこから市内へはさらに乗り換えが必要です。

【エメリービル駅】アムトラックの連絡バスの乗り方

今回はポートランドからサンフランシスコまでアムトラック鉄道を利用して移動してきました。

エメリービル駅到着後、預けていた荷物を受け取りますが、ほとんどの方はそのままバスに乗り換えるため、バス乗り場まで運ばれています。

自分の荷物はバス近くに運ばれていました

アムトラック鉄道到着時刻に合わせてバスが運行しており、乗客は手持ちのチケットを見せてバスに乗りこんでいます。持っていない方はターミナルの窓口で購入しましょう。

あっという間にバスは出発してしまうので注意してください。乗り過ごすと1時間半以上待つことになるかもしれません。

サンフランシスコ市内のバス停

いよいよだー!

橋を渡っておよそ10分ほどでサンフランシスコ市内のバスターミナルに到着します。

サンフランシスコ市内中心部にある「ユニオン広場」までは歩いて15分ほど。荷物が多い方はバスや電車、もしくはUber移動になります。

バスチケットは携帯アプリが便利

サンフランシスコのバスチケットは携帯アプリで購入でき、1日乗り放題チケットは$5です。クレジットカードで支払いが可能なのも非常に便利です。スマホで写真の画面を運転手さんに見せれば乗車できます。電車の場合は駅員さんに見せましょう。

「muni Bus」と検索して手順に従って1-Day passを購入します。ケーブルカーが含まれた1日チケットはさらに高額になります。

サンフランシスコでは路面電車も走っています。これはケーブルカーではないのでバス乗り放題券で乗車できます。

【わかりにくい!】サンフランシスコ中心地~エメリービル駅の移動

エメリービル駅からサンフランシスコ中心地までの移動は非常にわかりにくいように感じました。連絡バスはサンフランシスコのバスターミナルまでしか運行しておらず、自分はそこからまたバスを乗り継ぎました。

なるべく移動を減らすにはサンフランシスコの宿を中心地近くに予約すると良さそうです。ユニオン広場周辺からは各観光名所までのアクセスも便利です。

路面電車も利用でき、バスよりも安心して移動できるのでサンフランシスコ旅行者の方にはオススメ。サンフランシスコ観光の参考にしてみてください。

サンフランシスコ観光を1日で満喫したい方はアルカトラズ島上陸とセットになった1日観光ツアーがオススメです。
ツアー詳細・予約はこちら▶サンフランシスコ主要観光スポット1日観光ツアー

サンフランシスコ観光モデルコースはこちらの記事をどうぞ。

\おすすめホテル予約サイト/

レンタカー予約にはEasyRentCars.comがオススメです。

指定エリアの最安値が簡単に検索できます
同時に車両保険も加入しましょう。

新規登録・初回利用限定の¥5000割引クーポンをGET!

【関連記事】サンフランシスコ観光