yochiを支援する 初めに読みたい12記事

【無料で見れる⁉】有名画家が揃うスコットランド美術館の見どころ!エジンバラ観光

スコットランド・エジンバラ旅行記

スコットランド美術館はエジンバラの中央駅・ウェイバリー駅の近くにある入場料無料で楽しめる美術館です。

有名な画家の絵も展示してあり、 レオナルド・ダ・ヴィンチやフェルメールの最初期作品 、レンブラント、ボッティチェリ、ラファエロ、ゴッホやゴーギャン、モネやセザンヌなどなど見どころ満載です!!

写真撮影もできますし、柵もないので近くでじっくり鑑賞することも可能です。

今回はこの「スコットランド美術館」に行ってきたので見てきた作品を紹介します!

無料で見れる⁉有名画家が揃うスコットランド美術館の見どころ!

エジンバラのほぼド真ん中にあるので行きやすい場所です。

この近くにエジンバラ城や大聖堂もあるのでそちらにも行ってみましょう。

美術館へは空いた時間に立ち寄ってみた程度でしたが、有名な画家の作品が多く展示されていて驚きました!
入場無料なので大した展示ではないのだろうと侮っていました。。。

凄い展示内容です。
下調べもせずに行ってきたので取りこぼしもいくつかありました、、、

見てきた中で有名な作品を紹介していきます。

スコットランド美術館の有名展示紹介

ラファエロ・サンティ

「聖母子像」

ラファエロ・サンティ( Raffaello Santi) 1483年 – 1520年。
盛期ルネサンスを代表するイタリアの画家、建築家。
レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロとともに、盛期ルネサンスの三大巨匠といわれています。

「madonna del passeggio」

レオナルド・ダ・ヴィンチ

『糸車の聖母』は屋外に座る聖母マリアが、かせとり棒 (en:niddy noddy) と呼ばれる糸車の糸巻きを見つめている幼児キリストを抱いている構図である。十字のかせとり棒はマリアの家庭生活の象徴であるとともに、将来キリストが磔刑に処せられる聖十字架の暗示となっている。『糸車の聖母』の生き生きとした構成とさりげない物語性は、ラファエロ・サンティやアンドレア・デル・サルトといった、次世代以降の盛期ルネサンスの画家たちが描く聖母子像に極めて大きな影響を与え、模写や構成を真似た作品が複数現存している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

レオナルド・ダ・ヴィンチ ( Leonardo da Vinci)1452年- 1519年イタリアのルネサンス期を代表する芸術家。

サンドロ・ボッティチェッリ

「 眠るキリストと祈る聖母 」サンドロ・ボッティチェッリ(Sandro Botticelli)1445年- 1510年

ファン・ゴッホ

「花咲く果樹」 1888年

フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh)1853年 – 1890年。
オランダのポスト印象派の画家。

クロード・モネ

「エプト川のポプラpoplar on the river epte」

クロード・モネ(Claude Monet) 1840年 – 1926年。印象派を代表するフランスの画家。

フレデリック・エドウィン・チャーチ

「ナイアガラの滝」

フレデリック・エドウィン・チャーチ(Frederic Edwin Church) 1826年 – 1900年アメリカ合衆国の画家。

ジョン・シンガー・サージェント

「レディ・アグニュー・オブ・ロクナウの肖像」

ジョン・シンガー・サージェント(John Singer Sargent), 1856年- 1925年。
19世紀後半から20世紀前半のアメリカの画家。上流社交界の人々を描いた優雅な肖像画で知られる。

オランダの画家も多かった

ヘラルト・テル・ボルフ

ヘラルト・テル・ボルフ (Gerard ter BorchまたはTerburg)1617年 – 1681年.オランダの画家。

ジャン・バン・ハイスム

ジャン・バン・ハイスム (Jan van Huysum)1682年– 1749年。 オランダの画家。

一番気に入った作品はこれ!

ヴィレム・ フェルハーフト

ヴィレム・ フェルハーフト  (1593 ‐1637)

絵に関する知識がないので見た感じの印象で一番気にいった作品がこちら!
絵の中にさらにいくつもの絵が描かれえていてさらに細かい!

一つの絵画になんやかんや批評があるのにその中にさらにいくつもの絵を描くって斬新な上に難易度の高さを感じました。

フェルメールを見逃した!事前に作品を確認しておこう!

今回のエジンバラ観光であまり重要視していなかったこの美術館。
「無料だから大したことはないだろう、、、」

なんて思っていて「空いた時間に行ってみた」程度の軽々しい気持ちでいってみましたが、あまりにも有名な画家だらけだったので驚きました。

以前ヨーロッパ各国を観光し、様々な美術館へ訪れましたが、どれももちろん有料ですし。「こんなすごい作品をラフに公開していていいの?」という気分になりました。

スコットランド博物館もそうですが、エジンバラというかイギリス全体的に美術館や博物館が無料で公開されていることは素晴らしいですね。芸術を身近に感じることができます。

スコットランド博物館についてはこちらの記事をご覧ください。

ちなみに「フェルメール」の作品があるはずですが、自分には見つけられませんでした。
たぶんこの時期はなかったのだと思います。

ほかの展示場に移動しているケースもあるので要確認が必要。

こちらの動画でスコットランド美術館の館内の様子がハイライトで紹介されています。
事前に展示物を確認してスムーズな観光をしていきましょう!

英国旅行 エディンバラ 「国立スコットランド美術館」 National Gallery of Scotland, Edinburgh

コメント