デスバレー国立公園の観光の見どころと回り方・行き方を徹底解説

スポンサーリンク
アメリカ大陸横断旅行
スポンサーリンク

アメリカ合衆国のカリフォルニア州東部の砂漠地帯に位置する「デスバレー国立公園」は、年間約160万人以上(2019年)の観光客が訪れる人気の国立公園です。

世界で最も気温が高くなる場所のひとつで、2020年の夏には「54.4度」を記録したことで話題になりました。

今回はそんなデスバレー国立公園の観光の見どころと回り方・モデルコース、行き方などを解説していきます。

スポンサーリンク

デスバレー国立公園とは?

デスバレー国立公園は、アメリカ最大級の面積を誇り、アメリカ国内で最も暑く最も乾燥していて、最も低い国立公園です。

かつて世界最高の気温56.7°C(134.0°F)を記録したこともある灼熱の地として知られ、平均年間降雨量50mmの砂漠地帯にあります。

デスバレーの地名の由来

デスバレー(=Death Valley)は、直訳で”死の谷”という意味です。

名前はこの谷に迷い込んだグループ数人が、数週間さまよった末に酷暑と水不足によって命を落としたことに由来しています。

命からがら生き延びたグループのメンバーが「グッバイ、デスバレー(さらば死の谷よ)」と叫んだことからデスバレーと名付けられました。

関連図書


Kindle unlimitedなら対象の旅行ガイドブックやドライブ関連書籍が読み放題です。

\30日以内の解約ですべて無料!/
✔月額980円で読み放題
✔漫画・雑誌・ビジネス書など200万冊以上

【関係記事】kindle unlimitedでお得に旅行ガイドブックを購読!

スポンサーリンク

デスバレー国立公園の観光の見どころ

デスバレー国立公園の観光の見どころは、海抜下86メートルにある塩湖「バッドウォーター」やそれを山の上から一望できる「ダンテスビュー」、そして七色に輝くといわれる「ザブリスキーポイント」などです。

トレイルコースも豊富で、デスバレーの大自然を体感できます。

そのほか、デスバレー国立公園は、映画「スターウォーズ」の1作目のロケ地になったことでも有名で、作品の世界観が味わえる壮大な景色も見られます。

スポンサーリンク

デスバレー国立公園の観光モデルコース・回り方

長野県と同等の面積を持つ「デスバレー国立公園」。広大な敷地ですが、主な観光エリアは上図の赤丸の部分です。

観光スポットは、デスバレー国立公園の観光案内所より南に点在しています。

おすすめの回り方は、ラスベガス方面から一番遠い場所にある「バッドウォーター」から時計回りに観光するルートです。

「バッドウォーター」は、デスバレー国立公園で一番気温が高くなるので、日中の暑くなる前に観光した方が良いです。

また、観光案内所でデスバレーの地図や観光の見どころを事前に聞いておきましょう。

日によって行けない場所や注意事項などの情報も丁寧に教えてくれます。観光案内所は朝8時から営業しています。

スポンサーリンク

デスバレー国立公園の観光所要時間

デスバレー国立公園での観光所要時間は最低でも ”6時間” を見積もっておきましょう。

現地での移動時間が2時間ほど。トレイルを含めた観光時間が4時間ほどです。

デスバレー国立公園は、日中はとても暑くなるのでなるべく朝早くから観光できるようにプランを組みましょう。

スポンサーリンク

デスバレー国立公園の入場料金

デスバレー国立公園の入場料金は、車一台につき$30(2021年9月現在)。一度入園料を払うと7日間有効です。

デスバレー国立公園入場料金詳細

アメリカ合衆国の国立公園に3か所以上訪れる予定の方は、年間パス($80)がオススメです。

入場料・年間パスは各国立公園の入場ゲート、観光案内所で購入できます。

デスバレー国立公園は、砂漠地帯の過酷な環境下なので入場ゲートに係員が常駐していません。入場料金は観光案内所か園内の支払いスポットへ行く必要があります。

デスバレー国立公園で必ず立ち寄る観光案内所で支払うのが一番確実です。

スポンサーリンク

デスバレー国立公園で必ず行きたい観光スポット6選

では、ここからはデスバレー国立公園の観光スポットをそれぞれ解説していきます。

バッドウォーター(Bad Water)

バッドウォーター(Bad Water)は、海抜-86mにある大塩原です。

何十万年も前にはこのバッドウォーター盆地は水深183メートル以上の塩水湖でした。長い年月を経て湖は干上がり、現在は塩水だまりのみが残っています。

北アメリカ大陸で最も海抜の低い地点にあり、デスバレー国立公園の中で一番気温が高くなる場所です。

バッドウォーターには塩湖の中心へ向かう1.6㎞ほどのトレイルコースがあり、真っ白な大地での記念写真が撮れます。

【関連記事】塩湖!バッドウォーターの絶景と見どころ

ナチュラルブリッジ(Natural Bridge)

ナチュラルブリッジ(Natural Bridge)は、駐車場から800mほどの距離にある自然に出来た「岩のアーチ」です。

岩の間を進む10分ほどの雄大なトレイルが楽しめます。

ナチュラルブリッジまでの車道は、2.4kmほどの”でこぼこ道”が続きます。車高の低い乗用車だと傷がついたり、壊れる可能性があるので注意が必要です。※4WDクラスを推奨

アーティストパレット(Artist Palette)

アーティストパレット(Artist Palette)は、砂岩に含まれる成分によってさまざまな色に混合された岩肌の様子が、”絵の具のパレット”のように見えるビューポイントです。

一方通行の「アーティストドライブ」を通るのでバッドウォーターからの”帰り”に立ち寄りましょう。

ゴールデンキャニオン(Golden Canyon)

ゴールデンキャニオン(Golden Canyon)は、金色の山々に降った雨が鉄砲水となり、大洪水となって山を削ってできた峡谷です。

デスバレーの独特な砂山を間近で体感でき、レッドカセドラル(Red Cathedral)までの往復4.8 kmのトレイルが楽しめます。所要時間は1.5~2時間ほどです。

ゴールデンキャニオン(Golden Canyon)とDesolation Canyonは、スターウォーズの初期の作品のロケ地として使われた場所でもあります。

【関連記事】スターウォーズのロケ地とおすすめトレイルコース

ザブリスキーポイント(Zabriskie Point)

ザブリスキーポイントは日の当たり方で色合いが変化する、デスバレー国立公園で人気の写真スポットです。

黄金色の山ひだが特徴で、これらは塩湖だった1000万年前に、湖底に沈殿した黄金色の泥が固まったものです。

太陽の光によって七色に輝くといわれ、特に日の出と日の入りの時間は多くの観光客が訪れます。

また、ザブリスキーポイントからは全長4.3kmのバッドランド ループ(Badlands Loop)のトレイルコースも楽しめます。

ダンテスビュー(Dantes View)

ダンテスビューは、標高1,669mの地点にある展望所です。

眼下には、海抜-86mに位置するバッドウォーターの真っ白な塩原を一望でき、正面に園内最高峰のテレスコープ山(3,366m)を擁するパナミント山脈を望むことができます。

頂上は自由に散策できるので、デスバレーの雄大な景色を独り占めできます。

【関連記事】ザブリスキーポイントとダンテスビューの絶景写真

デスバレー国立公園への行き方

デスバレー国立公園への行き方は、最寄りの大都市「ラスベガス」からレンタカー、もしくは観光ツアーへの参加が一般的です。(公共交通機関でのアクセスはありません)

ラスベガスからデスバレー国立公園への行き方

ラスベガスからデスバレー国立公園の観光案内所まで、車で2時間15分ほどで行くことができます。

グーグルで検索すると2通りのルートが出てきますが、パランプ(Pahrump)の町を通るルートが最短ルートで、大型スーパーマーケット・ガソリンスタンドがあるのもこの町が最後です。

✅アメリカで最安値のレンタカー予約サイト

Rentalcars.com|楽天トラベルと提携
※世界6000箇所以上の地域で最安値を比較・予約出来ます。

RentingCarz|世界最大級のレンタカー予約検索エンジン
※大手レンタル会社22社を一括して価格比較できます。

【参考記事】アメリカでレンタカーを借りる方法と返し方の手順

ロサンゼルスからデスバレーへの行き方

ロサンゼルスからデスバレー国立公園の観光案内所まで、車で4時間半ほどかかります。移動距離は430㎞ほどあるので、日帰り観光は厳しいです。

デスバレー国立公園内でも宿泊できますが、人気があり予約が取れないこともあるので近郊の町での宿泊がおすすめです。

ロサンゼルス方面からお越しの方は、「Stovepipe Wells Village Hotel(ストーブパイプ ウェルス ビレッジ)」や「Panamint Springs Motel & Tents(パナミント スプリングス リゾート)」を利用すると良いでしょう。

【関連記事】ロサンゼルス観光モデルコース

【デスバレー国立公園】観光へ行く前の事前準備

デスバレー国立公園は灼熱の砂漠地帯という特殊な場所です。観光へ行く前に事前準備をして事故・トラブルに遭わないように気をつけましょう。

デスバレー国立公園で必要なもの

✅デスバレー国立公園で必要なもの

  • 歩きやすい靴
  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • ランチ・軽食・行動食
  • 飲料水(3.8リットル以上)

デスバレーは砂漠地帯ですので、汗をかかずとも水分が失われます

デスバレー国立公園では、1人1ガロン(3.7リットル)以上のお水を持参することが推奨されています。観光案内所でお水をくむこともできますが、あてにせず基本的には持参しましょう。

また、観光案内所付近にレストランはありますが、基本的には食料もすべて持参しましょう。念のため多すぎるくらい持って行った方が良いです。

デスバレー国立公園での服装

デスバレー国立公園は、冬でも日中の気温は20℃前後と比較的過ごしやすいです。年間を通して服装は半袖で過ごせますが、日差しが強いので肌を守るために長袖の方が良いかもしれません。

朝と夕方は冷えるので、上着は必ず持参してください。冬場の寒暖差は特に注意が必要でダウンジャケットなど暖かい服装がある方が良いかもしれません。

また、帽子やサングラス、日焼け止めなどの基本的な日焼け・暑さ対策は必須です。

レンタカーはガソリンに注意

デスバレー国立公園到着前に必ずガソリンを満タンにしておきましょう。

デスバレーは砂漠地帯で周囲に何もありません。観光案内所の近くに一応ガソリンスタンドはありますが、通常の3~4倍の値段設定です。

デスバレー国立公園内でも30分以上の移動があり、クーラーも使うのでガソリンの余裕は必要です。

ラスベガスとデスバレー間では、「パランプPahrump」の町が最後のガソリンスタンドです。そこから先は本当に何もありません。

デスバレー国立公園周辺のホテル

デスバレー国立公園には、観光案内所の近くにクラシックでエレガンスなホテル「Inn at Death Valley(インアットデスバレー)」と、家族向けのホテル「Ranch at Death Valley(ランチアットデスバレー)」があります。

国立公園内の宿泊施設は人気があるので、早めの予約を心がけましょう。

▼デスバレー国立公園周辺の宿泊施設

デスバレー国立公園の観光ツアー

デスバレー国立公園への観光ツアーは、ラスベガス発の観光ツアーがいくつか組まれており、朝日を鑑賞するツアーが人気があります。

デスバレー国立公園近郊の観光名所

デスバレー国立公園の東側には、「グランドサークル」と呼ばれるパウエル湖を中心とした半径230kmのサークルがあります。

サークル内にはアメリカを代表する国立公園、国定公園などが数多く点在しており、少し足を延ばせば有名な観光名所を巡ることができます。

自分はこのグランドサークルを上記モデルコースで10日間で巡ってきました。個人旅行でデスバレー国立公園へ訪れた方にはおすすめです。

グランドサークルをレンタカーで1周してきた様子はこちらの記事で詳しく解説しています。

【デスバレー国立公園観光の見どころ】まとめ

デスバレー国立公園は、世界的に見ても特殊な場所であり、大地の神秘が感じられるアメリカの観光名所です。

秋から冬にかけてがオススメのシーズンで、夏場の暑い時期は十分に注意してください。

また、海外に不慣れな方や、レンタカーでの運転が不安な方は観光ツアーの利用をお勧めします。日本語ガイドさんに解説してもらうとより深くデスバレーについて知ることができます。

今回は以上です。デスバレー観光の参考になれば幸いです。

【関連記事】デスバレー国立公園周辺観光名所