\Gotoキャンペーンの利用方法とは?【楽天トラベル】/

【エジンバラ】ハリーポッターゆかりの地巡り!街は映画の世界観!

スコットランド・エジンバラ旅行記

スコットランドの首都であるエジンバラはハリーポッターの作品が誕生した町としても有名。作者である「J・K・ローリング」はエジンバラでハリーポッターを書き上げたといわれています。

彼女の出身はイギリス南西部ブリストルという町。いろいろあって妹のいるエジンバラに来たましたが、原稿自体はポルトガルに滞在していたときに書いており、エジンバラは「執筆した場所」。

エジンバラに来てみるとハリーポッターの世界観を感じることができました。そして町にはハリーポッターのグッズショップが何店舗か立ち並びます。そこで今回はエジンバラにあるハリーポッターのゆかりの地を散策したのでご紹介します。

✅GoToトラベルキャンペーンでお得に国内旅行!


国内旅行は最大35%OFFになるGoToトラベルキャンペーンを有効に活用しましょう!

対象となる旅行の条件は、GoToトラベル事業の支援対象の旅行であることです。日帰り旅行でも、条件付きのセットプランで適用されるのでチェックしてみてください!!!

▼Go To Travelキャンペーンを利用できる主な旅行会社は以下です。

【エジンバラ】ハリーポッターゆかりの地巡り!街は映画の世界観!

ハリーポッター有名グッズショップ「The Boy Wizard」

「The Boy Wizard」は本格的なハリーポッターグッズが購入できるグッズショップ。エジンバラで4店舗、グラスゴーで1店舗展開しています。

学校の制服や魔法の杖も販売。こちらの動画でこのお店の商品を詳しく説明しています。

HARRY POTTER SHOP TOUR | The Boy Wizard | EDINBURGH SCOTLAND

【営業時間】
月~金:10時00分~20時00分
土曜:10時00分~18時30分
日曜:10時00分~17時00分

【ハリーポッター】「ゆかりの地」の地図を入手

The Boy Wizardの各店舗ではエジンバラのハリーポッターゆかりの地が記載された地図を無料でもらえます。

それにはエジンバラ城をはじめ、カフェや墓地、手形の場所などが記されているので最初にこのグッズショップを訪れても良いかもしれません。

【エジンバラ観光】ハリーポッターをここで執筆! エレファントハウス

「エレファントハウス」はハリーポッターの作者がこのカフェに通って「ハリーポッターと賢者の石」を書き上げたことで有名になりました。

エジンバラとハリーポッターの間で一番関わりのある場所であり、多くのハリーポッターファンや観光客が集まるようになりました。

現在では店内の改装が行われ、お土産屋も増設されるなどしてエジンバラの一大観光地へと変化してきています。

【営業時間】
月~木: 8am – 10pm
金曜: 8am – 11pm
土曜: 9am – 11pm
日曜: 9am – 10pm

【ハリーポッター】ヴォルデモートの墓地

「エレファントハウス」の近くにある墓地にはハリーポッターの宿敵のモデルになったお墓があります。「ヴォルデモート」は本当の名前を「トム・リドル」と言い、ここにあるのは「トーマス・リドル」という将軍のお墓。

「トーマス・リドル」は1806年に死去した方ですが、作者がハリーポッターを 「 エレファントハウス 」 で書きあげた時に名前を参考にしたとしてこの場所が注目を集めました。

グレイフライアーズ教会の敷地内の墓地にはスコットランド式のお墓がたくさんあり、自由に出入りできるのでハリーポッター観光ツアーでは必ず訪れる場所です。

ハリーポッターの作者 「J・K・ローリング」 の手形

エジンバラ市役所の敷地内に「エジンバラアワード」を受賞した方々の手形が展示されています。

そこにハリーポッターの作者「J・K・ローリング」の手形があります。見つけにくい場所ですがグーグルマップにも表示されるので探してみてください

【エジンバラ観光ハリーポッターゆかりの地】まとめ

エジンバラでは随所でハリーポッターの世界観を感じることができます。ヨーロッパ中世の街並みがそう思わせるのかもしれません。エジンバラ大学の卒業風景ではこのようなまさに映画で見たような衣装を見ることが見れました。

皆さんもエジンバラへ訪れた際はこれらのスポットにも立ち寄ってみてください。

【関連記事】エジンバラ観光