【Gotoトラベル】航空券・新幹線+ホテルが最安値の予約サイト解説

【メルボルン国際空港で空港泊】シャワー設備と快適に寝る場所解説

オーストラリア旅行

メルボルン国際空港は、タラマリン地区 (Tullamarine) に隣接する空港です。メルボルン・タラマリン空港とも呼ばれます。

カンタス航空、ジェットスター航空、タイガー・エアウェイズの主要なハブ空港で、現在は日本にも直行便が就航しています。

今回はそのメルボルン国際空港内のシャワー設備や空港泊が出来る場所、オススメの寝る場所などをご紹介していきます。

GoToトラベルキャンペーンでお得に国内旅行!

国内旅行は最大50%OFFになるGoToトラベルキャンペーンを有効に活用しましょう!

✅キャンペーンを利用できる主な旅行会社
楽天トラベル
JTB
HIS
Yahoo!トラベル
じゃらん

エアトリ
日本旅行

詳しくは、「各旅行予約サイトの特徴とサイトごとのメリット」でも解説しています。

【メルボルン国際空港で空港泊】シャワー設備と快適に寝る場所解説

メルボルン国際空港のターミナルはT1,T2,T3と分かれており(T4国内線は別の場所)、メルボルン市内からシャトルバスで国際線ターミナルに下車するとT3の前に着きます。

【メルボルン空港】T2エリアで寝れる場所

T2はチェックインカウンターが集まるエリアです。メルボルン空港は24時間営業ですので夜でも発着便があればお客様がいてざわざわしています。

発着便のない夜11時くらいになるとお客さんは減り、チェックインカウンターも閉まって静かになりました。

チェックインゲート付近の椅子は全部手すり付きですが、一カ所だけ手すりのない椅子があります。椅子にクッションも着いているので悪くないです。

空港内では館内放送がエンドレスで鳴り響き、照明も強いので寝心地は良くないです。さらにこの場所は夜2時ごろになると早朝のドバイ行きの航空便のためにが利用者が集まって騒がしくなりました。

【メルボルン空港】T1エリアで寝れる場所

場所を移動してT1に行ってみます。

飲食店が連なっている場所で閉店したお店の座席を使って寝ている方がいました。

店の奥のほうにもいます。遅い時間から空港泊する方ならこのようなことも可能でしょう。

マットを持参して床で寝ている方もいました。

T1のチェックインカウンター前は閉まっていて人通りもないので静かに眠れそうです。

T1からエレベーターで下に降りるとベンチが何か所かあります。ここもフラットなベンチで快適に過ごせそうです。エレベーターの下なので音がうるさいかもしれませんが、館内放送より良いです。

窓際なので朝型に冷え込むこともあるかもしれません。でもこの場所がメルボルン空港内では一番良いでしょう。

【メルボルン空港】シャワーの位置

メルボルン空港には無料のシャワー室があります。場所はT1とT2エリアの間です。

きれいとは言えませんが問題なく利用できます。

関連図書


Kindle unlimitedなら対象の旅行ガイドブックやドライブ関連書籍が読み放題です。

\30日以内の解約ですべて無料!/
✔月額980円で読み放題
✔漫画・雑誌・ビジネス書など200万冊以上

【関係記事】kindle unlimitedでお得に旅行ガイドブックを購読!

メルボルン空港は快適に空港泊できるのか?

今回は朝6時の飛行機に乗るために夜10時から朝4時ごろまで空港に滞在しました。実際に寝れた時間は3時間ほどでした。

自分が空港泊したのが9月のことでオーストラリアの気候では初春です。深夜を過ぎると寒さが増して来たので持っていた簡易寝袋にくるまって寝ました。メルボルンの4月から8月辺りは寒さ対策が必要だと思います。

空港のWifiはストレスなく使えました。

寝ている時の荷物には盗難対策を施しておきましょう。長めのチェーンロックや簡易的な紐でも良いのでくくりつけておきましょう。簡単に持っていけないようにするだけでも効果はあります。

メルボルン市内には1000円ほどで宿泊できるバックパッカー向けホステルがあるのでそちらも利用しても良さそうです。

オススメ格安ホステル紹介はこちらの記事をどうぞ。

合わせて読みたい

自宅で英会話を学びたい方へ!

オンライン英会話は、自宅で自分の好きな時間に英会話レッスンを受けられる超便利なサービスです!
レッスンはいつでも受講可能で、英会話教室よりも断然安い!

費用は月5,500〜12,000円程度で、毎日25分のレッスンが受けられます。無料体験レッスンをうまく活用してお得に英会話レッスンを受けてみましょう!





この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
【インスタグラム】にて絶景写真を公開中!フォローはこちらから▼
よっち

海外生活8年間・世界41ヶ国周遊・日本縦断などの経験をもとに旅行の楽しみ方をシェアするブログです。
海外はオーストラリアとドイツで仕事をしながら英語を習得。現地ではカメラマンとしても活動していました。
現在は日本で生活し、国内旅行を楽しんでいます。
Instagramでは世界を旅した絶景写真を投稿しています。

オーストラリア旅行
オレンジ日誌