\Gotoキャンペーンの利用方法とは?【楽天トラベル】/

【911メモリアルミュージアム】行き方とチケット料金・見どころ解説

アメリカ大陸横断旅行記

2001年9月11日にアメリカ合衆国で発生したアメリカ同時多発テロ事件。同時に4機の旅客機をハイジャックし、目標物に突入させる兵器として使う手法が取られました。

その中の2機がワールド・トレード・センター(世界貿易センタービル)へ突入します。朝8時46分にツインタワー北棟に、その15分後の9時3分にツインタワー南棟に乗客を乗せた旅客機が激突しました。

南棟は9時59分、北棟は約30分遅れの10時28分に崩壊、それに巻き込まれて7つのビルすべてが破壊されました。ワールド・トレード・センターへの攻撃だけで2,700人以上が死亡した歴史的な大事件です。

911メモリアルミュージアムは2001年のアメリカ同時多発事件から10年後の2011年に航空機の激突によって崩壊したワールド・トレード・センターの跡地を博物館として再建したものです。

館内では崩壊したビルの柱や破壊された消防車など1万点以上を超える遺物や23,000枚を超える写真が展示されています。さらには500時間を超える映像や生還者・レスキュー隊員らが残した1,900以上もの言葉から当時を振り返ります。

今回はその「911メモリアルミュージアム」の展示や見学の見どころをご紹介します。

✅GoToトラベルキャンペーンでお得に国内旅行!


国内旅行は最大35%OFFになるGoToトラベルキャンペーンを有効に活用しましょう!

対象となる旅行の条件は、GoToトラベル事業の支援対象の旅行であることです。日帰り旅行でも、条件付きのセットプランで適用されるのでチェックしてみてください!!!

▼Go To Travelキャンペーンを利用できる主な旅行会社は以下です。

【911メモリアルミュージアム】行き方とチケット料金・見どころ解説

【ニューヨーク】911メモリアルミュージアムへの行き方

かつて世界貿易センタービルが建っていた場所に建設された「911メモリアルミュージアム」。

地図上のオレンジ色が博物館。周辺にあるM印が地下鉄駅。

「World Trade Center駅」が最寄り駅。「Park Place駅」や「Cortlandt St駅」で降りても近いです。黄色か青色の電車を利用しましょう。

鳥をイメージした「ワールドトレードセンター駅」は独特な建物で目立ちます。

2016年に開業したこの施設は面白い内装です。ショッピングやレストランでの食事が楽しめます。

911メモリアル博物館の隣にある「911メモリアルプール」見学しましょう。

【営業時間・入場料金】お得なチケット購入方法

【入場料金】
大人:$28
中・高校生(13-17):$22
小学生 (7-12):$17
学生・シニア:$22
7歳以下無料

【開園時間】
9am~8pm:日曜~木曜(6pmが最終入場)
9am~9pm:金曜・土曜(7pmが最終入場)

チケットはkkdayのサイトでの事前購入がお得です。
オフピーク時:2,448円
ピーク時:2,626円

博物館に入場時にeチケットを提示するだけで手間もかかりません。
チケット購入はこちらから

アメリカでもっとも高いビル、ワン・ワールド・トレード・センターでは100階展望台からの壮大なニューヨークのパノラマが楽しめます。911メモリアルミュージアムと併せて観光しましょう。

チケット購入はこちらから▶ワン・ワールド展望台入場チケット

火曜日の夜はチケット無料

毎週火曜の夜5時から閉館時間までは入場料金は無料で寄付金制となります。夜5時前から長蛇の列が続いており、自分は45分ほど並んでチケットを入手できました。

指定された時間まで30分ほど空き時間があり、その後、入場の列に並びなおします。入場出来たのはさらに30分後でした。

【911メモリアルミュージアム】 展示内容

入場口ではセキュリティチェックを行います。危険物は持ち込み禁止。

入場してまず最初に見えるのがワールドトレードセンタービルの「支柱の一部」。当時の柱が現存して残っています。

崩壊前のワールドトレードセンターの写真。当時は「ニューヨークのシンボル」として景観を飾っていました。

事故後は一転してこのような惨劇へと変わります。

事故後の現場の様子。ビルはほぼ跡形もなく崩れました。

これは現存する当時の「観光案内版」。ニューヨークの観光名所の一つでした。

ツインタワーの地下2階部分にあたる壁。

ツインタワーの柱には救助員の殉職者の数が刻まれています。

当時の石階段。事故当時に多くの人がこの階段から避難して生還したことから「生還者たちの階段」と呼ばれています。

これは、ローマ詩人である「VIRGIL(ヴィルギル)」の古い詩の中の一節だそうです。「いかなる日もあなたを時の記憶から消し去ることはない 」という意味。

展示では写真を交えながら当時の様子を紹介しています。

タワーの最上部にあった細いポールの一部。形をとどめて上から落ちてきたようです。

救助中に起こった二次災害によって変形した消防車です。

【911メモリアルミュージアム内部】撮影禁止エリア

911メモリアルミュージアムには撮影禁止エリアがあり、ここでは「事件直後の映像」や「事故現場の写真」など惨劇の様子がさらに細かに展示されています

事故の瞬間や現場で逃げる様子、救助の様子などここに来るまでは知らなかった当時の様子を知ることが出来ました。

【911メモリアルミュージアム】同時多発テロの惨劇

日本で見ていたニュースだけでは理解できていなかった当時の惨劇が、911メモリアルミュージアムの展示で理解が深まりました。そして事件の映像や残された建物の展示をみて、大事件であったことを改めて痛感しました。

この事件は二度と起こしてはいけませんが、この歴史を後世に引き継ぐために博物館は存在します。みなさんもニューヨーク観光の際には是非、911メモリアルミュージアムを訪れてください。

ニューヨークのエリス島移民博物館ではアメリカとニューヨークの歴史を深く理解することができます。自由の女神クルーズとセットになって観光できるので興味ある方は是非立ち寄ってみてください。

ニューヨーク観光に便利なニューヨーク・シティパス(New York CityPASS)は911メモリアルミュージアムと自由の女神・エリス島移民博物館を含む6つの施設で利用できるお得なチケットです。

メトロポリタン美術館にも行かれる方にはオススメです。
ニューヨーク・シティパス(New York CityPASS)

「エリス島移民博物館」への行き方と見どころについてはこちらの記事をどうぞ。

「自由の女神」への行き方と見どころはこちらの記事をどうぞ。