yochiを支援する 初めに読みたい12記事

【エジンバラでハリーポッターの世界へ】ゆかりの地を巡ろう!カフェとお墓へ!

スコットランド・エジンバラ旅行記

スコットランドの首都であるエジンバラはハリーポッターの作品が誕生した町としても有名です。

町にはハリーポッターのグッズショップが何店舗か立ち並び、観光の見どころエジンバラを盛り上げています。

今回はエジンバラにあるハリーポッターに関係するスポットに立ち寄ったのでご紹介します!

エジンバラでハリーポッターの世界へ!ゆかりの地を巡ろう!カフェとお墓へ!

作者である「J・K・ローリング」はエジンバラでハリーポッターを書き上げたといわれていますが、出身はイギリス南西部ブリストルという町。

いろいろあって妹のいるエジンバラに来たましたが、原稿自体はポルトガルに滞在していたときに書いていたようです。

そしてエジンバラは「執筆した場所」。
ハリーポッターの世界観を思わせてくれる場所ということのようです。

ハリーポッターを執筆したカフェ 「 エレファントハウス 」

エジンバラとハリーポッターの関係で一番有名なのが「 エレファントハウス 」。

作者である「J・K・ローリング」 がこのカフェに通って「ハリーポッターと賢者の石」を書き上げたそうです。

自分が行った時は改装中でカフェとして楽しめませんでしたが、おそらくかつての雰囲気はなく観光地として拡大しているように見えました。

軽く見えた店内ではグッズショップの割合が広くなんだかお金のにおいがプンプンしました。
ここまでハリーポッターが大ヒットしたわけですから仕方ないですね。。。

エジンバラ観光に行かれた際はここで一息、コーヒーを楽しんでください。

>>>詳しい場所はこちら<<<

ハリーポッターグッズショップ「 The Boy Wizard 」

このハリーポッターのグッズショップ「The Boy Wizard」はエジンバラで4店舗、グラスゴーで1店舗展開している本格的なハリーポッターのグッズが買えるお店。

学校の制服や魔法の杖なども置いてあります。

こちらの動画でこのお店の商品を詳しく説明しています。
>>>詳しい場所はこちら<<

HARRY POTTER SHOP TOUR | The Boy Wizard | EDINBURGH SCOTLAND

エジンバラ「ゆかりの地」を巡る地図をもらおう!

The Boy Wizard のお店でもらえるこちらの地図にはエジンバラ内のハリーポッターゆかりの地が紹介されています。

ざっくり説明すると「TBW」がグッズショップで象のマークが先ほどのカフェ。
左の城マークがエジンバラ城です。

ハリーポッターゆかりの墓地があった!

さきほどのカフェ 「 エレファントハウス 」 の下にあるお墓マークはハリーポッターに関係のある人物のお墓がある場所です。

ハリーポッターの宿敵である「ヴォルデモート」は本当の名前が「トム・リドル」

そしてお墓の敷地に「トーマス・リドル」という将軍のお墓があります。
この人は1806年に死去した方ですが、作者がハリーポッターを 「 エレファントハウス 」 で書きあげた時に名前を参考にしたとしてこの場所が注目を集めました。

グレイフライアーズ教会の敷地内の墓地にはスコットランド式のお墓がたくさんあり、自由に出入りできるのでハリーポッター観光ツアーでは必ず訪れる場所のようです。

ハリーポッターの作者 「J・K・ローリング」 の手形がある!

エジンバラ市役所の敷地内に「エジンバラアワード」を受賞した方々の手形が展示されています。

そこにハリーポッターの作者「J・K・ローリング」の手形があります!

見つけにくい場所ですがグーグルマップにも表示されるので探してみてください。
>>>詳細地図はこちら<<<

エジンバラ大学の学生はハリーポッターみたい!

エジンバラ大学へ行ったときに多くの学生がハリーポッターのような衣装を来て集まっていました。
おそらく卒業式かなにか?親御さんらしき人もいたり、みんなで写真を撮っていたり。

ハリーポッターがエジンバラの学生をモチーフにしたのかイギリス全体がこの衣装なのかわかりませんが、「あっ、なんかハリーポッターの世界観の中にいる!」って感じがしてテンションが上がりました。

中世のヨーロッパのようなハリーポッター映画のようなエジンバラ。

イギリス観光の際はこちらにも訪れてみてくださいね!

コメント