yochiを支援する 初めに読みたい12記事

カナダの東海岸の都市観光に必要な日数は?モデルコース紹介!カナダ旅行記ブログ

アメリカ大陸横断旅行記

アメリカ大陸横断旅はカナダの東側までやってきました。旅も大詰めに入ります。

カナダの主要都市であるトロント、モントリオールがあり、ナイアガラの滝も観光してきました。

11月下旬のカナダは凍てつくような寒さで体感温度はマイナスです!痛い!という感じでした。

デトロイトから長距離電車でトロント入りし、ほかはグレイハウンドバスでの移動をしました。

カナダ東海岸旅行に必要な観光日数は?モデルコース紹介!!

カナダ東海岸は主要都市が集まっています。
その中でも大都市であるトロント、モントリオールとナイアガラの滝を観光してきました。

カナダ東海岸を観光される際は7日以上の休みがあったら遊びに来れると思います!

今回は旅のモデルコースを自分の観光体験を考察したカナダ旅行記ブログです。

トロント旅行記:観光日数2日

トロントの滞在日数は最短で2日もあれば観光できます。

自分のトロント観光は観光地が散らばっていて、どのようなルートで観光すればいいのかがよくわからず無駄な移動が多くなってしまいました。

様々な観光サイトで見てみても観光地を点々と紹介しているだけなので実際どのように移動するのが最適なのか分かりませんてした。

今回の自分の旅の経験をもとにモデルコースを作成してみたので参考にしてみてください。

治安はそんなに悪くない。けどスリはいます

アメリカからカナダに入りましたがデトロイトやシカゴほど治安は悪くありません。

危険度はめちゃくちゃ減ります。
カナダ人は温和に見えますし、危なそうな人も多くは見かけません。
でも変な人はちょいちょいいます。

個人的には盗難事件の起こったトロントです。パソコンを宿で盗まれました。。。
アメリカより安全だと思って気を抜いたのがいけませんでした。。。

それでもトロントの人々は穏やかなカナダ民と国籍豊かな人々が入り混じって生活しているように見えました。

トロント観光の見どころやモデルコースも紹介しています↓↓
参考にしてみてください↓↓
トロントの歴史と生活情報紹介!観光日数は2日で行ける!エリア別観光の見どころ

パソコン事件の詳細はこちらで紹介しています↓↓
こういった事件に巻き込まれないように体験談を是非読んで欲しいです↓↓

ナイアガラの滝 旅行記:観光日数1日

自分が行った時期が11月の末。
ナイアガラ滝はシーズンオフ!こんな寒い時期に来るものではないですね!!
冬に行くのはお勧めできません。

むちゃくちゃ寒くて滝の周囲は凍ってました。

さらにはアトラクションがシーズンオフのため一部閉鎖されていました。

ナイアガラの滝から北にあるワイナリーも冬の時期はバスが走っておらず行くことができませんでした。

それでもナイアガラの滝は迫力満点でした!!!

「これがナイアガラかー!!」と思わせてくれます。

カジノがあり、エンターテインメントを交えた街並みとアメリカ側との行き来を楽しみました。

大きな街ではないので一日あれば観光できます。
トロントからツアーが組まれていたり、現地でもワイナリーを含めたツアーもあるので参加してみるのもいいと思います。

今回は行けませんでしたが、滝に近づくクルーズやスカイロンタワーは違った角度から滝を見れて行かれた方はオススメしていました。

滝はアメリカ側からが迫力があって見ごたえあります。

ナイアガラの滝観光の体験談を書きましたので参考にしてみてください↓↓
オススメの安宿も解説しています↓↓

ナイアガラの滝1日観光モデルルート紹介【地図付】どっちから見る滝がおススメ?

ナイアガラの滝観光におススメの格安宿泊施設を紹介!カナダ旅行記一人旅ブログ

モントリオール旅行記:観光日数2日

3日間の滞在で意外にも見ごたえがあったモントリオール。
最短で観光日数は2日あれば楽しめると思います。

今回の旅行では、偶然見ることが出来たサンタパレードを楽しめて主要観光地も回れました。

モントリオールは交通網が整っていて生活や観光をしやすい街造りをしています。
短期間でも交通機関をうまく使えば2日で満喫できます。

フランス語圏のモントリオール

モントリオールはトロントから8時間の距離で同じカナダでもフランス語圏で全く違う国のようにも見えました。

標識等の言語関係は全てフランス語にかわり、街行く人もアジア人が少なく西洋人の割合が非常に高くなります。

フランス語の標識がわからないのが難点ではありますが、街行く人は英語も使えるので交流には困りません。

宿に戻るとみんなフランス語を話す人たちが集まっていたので非常に疎外感がありました。

それでもトロントとは違ってモントリオールは観光しやすい街でした。
地下鉄などの交通機関が使いやすく観光地もまとまっていました。

観光地として飛ばされがちだけどおススメです。

モントリオールの観光モデルコースを作成してみたので参考にしてみてください↓↓
各観光名所も解説しています↓↓
モントリオールの観光日数は2日で行ける!モデルコース紹介!旅行記ブログまとめ

今回3大観光地を巡ったルートは?

自分は今回、シカゴから東海岸を周遊しようとしていたのでデトロイトからトロント入りしました。

悩んだのはトロントからナイアガラの滝とモントリオールを観光するにはどのルートにするかです。

なるべく安いチケットを求めた結果、
トロント〜ナイアガラの滝〜トロント乗り換え〜オタワ乗り換え〜モントリオール
というコースで移動しました。

トロント滞在中にナイアガラの滝を挟もうかと思いましたが宿移動で荷物を持っていくのが面倒です。

結局、ナイアガラの滝〜モントリオール行きのグレイハウンドのバスを利用しました。

バスで15時間半!?

それが直通ではなくトロントで2時間半待ちがあってモントリオールに行きます。

詳細をいうと、

ナイアガラの滝を17.50に出発~トロント21.00着トロント23.30発~オタワ乗り換え~モントリオール朝9.30着でした。

バス移動15時間半ですね!

途中トロントで途中下車しているのでそこまで辛くはありませんでした。

トロント発のバスは満席で座りながら眠りましたが、疲れていてぐっすりでした。

ケベックも行きたかったが、、、

本当はモントリオールからケベックまで行きたかったですが、その後にニューヨークに行くためにまたモントリオールに戻らないといけなくて日にちが足らないのでやめました。

多いのはモントリオールを飛ばして、トロント〜ナイアガラの滝〜ニューヨークと移動するルートです。

これの方がスムーズに旅が出来ますね。

ですがモントリオール観光をオススメしたいだけになんとも紹介しにくいです。

正直モントリオールへのアクセスはトロントもニューヨークもなかなかの交通費がかかったのでその辺も考慮してみてください。

今回の旅の工程日数はこうなった!モデルコース!

ナイアガラの滝からモントリオールで躓きますが、一応今回の自分の旅の日程をもとにモデルコースをご紹介します!

  • トロント1日目:前日の夜、トロント入り。ダウンタウン観光。
  • トロント2日目:オールドタウン観光。夕方、バスでナイアガラの滝へ移動
  • ナイアガラの滝1日目:朝からナイアガラの滝観光。夜モントリオールへバス移動。
  • モントリオール1日目:朝モントリオール到着。市街地、旧市街観光
  • モントリオール2日目:モントリオール郊外観光。

この予定だと5日間でカナダ東海岸旅行ができますね!

とはいっても予定はキツキツで体力的にキツイかもなので6日くらいを観光日数に考えておけばいいかもです。

モントリオールの後はケベックかニューヨークへ移動するなど可能な範囲で予定を立ててみてください。

自分はニューヨークへ移動しました。
深夜バスで行きましたが国境超えなどもあり、あんまり眠れなかったです。詳細はこちらを参照してみてください↓↓

見どころの多い特徴的なカナダ東海岸の都市を楽しもう

カナダのトロントには留学される方も多く、滞在中にカナダ観光やアメリカへ観光に行かれると思います。

ナイアガラの滝やモントリオールは宿代が安いので長期滞在も可能です。
ニューヨークはとっても高いです。

時間が取れなくて短期間で弾丸ツアー!ってことになりがちなので、このようなモデルコースを参考にして短期間でも充実した旅行にしていただけると幸いです。

コメント