【Gotoトラベル】航空券・新幹線+ホテルが最安値の予約サイト解説

【2日で巡る!】モントリオール観光モデルコース紹介【少ない日数で充実の旅行に】

アメリカ大陸横断旅行

モントリオールという言葉は以前オリンピック開催されたこともあり、耳にしたことはあるかもしれませんが、実際はどんな街かよくわからない方は多いと思います。

今回はモントリオールの基本的な情報と観光の見どころ、必要日数、モデルルートをご紹介します。

GoToトラベルキャンペーンでお得に国内旅行!

国内旅行は最大50%OFFになるGoToトラベルキャンペーンを有効に活用しましょう!

✅キャンペーンを利用できる主な旅行会社
楽天トラベル
JTB
HIS
Yahoo!トラベル
じゃらん

エアトリ
日本旅行

詳しくは、「各旅行予約サイトの特徴とサイトごとのメリット」でも解説しています。

【2日で巡る!】モントリオール観光モデルコース紹介【少ない日数で充実の旅行に】

モントリオールはどんな街?

モントリオール市は、カナダではトロントに次ぐ第二の都市ケベック州では最大の都市です。

2015年には世界都市ランキングで世界第24位の都市と評価されました。

モントリオール自体は世界各地からの移民が多い多民族国家です。

ですが住民の大半がフランス系カナダ人住民の7割がフランス語を第一言語としています。

モントリオールでは道路標識もフランス語なので理解が出来ずに大変戸惑いました。

モントリオールの歴史

モントリオールは1642年よりフランス人の入植が始まり、1760年にイギリス軍に占領されるまで、フランス領土でした。

1832年にモントリオール市に昇格し、1844年から1849年に掛けて英領カナダ州(Province of Canada)の首都となります。

1967年にモントリオール万国博覧会、1976年にモントリオールオリンピックが開催され、1980年頃まではカナダの最大の都市でした。

モントリオールの気候

モントリオールは寒暖差が大きく大陸性気候で、夏は湿度も高く蒸し暑い、30度に達することもしばしば。

冬の気候は厳しく、日中でも最高気温が-20℃以下となる日があります。
自分が行ったのは11月末でしたが初雪が降っていました。

長距離バスが最安値!モントリオールへの行き方

モントリオールへ行く一番安い交通手段は長距離バスです。
バス会社はいくつかありますがグレイハウンドが一般的です。

グレイハウンド乗り方などの情報はこちらを参考にしてみてください。

トロントからモントリオールまで8時間ほど。CA$54でした。
モントリオールからニューヨークまでも8時間ほどでCA$84でした。

3都市の位置的はちょうど正三角形ですね。

モントリオールに行かずにトロント〜ナイアガラの滝〜国境越え〜バッファロー〜ニューヨークに行く観光ルートの方も多いです。

予約する際はバス会社のサイトから予約したほうが良さそうです。
比較サイトに仲介料を取られていることもあります。

料金は高くなりますが長距離鉄道で移動することもできます。
モントリオール⇒トロント VIA鉄道チケット予約<片道>

モントリオールの交通機関

モントリオールの移動は地下鉄が便利です。
乗り方、観光地への行き方はこちらにまとめた。

観光日数は2日間!モントリオール旅行のモデルコース紹介!

モントリオールは二日もあればおおよその観光地に行くことが出来ます。

1日目は歩いて、旧市街地、新市街地の街並みと教会めぐりが中心。

2日目は電車とバスを使ってローカル民が集まるエリアと山に登ってモントリオールの街並みを望めるコースがオススメです。

観光1日目:旧市街地と新市街地を巡ろう!

1日目はまずモントリオール発祥の地である旧市街から観光を始めましょう。石畳のヨーロッパ調の街並みとモントリオール聖堂が見どころです。

そして市街地へ移動し、中央駅付近のマリーレーヌデュモンド大聖堂へ移動し、市街地のメイン通り、サンカトリーヌ通りを歩きます。

モントリオール美術館、マギル大学、モントリオール中央駅、観光案内所がこの周辺にあり、ショッピングを楽しみたい方にもオススメです。

市街地を北上していくとチャイナタウンが見えて一周します。歩く距離は長いのでうまく地下鉄を利用してください。

旧市街観光の様子はこちらにまとめました。旅の参考にしてみてください。

チャイナタウンの近くにおもしろいミリタリーショップを発見しました!
おそらく自作したであろうトランスフォーマーやエイリアンなど映画キャラクターのフィギュアが販売されています!

もちろんミリタリーグッズも豊富!こちらもぜひ行ってみてください! 

2日目:モントリオール郊外観光モデルコース!市場と山歩き

2日目は地下鉄を利用してモントリオール周辺の観光地を巡りましょう。

マイルエンドは20世紀にフランス系カナダ人が住んでいたエリア。今ではモントリオールの若者が集まる場所でおしゃれなカフェや雑貨屋などが立ち並びます。

そこから電車でジャンタロン市場へ。ここにはローカル民が集まるマーケットがあります。
そして電車で聖ジョセフ礼拝堂へ行くと効率よく移動できます。

そこからバスでモンロワイヤルの展望台を目指します。ここはモントリオールを一望できるスポットです。

バスの乗り方に戸惑うかもしれませんがグーグルマップを活用してください。

モントリオール郊外の観光はこちらに詳しく書きましたので参考にしてみてください

モントリオールの宿選び!おススメの立地!

モントリオールへ長距離バスを利用される方はグレイハウンドのバスターミナル付近の宿がオススメです。

バスターミナルは地下鉄駅のSherbrooke駅とBerri-UQAM駅の間にあります。

この周辺はバックパッカーズホステルが集まっています。

今回利用したバックパッカーズホステルはアメリカ・カナダ旅行で最安値でした。

観光日数は2日か3日あると充実!【モントリオール旅行】

モントリオール観光は見どころが広範囲にあるので歩く距離が長くなり、体力が続かないかも。
しかも自分が行ったときは雪が積もっていたので歩きにくく、いつもより体力を使いました。

巡るスポットがあらかじめ理解できていれば効率よく歩いていくことが出ると思います。

主要な観光地は地下鉄が整備されているので活用してください。
モンロワイヤルに行くのは時間がかかりますが是非行っていただきたい場所です。

モントリオールのサンタパレードもお勧め!

自分の行った11月下旬はちょうどモントリオールのサンタパレードが開催されていました。
市街地のメインストリートをパフォーマーが練り歩きます。

世界的に評価の高いイベントだそうで見ごたえがありました!

観光の時間があまり取れないという方へ

時間のない方は短時間で観光できるツアーに参加するのも良さそうです。いくつかピックアップしてみました。参考までにどうぞ。

世界遺産の街ケベックシティ1日観光ツアー<日本語ガイド/モントリオール発>

モントリオールからニューヨークへ行かれる方へ

モントリオールからニューヨークへの行き方についてはこちらにまとめました。

次の目的地はどちらへ?【アメリカ・カナダ旅行記】もどうぞ↓↓

自宅で英会話を学びたい方へ!

オンライン英会話は、自宅で自分の好きな時間に英会話レッスンを受けられる超便利なサービスです!
レッスンはいつでも受講可能で、英会話教室よりも断然安い!

費用は月5,500〜12,000円程度で、毎日25分のレッスンが受けられます。無料体験レッスンをうまく活用してお得に英会話レッスンを受けてみましょう!





この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
【インスタグラム】にて絶景写真を公開中!フォローはこちらから▼
よっち

海外生活8年間・世界41ヶ国周遊・日本縦断などの経験をもとに旅行の楽しみ方をシェアするブログです。
海外はオーストラリアとドイツで仕事をしながら英語を習得。現地ではカメラマンとしても活動していました。
現在は日本で生活し、国内旅行を楽しんでいます。
Instagramでは世界を旅したときの絶景写真を投稿しています。

アメリカ大陸横断旅行 モントリオール 東アメリカ・カナダ周遊編
オレンジ日誌