\世界の絶景写真を【インスタグラム】で公開中/

スコットランドの伝統料理【ハギス】を手軽に食べれるお店を紹介します!【エジンバラ観光】

スコットランド・エジンバラ旅行記

スコットランドの首都であるエジンバラはスコッチウイスキーやシーフードも有名で食文化でも注目度が高い街です!

そしてスコットランド伝統料理として有名な珍味が「ハギス」です。

ハギスとはハギス (Haggis) とは、羊の内臓を羊の胃袋に詰めて茹でたスコットランドの伝統料理。
茹でた羊の内臓(心臓、肝臓、肺)のミンチ、オート麦、たまねぎ、ハーブを刻み、牛脂とともに羊の胃袋に詰めて茹るか蒸したプディング(詰め物料理)の一種である。
さまざまなバリエーションが存在し、内臓は主として肝臓が使われるが、心臓や腎臓を使う場合も多い。
近年では胡椒などの香辛料を使うことが一般的となっている。

Wikipedia引用

「羊の内臓と胃袋」を使った料理というだけで「おぉ、大丈夫か!?」と不安になりますねw

今回はそのハギスを手軽に食べれるお店がエジンバラにあったので行ってみました!

スコットランドの伝統料理【ハギス】を手軽に食べれるお店を紹介します!【エジンバラ観光】

エジンバラ城に近い!ハギスのテイクアウトのお店!

エジンバラ城周辺を観光していたところ「ハギスいかがですかー!?」(日本バージョンはこんな感じ?w)
と声を掛けてきたこのハギス屋さん。「 The Haggis Box 」というお店で広場に唯一ある露店でした。

「 The Haggis Box 」 への行き方

エジンバラ城から歩いて4分ほど。坂を下った、Grassmarketスクエアの中にあります。

グーグルマップで見るとその場所がアイス屋さんになっていました。
時期によって違うのかもしれません。

お店の写真はトリップアドバイザーに詳しく出ていたのでこちらも参考にしてみてください。
>>>お店の詳しい写真はこちら<<<

営業時間と料金

Grassmarketスクエアにある広場の緑色の小屋がお店です。

営業時間は水曜から土曜までの昼12時から2時まで。金曜のみ6時から8時も営業。
日曜は12時半から2時半までです。

営業時間が短いですが、それはハギスの鮮度が持たないからだそうです。
おそらく分店として出張営業しているのだと思います。

ハギスは£5でソースに+£1かかるので合計£6くらいです。

トッピングなどを聞かれましたが全ておまかせでお店のオススメをお願いしました。
食べる場所は広場のベンチを利用しましょう。

自分は宿が近かったのでハギスを持ち帰って食べました。

ハギスにはポテトとルタバガの付け合わせが一般的

ハギスは「NeepsとTatties」と一緒に食べるのが一般的です。

スコットランドの言葉で「 Tatties 」はポテト、「 Neeps 」はルタバガと呼ばれる食材でカブに似た食べ物のようです。一部ではカボチャに代用されることもあるそうです。

その場で 「 Neeps 」 を店員さんに聞いても何のことかわかりませんでした。
最後はカボチャに似たもの!ってことで理解を得ました。なじみのない食材なので説明されても難しいですね。

意外とおいしいハギス!まずい思っていたのは先入観!

食べた感想は「くせはあるけどおいしい!」

詰め物という点ではソーセージとも違う、ハーブが強めで内臓の臭みはなくなっています。

味が濃いのでポテトとかぼちゃのマッシュした付け合わせと食べると中和されます。
グロテスクなイメージがあり、「珍味」かと思っていました。

宿の受け付けの方が「俺はハギス好きだよ!」と言っていたのは嘘ではなかったようです。

レストランでもハギスは提供されいるので食べ比べてみてください。
エジンバラにあるこちらのレストランがおススメ。地元民が多いレストランです。

レストランの後はスコッチウイスキーを飲みに行きましょう! 飲み比べができる地元のバーを紹介します。

ハギスはお土産屋さんに缶詰としても販売されていて人気商品です。

変わり種のお土産として買ってみてはいかがでしょうか。

▼バーのマスターが選んでくれたスコッチウイスキーをお土産にするのもいいですね。おいしさは本物です。

エジンバラ観光を予定されている方はこちらのモデルコースもご覧ください。ポイントをまとめました。