【2日で巡る!】モントリオール観光モデルコース紹介【少ない日数で充実の旅行に】

アメリカ大陸横断旅行記

モントリオールという言葉は以前オリンピック開催されたこともあり、耳にしたことはあるかもしれませんが、実際はどんな街かよくわからない方は多いと思います。

今回はモントリオールの基本的な情報と観光の見どころ、必要日数、モデルルートを紹介します。

モントリオール旅行記!街の歴史と交通機関の基本情報紹介!

モントリオールはどんな街?

モントリオール市は、トロントに次ぐ第二の都市です。
ケベック州では最大の都市。

2015年には世界都市ランキングで世界第24位の都市と評価されました。

このモントリオールは住民の大半がフランス系カナダ人で第一言語もフランス語。

住民の7割がフランス語が第一言語なのだそう。

モントリオールでは標識もフランス語なので理解が出来ずに大変戸惑いました
。モントリオール自体は世界各地からの移民も多い多民族国家です。

北米のパリ」とも呼ばれるモントリオールは数多くの教会や石畳のヨーロッパ調の旧市街の街並みが美しい。

20世紀の始めの英国系移民によって街が発展し、ヴィクトリア朝の建物が多く英国文化も色濃く残っています。

モントリオールの歴史

1642年よりフランス人の入植が始まり、1760年にイギリス軍に占領されるまで、フランス領土でした。

1832年に市に昇格し、1844年から1849年に掛けて英領カナダ州(Province of Canada)の首都となります。

1967年にモントリオール万国博覧会、1976年にモントリオールオリンピックが開催され、1980年頃まではカナダの最大の都市でした。

モントリオールは寒暖差が大きく大陸性気候で、夏は湿度も高く蒸し暑い、30度に達することもしばしば。

冬の気候は厳しく、日中でも最高気温が-20℃以下となる日があります。
自分が行ったのは11月末でしたが初雪が降っていました。

長距離バス移動!トロント・ニューヨークからモントリオールへの行き方

モントリオールへ行く一番安い交通手段は長距離バスです。
長距離バス会社がいくつかモントリオールを通っていますが今回自分はグレイハウンドを利用しました↓↓

乗り方などの情報はこちらを参考にしてみてください↓↓
アメリカの格安移動!長距離バス会社グレイハウンドを利用しよう!乗り方紹介と感想

トロントからモントリオールまで8時間ほどでCA$54でした。
モントリオールからニューヨークまでも8時間でCA$84ほどでした。

自分はグレイハウンドを選びましたが、ほかの格安バスはもう少し安値で移動できますので調べてみてください。

Montreal bus toronto」などですぐに比較サイトが出てきます。

予約する際はバス会社のサイトから予約したほうがいいかもしれません。
比較サイトに仲介料を取られていることもあるので。

料金は高くなりますが長距離鉄道での移動方法もあります。
モントリオール⇒トロント VIA鉄道チケット予約<片道>

長距離バス移動は深夜バスを選ぶ

長距離バスに乗る場合は毎回深夜バスを選ぶようにしています。
8時間くらいの時間があるとしっかり寝れます。

ですが今回利用したトロントからモントリオールは満席状態。。。
座ったまま寝ることになりましたが、疲れていたのかしっかり寝れました。

モントリオールは遠いので、トロントにいる方はナイアガラの滝へ行き、国境越えをしてバッファローからニューヨークに行かれる方も多いです。

位置的にはちょうど正三角形くらい。

モントリオールの観光地を地図で確認しよう

モントリオールの地図を見てもどこに何があるのか見当がつかないと思います。
ざっくりとモントリオールを紹介します。

黄色のエリアが市街地です。
メインの通りが二本走っていて、モントリオール美術館、マギル大学、モントリオール中央駅、観光案内所もここにあります。

一番栄えている通りですので欲しものがあればここで手に入ります。

赤色が旧市街地でモントリオール発祥の地です。
石畳の古い街並みが残り、モントリオール聖堂はここにあります。

緑色がモン・ロワイヤル。モントリオールを一望できるスポットで市街地からも歩いていくことが出来ます。
でも結構大変な登山かも。もちろんバスでも行けます。

青色が 20世紀にフランス系カナダ人が住んでいたエリアで、今ではモントリオールの若者が集う地区となりました。
おしゃれなカフェや雑貨屋などが立ち並ぶ若者に人気のエリアです。

紫色で囲んだ島のエリアにはカジノが設けられています。

モントリオールの交通機関

モントリオールの 地下鉄の乗り方、観光地への行き方はこちらを参考にしてみてください↓↓
詳しく詳細を書きました↓↓
モントリオール観光は地下鉄が便利!観光地への交通機関とチケットの購入方法を紹介

モントリオールの宿選び!おススメの立地!

今回はトロントからグレイハウンドの長距離バスで来たのでバス停から近いことを優先して宿選びをしました。

最寄りの地下鉄駅がSherbrooke駅で少し歩けばBerri-UQAM駅があり、大きい駅なのでなにかと便利だと思います。
この周辺はほかにも安い宿が集まっていました。バスで来られる方はこの辺で決めたほうがいいでしょう。

泊まった宿はグレイハウンドのバス停に近く、旧市街地や新市街に歩いて行けました↓↓
アメリカカナダ旅行では最安値で泊まれた宿でした↓↓
モントリオール観光のおススメの格安宿!北アメリカで最安値だった!旅行記ブログ

宿の上と下に走っているサンドニ通りとサンローラン通りは栄えているのでスーパーやレストランを利用できます。
この通りをずっと歩いていくとプラトーという若者エリアへ行くことが出来ます。

観光日数は2日間!モントリオール旅行のモデルコース紹介!

モントリオールは二日もあればおおよその観光地に行くことが出来ます。

一日目は歩いて、旧市街地、新市街地の街並みと教会めぐりが中心。

二日目は電車とバスを使ってローカル民が集まるエリアと山に登ってモントリオールの街並みを望みます。

一日目:旧市街地と新市街地を巡ろう!

上記の地図は円を描いているのでどこからスタートしてもかまいません。

中央駅に宿がある方は、観光案内所があるのでそこで観光情報を聞いてきましょう。

そしてマリーレーヌデュモンド大聖堂から始め、新市街のメイン通りのサンカトリーヌ通りを歩きます。

Uターンしてチャイナタウン方面へ歩き、ノートルダム大聖堂のある旧市街地を歩きます。

川沿いや旧市街上部も見どころは多いのでくまなく巡りましょう。

旧市街地が終わると中央駅へ戻って一周終わり。
新市街地は結構歩くので途中地下鉄を使っても旧市街地方面に行くのもいいと思います。

詳しくはこちらにもまとめています↓↓
モントリオール旧市街と新市街1日観光おススメモデルコース!見どころ紹介!

二日目:モントリオール郊外観光モデルコース!市場と山歩き

二日目は一日乗り放題券を購入してモントリオール周辺の観光地を巡ります。

プラトーエリアはカフェやオシャレな雑貨が並ぶエリア。
街歩きを楽しんでください。

そこから電車でジャンタロン市場へ向かいます。ここはローカル民が集まるマーケット。
さらに電車で聖ジョセフ礼拝堂へ行きましょう。電車から降りて歩いて行ける距離にあります。

そこからモンロワイヤルへはバスで行けます。

バスの乗り方に戸惑うかもしれませんがグーグルマップを活用してください。

このルートでモンロワイヤルに行くと山を登らずに済みます。その後は新市街地方面に降りていきましょう。
新市街地から逆ルートでくる方は多いですが、急な山なのでそれだけで体力を使い切ってしまします。

プラトー近くのモンロワイヤル駅からバスで行くこともできます。

モントリオール郊外の観光はこちらに詳しく書きましたので参考にしてみてください↓↓
モントリオール旅行記ブログ!おススメ観光モデルコース紹介モンロワイヤル周辺編!

観光日数は二日か三日あると充実!モントリオール旅行

モントリオール観光は見どころが広範囲にあるので歩く距離が長くなり、体力が続かないかも。
しかも自分が行ったときは雪が積もっていたので歩きにくく、いつもより体力を使いました。

巡るスポットがあらかじめ理解できていれば効率よく歩いていくことが出ると思います。

主要な観光地は地下鉄が整備されているので活用してください。
モンロワイヤルに行くのは時間がかかりますが是非行っていただきたい場所です。

ユニークなミリタリーショップを発見!

チャイナタウンの近くにおもしろミリタリーショップを発見しました!
おそらく自作したであろうトランスフォーマーやエイリアンなど映画キャラクターのフィギュアが販売されています!

もちろんミリタリーグッズも豊富!こちらもぜひ行ってみてください!
モントリオール観光の穴場を発見!面白ミリタリーショップで見れるエイリアン! 

モントリオールのサンタパレードもお勧め!

自分の行った11月下旬はちょうどモントリオールのサンタパレードが開催されていました。
市街地のメインストリートをパフォーマーが練り歩きます。
世界的に評価の高いイベントだそうで見ごたえがありました!

時期があえば是非行ってみてください↓↓
こちらに当日の様子を紹介しています↓↓

モントリオール観光は3日間使いましたが非常に楽しめました。

旧市街地を一日、新市街地を一日、郊外を一日と三日を使ってもいいかと思います。

観光に来られる場合は日数の確保をしてお越しください。

観光の時間があまり取れないという方へ

時間のない方は短時間で観光できるツアーに参加するのも良さそうです。いくつかピックアップしてみました。参考までにどうぞ。

世界遺産の街ケベックシティ1日観光ツアー<日本語ガイド/モントリオール発>

モントリオールからニューヨークへ行かれる方へ

モントリオールからニューヨークへ行かれる方はこちらを参考にしてみてください↓↓
実際にバスで移動しています↓↓

次の目的地はどちらへ?【アメリカ・カナダ旅行記】もどうぞ↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました